Comment
  コメントを書く

Plutor

おはよーございます、コメントありがとーございました。


ほほー、イリヤも凛も魔力量的には桁違いのレベルなのか…w
断片的な描写ながら時臣が優れた魔術師なんだろうなとは観てて何となく感じてましたが、能力だけを見ればその時臣を上回る凛に「化け物」と言わしめる存在か…
そういや「Zero」では雁夜が体内に刻印虫を埋め込んで痛みに悶え苦しみながら何とかバーサーカーを現界させ続ける事が出来たって感じでしたが、イリヤは涼しい顔してるどころかバーサーカーを現界させながら普通に凛と激しい戦いを繰り広げる事が出来てましたからね…w


ふむふむ、イリヤにとっての士郎は「アインツベルンを裏切ったやつが育てた子供」って印象が少なからず存在してるのかな…
いや、先の聖杯戦争で聖杯それ自身だったとは言え母親を喪う形になったわけですから、どちらかと言えば「自分1人だけを置いてけぼりにしたやつが育てた子供」ってニュアンスが強いのかな…?
でも、考えてみたらただ憎しみだけだったら初回でわざわざ忠告なんてする必要はないでしょうし、「お兄ちゃん」と士郎の事を呼んでることからも憎しみ以外の感情も抱いてる事は事実なんでしょうねー。
彼女は今後も登場してくると思いますが、士郎に対してどういう態度を取っていくのかちょっと気になるところですね。


ではではー。
URL 11/02 09:16

さすらいの名無

>アイリスフィールのそれと同じ形式のものかな。

基本は同じですが、性能は桁違いですね。
これはアインツベルンの技術の向上ではなく、単にイリヤの魔力が桁違いなだけです。

そもそも凜の方も、並の魔術師の10倍以上の魔力を持ち、能力的にはすでに父の時臣を超えてるほどの天才で努力家です。
まあ、魔術には知識、経験、技術なども重要なので、一概に現時点の凜が時臣以上の魔術師と言い切ることはできませんが。
ともかく、それほどの能力を持つ凜が「化け物」と言うくらいイリヤは桁違いなんですよ。

>士郎の事を「お兄ちゃん」と呼んで慕っているような雰囲気を感じさせましたが

イリヤの士郎に対する感情は複雑です。
イリヤは、切嗣の事情を全く知りませんから。
イリヤが聞かされたのは、「切嗣がアインツベルンを裏切って聖杯を破壊した」事と「日本で他の子供を育てている」事だけです(それもアインツベルンの主観によって曲解されてます)
一人残されたイリヤは、切嗣や士郎に対して何を想ったのか…
第1話で士郎に忠告に現れながら、士郎が聖杯戦争に参戦するや真っ先に襲撃を仕掛けてきたイリヤ。 その辺りからも、彼女の士郎に対する複雑な心境を感じられます。
URL 10/28 20:35

≪ | BACK | ≫







Write

Name

Mail

URL

Text

Pass






TOP




Design By R.I.P
Powered By FC2ブログ