惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

『ネコぱら』というゲームをね、やってみたんです 




こんばんは、Plutorです。
タイトル通りではあるんですが、ほんの1週間ぐらい前のことなんですけども、Steamの方で何やらかわいらしいゲームを見つけましてね。
Steamでは『NEKOPARA』ってタイトルで販売されていたんですが、メインキャラクターであるショコラちゃんとバニラちゃんがそれぞれ本作について紹介するムービーがあったんですよ。
それがね、もうかわいくてね。うっひゃああああかわいいいいい!ってなっちゃったもんだから、ほんの1日2日買おうかどうか悩んだんですけど、我慢できなくなって買っちゃったんです。
で、やってみたらですね、これまた期待を裏切ることなくショコラちゃんとバニラちゃんがとってもかわいいわけですよ。
2人の姿を見ては「かわいいなぁ、かわいいなぁ」ってぼやいていたんですが、もう何度かわいいって言ったか分かりません。
それぐらいかわいかったです、はい。

正直なところ、この手のキャラ萌えというか恋愛アドベンチャーなゲームを買うのは当方3回目なんですけど、やってて非常に楽しかったです。
ルート分岐とかもなく、というより選択肢が存在しないので、アドベンチャーゲームというよりかノベルゲーに近いものがありましたが、そこがかえって私に合っていたのかもしれません。
買った時は10%オフのセールが行われていて確か1000円いくかいかないかの値段だったはずですが、その値段以上に楽しめた気がしますね。

ヒト型ネコが普通にいる世界で、単身家を飛び出し洋菓子店を開くことにした主人公の元に荷物便で家で飼っていた2匹のネコ・ショコラとバニラがやってきて……って話なんですけど、主人公とショコラちゃん・バニラちゃんの周りの人々もみんな優しくて非常に優しい世界を味わうことが出来た気がします。
ショコラちゃんとバニラちゃんへの愛情が、家族への愛情がひしひしと伝わってくるような作品でしたね。
ボリューム的には多分この手のゲームをやり慣れてる人たちにとっては物足りなく感じるんでしょうけど(値段的に短いのは当然と言えば当然なのですが)、私自身は大変満足してます。
というより「vol.1」と書かれているので、あくまでも「ネコぱら」って作品の序章部分でしかないってことなんでしょうね。
実際、ショコラちゃん・バニラちゃんと一緒に洋菓子店を開店させてお店を軌道に乗せるところまでしか描いてませんし。
いかにも続きがありますよ的なオチでしたし、えぇ。
プロローグ付近で登場した、たこ焼き屋さんのネコちゃんはまた出てきそうな雰囲気をにおわせつつも、結局それ以降登場しませんでしたし。
このvol.1では、とりあえずこの作品の世界観を味わってくださいってことなんでしょうね。
ショコラちゃんとバニラちゃんがとってもかわいかったので、私はもうそれだけで十分です(ぇ
NEKO WORKsさんのことは全く知らなかったのですが、それなりに名の通ったところらしいので覚えておこうかなぁ。


…あ、ちなみにSteamは15禁版なので、所謂「濡れ場」というものは存在しません。
「あ、この次濡れ場なんだろうな」ってシーンはありますが、濡れ場自体はカットされています。
18禁版は別サイトにてーってことが書かれていましたので、えっちいシーンも入ってる完全版が欲しい方はそちらの方で購入されるといいんじゃないかなと。
個人的には、この作品の場合は別に濡れ場がなくても問題ないとは思っていますけども。
Steamのセールは終わってますがそれでもお求めやすいお値段になってますので、もしよろしければ是非。
…と、何故か販促で終わるプレイ感想にすらなっていない感想記事でした(何




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


クリックしていただけたら、管理人は大喜びすると思います(何
スポンサーサイト

2015/01/13 Tue. 00:02  edit

Category: 日記

tb: 0  |  cm: 0

top △

あけましておめでとうございます 




2015年になりました、みなさまあけましておめでとうございます。
私は22時半頃に食事を済ませ年が明けたら年越しそばを食べる予定だったのですが、気付けば黄泉の国へと旅立ち年越しそばを食べる事もなく今こうして記事を書いています。
なんということでしょう、悲しきことです。

3時半すぎに目を覚ましたのですが、そこからニコニコの方で『憑物語』のタイムシフトをつい今さっきまで観ていました。
私の羽川さんが全く登場しなかったのでちょっぴり寂しい気持ちにもなりましたが、私の大好きなうりょっち@余弦さんがけっこーたくさん登場されていたので問題はありません。
ふと思えば月火ちゃんのやけに長い入浴シーンと余接ちゃんってこんな子なんだぜって紹介に終始した話だったような気がいたしますが、ファイナルシリーズ三部作の1作目らしいですし導入部分にすぎないのでしょう。
序論本論結論で言えば序論なので、こんなもんなんでしょう。
化物語シリーズは今まで全く観た事がなかったのでニコニコで何日もかけて一挙放送されていたのをちょいちょい観た(ぶっちゃけると羽川さんがメインの話しかちゃんと観てない)のですが、私の中では面白いと言えば面白いし面白くないと言えば面白くない作品なんだろうなとは思っています。


閑話休題。
2015年という新しい年を迎えましたが、ブログの方は基本的に現状変わるところはないと思います。
これまで通りまったりと、気の向くままに更新していけたらいいなと思っています。
元々このブログは人様を意識して書いてるわけじゃなくて、オレはこの時こういう作品を観てこんな思いをしてたんだ、というのを記録するために感想を書き始めたと言っても過言ではないので、人様は二の次になっています。ごめんなさい。
ロスタイムに突入して一体何年が経過しているのか私にも分かっていませんが、アニメを視聴する意欲が完全に消え去るまでは出来る限り続けていきたいと思っておりますので、もしよろしければダラーっと寝っ転がりながら見守ってくださると幸いです。
正直ツイッターの方が常駐率が高いので(パソコン起動してる時はツイッターの画面を開きながらあれこれしてる)、何かあればツイッターの方にリプなりなんなりを飛ばしてくれた方が反応も早いと思います。

以上、6時前にて書き記す新年のご挨拶でございました。
今年もステキな一年になるといいですね。

2015/01/01 Thu. 05:43  edit

Category: 日記

tb: 2  |  cm: 3

top △

8周年を迎えていました 




おはよーございます、Plutorです。
記事のタイトル通りなんですが、私のブログがどうやら8周年を迎えていたようです。
迎えていた、というのはつまり忘れていた、という事です(何
…いや、そういやもうすぐだったっけかなーとは思っていたんですよ、ほんの1週間ぐらい前までは。
その後はすっかり失念していたんですが、昨日ツイッターの方で知り合った方とブログを何年ぐらいやってるのかと聞かれましてね。
その時にもうすぐブログの開設日だったなという事を思い出しまして……それで確認してみたらもうアレですよ、「あっ」ってやつですね←
より冷静に考えてみれば、自分のブログを開設した日に○周年の記事を書く事も忘れてしまってるぐらいやる気がなくなっちまってるってやつなんでしょうね、これは。


そんなわけで、8周年を迎えました「惑星観測所の記録」です。
正直なところ、ここ最近というか半年ぐらい?前からアニメの視聴意欲がすっかり薄れてしまっています。
今クールは『Fate/stay night』のアニメ化や『天体のメソッド』・『蟲師 続章』の後半エピソード・『アカメが斬る』などもあってある程度それが回復してますが、客観的に見ればどうにか息を繋いでいると言っても過言ではない状況なんですよね。
それはまぁ、明らかに感想を書いている作品の本数やその更新頻度が落ちてる事からも容易に想像する事が可能でしょうが…
アニメを観る気満々で2桁ぐらい作品を観てて感想も簡易のものを合わせると7本8本ぐらい抱えてた頃は感想ブログを閉鎖されてしまう方を見かけては「更新しようとがんばりすぎたんだな、きっと」なんて思っていたんですが、今になって何となく感じ取ってますね。
あぁ、こうやって段々とアニメから離れていって最終的には閉鎖したり放置してどこかへ行ってしまうんだな……と。
視聴意欲の低下に日々の日常の忙しさも加味されてそういう事になってしまうんだと思います、きっと。
別にこのブログを辞めるという話ではないし、視聴意欲が低下した事で感想を書く意欲もさらに言えば感想を書いた上で色んなブログを回ってトラックバックを送る意欲もめっきり減ってしまっているのでそれならそれで気ままにやっていけばいいかと若干開き直ってる感覚になってきているため、今のところ閉鎖する予定もないのですが。
○周年ってやっぱり節目節目になる時だし何書こうかな、とふと考えてみたらパッと思い浮かんだのでダラダラとりとめもなく書いてるだけです。

こんなコメントの反応もトラックバックの反応も遅い奴に変わらずにマメにトラックバックを送ってくださる方も名前は挙げませんが何名かいらっしゃって、その方々には本当に頭が下がります。
日々感謝しています、次開いた時でいいやと後回し後回しばかりにしてしまって結局1週間放置とかしてしまってごめんなさい。
少しがんばって自分から動いてみようと取り組む事は前にも何度かあったんですが、結局やる気が続かずにこんな状態に戻るので今後もこんな感じになると思います…(甘え
今クールが終わったら、というより「Fate」が終わったらどうなるんだろう、続けてるのか私……なんて事を書きながら今ふつふつと考えていますが、もしよろしければお付き合いを続けてくださるとありがたいです。
こんなブログをチラッと覗いてくださる方々も、感謝感謝でございます。


というわけで、8周年記念の記事とさせていただきました。
…ぁ、そうそう。
これは全くもって関係のない話なんですが、昨日から『SHIROBAKO』という作品を観始めました。
ふとこの作品って面白いんだろうか?なんて事をツイッターの方でつぶやいてみたら何人かから面白いというリプライをいただいたので試しに観てみたんですが、けっこー面白いですねこれ。
コミカルなおかしさとアニメの制作サイドに焦点を当てた事による「アニメ業界ってこんな感じなんだ!」という興味深さとがミックスされていて、まだ2話までしか観ていませんがいい感じです。
登場人物が多いので名前は全然覚えられませんし覚えられそうな気がしないですが、キャラの立っている方ばかりで思わず観入っちゃいます。
劇中劇「えくそだすっ!」のアニメ化されそうですよね、くじアンみたいな感じで。いや何となく。
個人的にはどっかでコケさえしなければ今クールの作品の中でもかなりの良作に入る気がするので、まだ観ていない方がいらっしゃるのなら是非是非。
…という宣伝でした。なんて締め方だこれ。



2014年11月17日 惑星観測所の記録 管理人Plutor

2014/11/17 Mon. 09:33  edit

Category: 日記

tb: 0  |  cm: 0

top △

ログ・ホライズン 第2期 第4話「ひび割れた翼」 




ミカカゲちゃんの作るデザートを毎日食べていたいです(何

-- 続きを読む --

2014/10/26 Sun. 11:30  edit

Category: 日記

tb: 0  |  cm: 0

top △

『イヴの時間』とやらを観ておりました 




夜分遅くにこんばんは。
いきなり書き始めるのですけど、日付が変わる0時からニコニコの方で『イヴの時間』というアニメ作品がやっておりましてね。
数日前だか一週間前だか忘れましたが、それがやるというのをこれまたニコニコの方で知りまして、あらすじを読んで「これは面白そう!」って思ってたので配信される日をこっそり期待しながら待っていたのです。
それでつい先ほどまでやっていたのですけれど、予想以上に面白かった作品でした。
ロボットが実用化されて久しくアンドロイドが実用化されて間もない時代の話で、主人公のリクオが自分の家で家事を行っているアンドロイド・サミィが無断でどこかへ行っている事に気付き、友人の真崎と共にその場所へ行ってみるとそこには人間もロボットも区別しない事をルールとして営業している喫茶店「イヴの時間」があって……ってな出だしで始まっていたんですが
話が進むにつれてどんどん味わいが出てくるんですよね。
人間とロボットってテーマという事もあってお決まりっちゃお決まりの人間の心とロボットの心に焦点を当てた話が展開されていってましたが、人間もロボットも色んなものを胸の中に抱えて日々生きてるんだなって観ながら感じてました。

コミカルなパートでのテンポの良さには素直に笑わせてもらいましたし、シリアスなパートでは思わず考えさせられるような事が色々とあったような気がしましたね。
作品内では人間がアンドロイドをまるで物のように扱っていて、彼ら彼女らに感情移入して人間扱いする人々を「ドリ系」とかいう一種の依存症患者で良くない事のように描かれてましたけども、そんな人間たちとは逆にアンドロイドの方は自分たちのマスターの事をよく考えて慈しんでる「愛」を感じる部分が多々ありましたし、前述の通りアンドロイドも色々と胸に抱えて悩みながら生きているというところが印象的でしたねー。
「イヴの時間」で出会った常連客とのやり取りを通じて主人公がサミィの事を考えるようになり、過去のトラウマを乗り越えて彼女の前(他の常連客の皆さんもいましたけど)でピアノを演奏する……という成長を感じられたところもよかったです。
1話が約15分の全6話だったんですが、話の展開がすごくゆっくりで私好みの雰囲気でした。
他に劇場版と小説版があるらしいですが、前者は今回の全6話を再編集して新作カットを加えたもので後者はスピンオフ作品の模様…?
小説版、今度読んでみようかな。
続編を作りやすい終わり方だったので続きが非常に気になるわけですが、観てて素人でも分かるぐらい製作費がかかってそうだったので存外に難しい話なんだろうなぁ…w

1話1話が短めのおかげかあまり長さを感じさせないと思いますので、よろしければ是非是非。
ニコニコのタイムシフトってプレミアムじゃないと観られないんでしたっけ……どっちだったっけなぁ。




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


クリックしていただけたら、管理人は大喜びすると思います(何

2014/04/29 Tue. 02:43  edit

Category: 日記

tb: 0  |  cm: 0

top △

『今日に恋色』聴いてみました 

今日に恋色
-- 続きを読む --

2014/02/10 Mon. 19:26  edit

Category: 日記

tb: 0  |  cm: 0

top △

書店で偶然見つけました 




今日は午後に週マガとコミックブレイドを今更買いに近くの本屋さんへ足を運んだんですが、そこで何気なくライトノベルコーナーをうろちょろしてたらこんな作品に出くわしました。
俺の教室にハルヒはいない

この作品が目に留まり足を止めた人は十中八九、「ハルヒ」の文字に心惹かれた事と思います。
でも、私はそんな部分には目もくれず「新井輝」という部分にひたすら心が揺り動かされていました。
この「新井輝」という作者さん、私にとっては非常に懐かしいお方です。
もしや、彼なのか…?と思ってつい今しがた調べてみたんですが、やっぱり同一人物。
この方は今は無き富士見ミステリー文庫というレーベルで『ROOM NO.1301』シリーズを長い間続けていらっしゃった作者さんなんですよね。
この作品、もう今は全然ライトノベルには手を出しておりませんけども、私が初めてライトノベルというものを購入するに至った作品なんです。
きっかけは他と比べてイラストがずっとシャープで「こいつは他の作品とは違う」という気持ちにさせてくれたという、極々単純なものだったんですが、妙にどこか切なくほろ苦い青春譚が展開されていてじっくり読ませてもらったと記憶しています。
そんな、私にとっては思い入れの深い作品の作者さんが新シリーズを刊行し始めたというのです。
基本的に作家ではなく作品を好きになるタイプなので作家さんを追いかける事はしないんですが、今回は別です。
このシリーズ、買います。いや、買わせていただきます。
どんな作品かも知りませんが、とりあえず1巻を買わせていただきます。
新井輝さんの作風が私の知る以前のそれと変わっていなければ、今作でも楽しめるはず…!

2014/01/16 Thu. 16:09  edit

Category: 日記

tb: 0  |  cm: 2

top △

『きっと青春が聞こえる』『ススメ→トゥモロウ』聴いてみました 


ススメ→トゥモロウ きっと青春が聞こえる
-- 続きを読む --

2014/01/09 Thu. 15:10  edit

Category: 日記

tb: 1  |  cm: 0

top △

2014年、新年のご挨拶 




2014年を迎えました、明けましておめでとーございます。
現在朝6時ほど、寝起きです(ぇ
大晦日は夜の8時辺りから毎年母親の実家の方に行く事になってるのでそちらの方へ行ってすき焼きやら年越しそばをちゅるちゅるモグモグ食しまして、日付の変わった0時半頃に帰宅した……と記憶しています。
ホントはそこから大して時間もかからないのでちゃっちゃとこの記事を書き上げれたらよかったのですけど、もー眠くて眠くて帰宅早々お布団でごろんしに行ってました(何
眠かったもんね、仕方ないよね←


とまぁ、大晦日での私はそんな感じでした。
新しい年を迎えたかと言って何か劇的に変わるような事もこれといって無く、去年同様マイペースにまったりと更新してるんだと思います。
記事の更新やらトラックバックならびにコメントの返信、どれもいつも遅れ気味というか不定期になってごめんなさい。
即座に更新/反応できるといいんですけど、どうも「更新したい時にすればいいや」「返したい時に返せばいいや」って思考が働いてしまうもので。
はっきり言ってしまえば、トラックバックやコメントを1週間近く放置するのは最低の行為だと思います。
自分が相手の立場だったら怒りこそないものの「まだ返事を書いてくれない」とちょっぴりしょぼぼんな気持ちになってるんじゃないかな。
実によろしくない行為だと自覚した上でああやって滞らせているのだから、なお性質が悪い。
でも多分、これからもこういうのは続いていくんだと思います。
出来る限り善処はいたしますが、私自身の性格によるところが大きいので……多分気が乗らないからといって自分勝手に放置してしまうんだと思います、ごめんなさい。

私が言うのもなんですけど、記事の更新もトラックバックやコメントの返信も本当に遅いです。
遅い、というより正確には私の気分次第で簡単に早くなったり遅くなったりします。
本数を増やしたところで途中で切る作品が増えてしまうだけだからなんですけど、1クールに扱う本数も他のアニメブロガーさんと比べるとずっと少ないと思います。
それでも一向に構わないと言ってくださる方がもしおられるのなら、今年も生暖かい目で見守ってくだされば幸いです。
去年はブログ7周年にブログ10万アクセス突破、コメントを書きに来てくださったりこんな辺境にあるブログにトラックバックを送りに来てくださったりと色々ありがとうございました。
少しでも長い間続けられる事を願いながら、今年もゆったりまったりマイペースにやっていくと思います。
どうか今年もよろしくお願いします。



…と、ここまで書いたところで今後の予定を記しておく事をすっかり忘れておりました(おい
多分次に更新するのはログホラの最新14話が放送される1月4日以降だろうと思っているんですが、大晦日の夜にやっていた『ソードアート・オンライン』(以下SAO)の特番の感想を書くかちょっと悩んでます。
SAOは感想自体は残り2話のところで断念してしまってるみたいですが(今知った)、視聴は地上波で放送されてた時に最後まで視聴してたんですよね。
だから書こうと思えば書けなくもないのですけど、如何せん視聴すらまだしていないので決めかねてます。
だから、とりあえず未定という事にしておいてください。
更新する気があったら特番の感想をちょろっと書きますし、する気がなかったら書きません。
そんな具合ですので、ご了承していただければこれまた幸いです。

それでは、今度こそ締めさせていただきます。
今年もどーぞよろしくお願いいたします。

2014年1月1日 「惑星観測所の記録」管理人Plutor

2014/01/01 Wed. 06:44  edit

Category: 日記

tb: 5  |  cm: 4

top △

また1年歳をとってしまいました 




おはよーございます、Plutorです。
特にやりたい事もなかったので、こっそりひっそりと記念記事をカキカキ。
実は今日、私のブログが開設してから7周年を迎えた日だったりします。
…とは言っても、個人的にはこんなの全然すごかないです。
テキトーにだらだらっと続けていたら1年経っちゃった、みたいな感じ。
「今年こそは更新をがんばろう!」って年の初めに意気込んだ気がするのですが、いつの間にやら結局いつも通りの遅筆更新になっておりました。
やっぱりそういう「がんばる」ってのは自分にあまり合わないんだなぁ、としみじみ。

これと言って書く事も見当たらないのですが、嬉しかった事と言えば10万アクセスを突破した事ぐらいでしょうか。
ホントそれぐらいしか頭に浮かびません、それぐらいマイペースにだらだら更新してただけ。
週に8本も9本も感想記事を書ける人ってスゴイなと素直に感心してしまいますね、えぇ。
週4本ですら途中で挫折して気付いたら1本書かなくなってる事だって私が8本9本など……えぇ、考えられません。


そんなわけで7周年なのでありました。
今後の目標だとか心構えなんてのもこれと言って特に考えてません。
自分の時間を大事にして自分の更新したい時に更新して、他の方々とゆるっとお付き合いできれば私はそれで満足です。

最後になりますが、読んでくださってる方はほんの微々たる数でしかないんでしょうけれど、いつも更新遅くってごめんなさい。
私なんかよりずっと更新の早い人はいっぱいおられますし、ずっと読みやすい人もたくさんおられます。
キャプチャー画像をペタペタ貼りながら間に文章を挟むテイストの方が、視覚的に読んでて楽しめると思います。
「アニメ感想ブログ」なんぞをやっておられる方なんてホントに星の数ほどおられると思うのですけど、その大勢いる中で私の書いたものを読んでくださる方が何人かおられると思うとやっぱりそれは嬉しい事ですね。
これからも時間の許す限りゆっくり続けていきたい気持ちはありますので、もしよろしければコッソリコッソリ見守ってくださると幸いです。
それでは、今日も1日がんばってまいりましょう…



2013年11月12日 惑星観測所の記録 管理人Plutor

2013/11/12 Tue. 08:58  edit

Category: 日記

tb: 0  |  cm: 2

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。