FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

今月号のRE:BIRTH 





本題に入る前に1つ。
本当はやる気など毛頭なかったのですが、急遽ボーダーブレイクをやりに行くことになりました(何
遺跡群A、どうやら今週で終わりそうですし…
やらなくてもいいんですけど、せっかくですからねぇ?






さて。
タイトル通り今月号もRE:BIRTHを読んできたわけですが。
今回の話は読者を暗い闇の底に落とすかのような、とても重たい話でした…
鏡の相方ちゃんと怜治の言葉の、魂のぶつけ合い。
…あの相方ちゃん、名前は何て言うんだっけ?w


ふと思う、怜治君は純粋すぎるよね。
人が人を傷付けるのは間違ってるーとか、「生きる」ってのは人間らしく生きて人間らしく朽ち果てていくことなんじゃないかーとか。
考えが甘い、純粋すぎる……なんて言葉では、もう形容しきれませんね。
怜治の考え方って、理想的すぎるんですよ。
世の中の現実も知らない、社会の邪悪な闇の部分も知らない。
彼の発言の節々からは、そんな雰囲気が漂っている気がします。
多分、姉さんが大切に慈しみながら育てていったんでしょうね…

まぁ、彼の考え自体は悪いとは思いません。
確かに他人を犠牲にしてまで生きながらえようとする人は人ではないかもしれないし、
人間としての誇りを捨て去ってるのかも。
生きるために誰かを殺めるという残酷なルールで縛られた上で、自らの考えがブレないのは凄いと思います。
素晴らしい、彼は自分の主張に自信を持っていい。

でも、やっぱり彼は周りを知らなすぎるんですよね。
理想論がすんなりと成り立ってしまうほど、この世界は美しくないんだよ。
特に、テイカー同士の戦いではね。

むしろ、鏡の相方ちゃんみたいな思考になっていくのが普通だと思います。
いじめを受け、虐げられていた者がもし何かしらの力を手に入れたとしたら…
酷い扱いを受けてきたんだから、尚更弱肉強食の思想が強くなるんだと思う。
今まで通りのやり方では、やはり今まで通り「負け組」と呼ばれる側になってしまいますからね。
そりゃあ、他人を犠牲にしてでも生きようとしますわ(^-^;)


ここまでくると、怜治君が自分の信念をいつ曲げるかが気になって仕方ないよね(何
自分に誇りを抱いてる人が保身のために堕ちていく……グヘヘ、たまんねぇ…!
怜治君が自分の信念をいつまで貫き通せるか、しかと見届けようじゃないか!





それにしても、姉さんの身体能力はやはりおかしい。
どこの暗殺専門の秘密結社で働いてたんでしょう?w


スポンサーサイト



2010/05/28 Fri. 23:18  edit

Category: 日記

tb: 0  |  cm: 0

top △