FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

劇場版『空の境界』テレビ放送版 第六話「俯瞰風景Ⅱ」 




かわいい!黒桐君を取り返すために戦う式かわいい!(何

-- 続きを読む --
スポンサーサイト



2013/08/12 Mon. 12:36  edit

Category: .2013年の作品 劇場版「空の境界」テレビ放送版【終】

tb: 0  |  cm: 4

top △

艦これのお話、その2 

おはよーございます、Plutorです。
先週辺りにニコニコの方で一挙放送をしていた作品なのですが、『フルーツバスケット』(通称フルバ)を今こっそり観ていたりします。
昨日5時間半ほどかけて1話~13話を観たのですけど、あの作品面白いですねー。
ウテナの一挙放送を観ていた時も感じましたが、昔の作品には昔の作品なりの面白い部分があるんだなぁと思ってました。
コミカルではあるんだけど、根っこの部分ではそれなりに重たい作品。
主人公がひょんな事から「草摩」の人間と関わる事になるのですが、彼ら彼女らは異性の人間と抱き着くと十二支の動物たちに変身してしまうという設定で、今だったら確実に性別は男性ではなく女性なんだろうなと考えちゃう自分に悲しくなっちゃう。
身体が動物に変身してしまう事・「普通」の人間とは違う事から彼ら彼女らは色々な苦悩を抱えてるんですが、それを主人公の持ち前の明るさと優しさと真っ直ぐさとで優しく包み込んでくれる様子が観ていて思わずホッコリしてしまうのです(´ω`)
主人公の声を担当されている方が堀江由衣さんなんですけど、フルバの事を呟いた時に「透ちゃんホンワカするよね」ってリプライが着たのを読んで思わず納得しちゃった。
あー、堀江さんの声だからホンワカホンワカな気持ちになってるんだろうなぁって。
観ている人をそのような気持ちにさせてくれる堀江さんはさすがであり、絶妙な配役だったとも言えるでしょう。
今で言うと『たまゆら』がホンワカ癒し系作品に当たりますが、この作品の雰囲気ってたまゆらとも違うんですよね。
あからさまな萌え要素など皆無ですし、後からじわりじわりとやってくるような優しさ・温かさがフルバにはあると思ってます。
昔の作品を観てみると、案外新しい発見もあっていいのかもしれませんねー。
主題歌を岡崎律子さんが両方歌っておられて、岡崎さんの透き通ったウィスパーボイスもステキでございました。


と、言うのが前座です(待
艦これ

上の画像は現在の私の艦娘構成。
非常に悲しい事に我らが五月雨ちゃんが轟沈なされてしまったので(待)、同時期に惚れ込んでずっと手塩にかけて育てていた響ちゃんを旗艦に据えて扶桑&山城と天龍ちゃん&龍田ちゃんの姉妹艦2組を入れてかわいがってます。
残りの1枠は基本的に育てたい艦娘を突っ込んでるんですが、ゆくゆくは他に同型艦のいない子を組み込もうかなと思ってたり。
レベルを見れば分かると思いますが、響ちゃんが圧倒的に他の娘と比べて上位に君臨しておられます(ぁ
ホントに初期の頃からやって来てくれた子で、クールな感じがとってもかわいいんですよね!
夜戦に突入する時の台詞もステキだし、秘書にすると喋ってくれる「もう帰ってもいいかな?」って台詞もかわいいです。ツンケンしてるとこもかわいいです!
最初の頃は旗艦にするなら1番艦だよなぁと思ってたんですけど、気付いたら響ちゃんをずっと旗艦にしてましたw
ちなみに、メジャーな構成は空母系2・戦艦3・重巡1とか空母3・戦艦3みたいな構成です。
だから私の艦隊構成って明らかに火力不足なんですけど、もうそんなのどうでもいいよね(待
たとえ火力不足だとしても、響ちゃんを旗艦に置いて姉妹艦を2組入れられてるというだけで私の中では大変満足なのです(´∇`)
ガチ構成もいいけど、ロマンや愛に生きるのも良いのではないでしょうかw

じっくり育ててきたあって鬼門と言われる2-4を安定して中盤まで進めるようになってきてますが、羅針盤に泣かされる日々ですねーw
上・真ん中・下の3ルートがあるんですけど、上ルートに行っちまった時の絶望感がやばい。
空母系4の敵艦隊と戦わされる羽目に遭うとか、もはや地獄しかない。
空母って開幕爆撃が強いし正規空母だと一発で軽巡を中破~大破クラスにまで持ってくぐらい火力あるから、ぶっちゃけ強いんですよね。
そんなのが4艦も来られたら、もう勝てる気しないですわ(ぁ
まぁ、急いでクリアする気は全くないので、じっくりじっくりやって行こうと思っておりますですはい(´ω`)

2013/08/12 Mon. 07:58  edit

Category: 日記

tb: 0  |  cm: 2

top △