FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

非・感想作品の簡易感想(7月2週) 





7/4~7/10に放送された、視聴のみの作品の簡易感想です。


ハガレン2期:日曜更新        

※予定なので遅れる場合あり






・『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 最終話』

終わったか……終わったね。
と思ったら、劇場版キター!!
こ、これは……観たくて堪らない!


それぞれの、その後の話。
何だかもう面白いぐらいハッピーハッピーなシーンの連続なんですが、最後なんだから気にしない!
いきなり2年後?そんなの気にしない!(何

マスタング大佐がイシュヴァール問題を先に解決しようと尽力するのは予想できたけど、まさかグラマン中将が大総統になるなんてなぁ。
結局、グラマンの思い通りじゃないかw
少し気に食わない気分だけど、オリヴィエさんは北の防備をしないといけないから適任かなぁ…

エドとの激闘の末に小さな赤ん坊に戻ったセリムは、ブラッドレイ夫人の下ですくすくと成長してるみたいですね(*^ー^*)
ホムンクルスなのは紛れも無い事実だから、いつか国会の敵となるかもしれない。
でも、そうなる事はないと私は信じてます。
生物の痛みを感じ取れるぐらい、優しい子に育ってますもの!

スカーはというと、1人のイシュヴァール人としてマスタング・マイルズに手を貸すみたいです。
「名は無くていい。好きに呼べ!」なんて言えるスカーがカッコイイ!
スカーの本当の名は確かに気になるけど、無くてもいいよね。
名前は単に“その人を形作るもの”であって、そんなのより中身の方が重要なのですよ(´∀`)

「10貰ったら、自分のを足して11で返す」という、アルが提唱する新たな法則も良かったなぁ。
「1」ってのはちっぽけな数字ではあるけれど、貰った人が他の人へ他の人へと次々に渡していくと、それはどんどん大きくなっていくんですよね。
まるで、自分と自分の知り合った人とで作り上げる大きな輪が出来上がっていくみたいで…
ちっぽけであり、世界平和を導く大きな確かな一歩でもあるのです(≧▽≦)


そして、エルリック兄弟はそれぞれ東西に分かれて旅に出る。
やっぱり、こういう展開になりましたね。
色んな国の色んな人に出会ってみたいという理由も良いけど、ニーナの事も考えた上での旅ってのが感激でした!
エルリック兄弟にとって、ニーナとの出会いと死別は本当に忘れられない出来事だったんだね…
ずっと前に登場した人達を忘れずに出してくれるのは、嬉しいところだなぁ。

ジェルソ・サンパノが張り切ってアルについて行こうとするシーンは面白くて、笑いましたよw
そういえばこの2人は人間に戻りたかったんだったね、忘れてた(待


時同じくして、汽車が来るのを待つエドとお見送りをするウィンリイ。
エドはホントに素直じゃないなと、改めて思います。
好きなら好きで、はっきり言っちゃえばいいのになー。
女々しいというか、男らしくないというか。
まぁ、そこがエドらしいんだけど。
あんな告白じみた台詞、女性に言わせるの止めようよ!





そんなわけで、約1年3ヶ月続いた本作品も終了でございます。
こんだけ長く続けば中弛みも起きるものですが、そのようなものは全く感じさせませんでしたねー。
毎回ワクワクさせるような展開の連続で、大変楽しめました(*^ー^*)
主題歌も良曲揃いだったしね!
ラストで『Totches the wall』を流したのもベリーグッド!
「ここで終わりじゃない。これからもエルリック兄弟の旅は続いていくよ!」って感じがひしひしと感じられました。
選曲が上手でしたねo(^-^)o

劇場版でも、きっとエルリック兄弟が元気一杯に暴れ回ってくれることでしょう。
いつになっても良いから、元気な姿を見せて欲しいものですね。
最後になりますが、スタッフに出演者の皆さま、本当にお疲れ様でした♪


スポンサーサイト



2010/07/11 Sun. 00:00  edit

Category: その他のアニメ

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1072-062b9ca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △