FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

伝説の勇者の伝説 第4話「ライナ・レポート」 





さすがフェリス、一体どんな修業を積んできたんだ!(何






今回はライナが獄中でとあるレポートを書き続ける話。
2年という月日は生半可な気持ちで言い表せられるな期間じゃないよね…






今回の話は素直に面白かったですねー。
前回はもう重たくて重たくて、ああいう話だと分かってても少し参っちゃってたのですが、
今回は時折入るギャグのテンポも良くて25分間気持ち良く観られましたよ(*^ー^*)
凄いよねライナ、あのような薄暗く閉鎖された空間で2年近く何かをし続ける事が出来るなんて。
しかも、自分はもう出られないと実感しているのに。
全てはこれから生まれてくる人々が戦争という愚かな行為に巻き込まれないために、昼寝して暮らせるような優しい世界が出来るように…
ってところでしょうか。
素晴らしい、素晴らしすぎる!




収容所の方で色々とよくしてくれた看守さんですけど、出世の道を捨てて今の地位に就いたらしい。
それは、前の戦争で仲間を大勢失った事で嫌になってしまったからのようで。
彼の事を考えると、ああいった道もある意味正解なんじゃないかなーと思いました(´∀`)
金銭的な面で確かに大変でしょうけど、あの看守さんにとっては幸せなんだろうね。
自分の娘の事を嬉しそうに語る彼の口ぶりから、それはよーく伝わってきますよ。


世の中には正解の道などなく、自らの意思で選んだ道は全て正解で。
また、幸か不幸かという判断は理論的に行うことは出来ないのだと感じましたねー。
あの女の子が成人になる頃には、世界が平和になってると良いよね…
実際に戦争というものを体験してみないとその苦しみが分からないというのは、嘆かわしいことですなぁ。






2年もあれば、色んな事が変わる。
それはまさにその通りで、いつの間にかシオンが王になってたのには笑ってしまいましたw
いや、実に分かりやすい伏線も張ってあったから驚きはしてないんですけどね。
シオンは相変わらずシオンのままで、ちょっぴり安心しましたw
ライナとは本当に仲が良いんやね!


シオンがライナのレポートを読み上げることで知りましたが、“勇者の遺物”を集めてる理由はそれを抑止力として用いるためだったのですね。
それを核兵器のようにちらつかせることで、争いのない平和な世の中を創り上げる。
野蛮な考え方ではあるけれど、ある意味正解ですね。
目には目を、力には力を。


まぁ、平和な世の中を創る方法は他にもあるんだと思いますよ。
“勇者の遺物”は1つの方法ってだけなんだと思います。
シオンはどうやって、世界を平和に導くのかね?
法による支配、即ち法治主義を掲げてるのかな…?
「私はまだ君を殺さない」なんて物騒な言葉も飛び掛かってて前途多難ですが、それぞれの道を辿ってより良き世界を創って欲しいですね!








というわけで、過去話は今回で終わりかな?
でも次回の話の流れ次第ではまだ過去話の可能性もあるし、一応身構えておこう。


それにしても、フェリスは強かったですなー。
あれ、魔法的な物は使用してないんでしょ?
どれだけ必死に鍛練を重ねていったのだろう…
彼女がいかに努力してるかが分かる一幕でした。
お団子屋さんが潰されるからライナに同行する彼女も、それはそれで面白いけどねw


次回も何やら新たな登場人物が出てきそうなので、気を引き締めていきますかね…




ぁ、ちなみに。
本当は今回から簡易の予定だったんですが、書きたくなってこっちで書いちゃいました(ぁ
もうここまで来たら、最後まで行くべき!?




次回「目覚め始めた世界」


スポンサーサイト



2010/07/30 Fri. 07:20  edit

Category: .2010年の作品 伝説の勇者の伝説【終】

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1100-b8d1fdc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △