FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

結城アイラ『LAMENT~やがて喜びを~/Reine(du)Lace』 





ようやく聴いてきましたので、今更ながら聴いた感想を述べておきます。



LAMENT~やがて喜びを~

アイラさんの歌声もさることながら、メロディと曲中にずっと流れてるバックサラウンド(シンセサイザーでしょうか?)も曲を盛り上げる良い要素になってると思いますよ!
バックサラウンドのおかげで、途切れる事なくリズムに乗り続けられますね。
特にサビに入ったところなんかはこれとの相乗効果でテンション上がりまくりんぐです(何
曲のどの部分を取っても飽きがやってこないので、聴き応えタップリ!
勿論、アイラさんの歌声も素晴らしいですけどね(*^ー^*)


歌い方は『Colorless Wind』の時のを、もう少し激しくした感じ。
でも、イントロではアイラさんらしい優しげな声色がどことなく残ってる気がします。
アイラさん、いつも思うけど素敵な声をしてるなぁ。
「やがて昇る太陽」という歌詞のところでは語調を特に強めてて、心によく響きますねっ。






Reine(du)Lace

カップリング曲はA面とは打って変わって、穏やかさ・優しさを全面に打ち出した曲調。
こちらの方がアイラさんっぽい歌だと思います。
私もこちらの方が好きですねー。
やはり、アイラさんはこういう曲でこそ真価を発揮する。
声質的に、まるで川のせせらぎのような落ち着いた曲の方が合うんですよね。
聴いた瞬間に曲調が全く違って、ちょっぴり驚きましたw


曲のタイトルは「Reine」がフランス語で「女王」という意味なので、単純に「女王のレース」で良いんだろうか。
「du」が「de+le(男性の単数冠詞)」らしいからややこしい(^-^;)
伝勇伝を意識してタイトルを振ってみると、「男っぽい我が儘女」、つまりフェリスの事をイメージした曲だと言えなくもないけど…
意訳がぶっ飛びすぎてるか?
歌詞中に出てくる「君」とか「旅人」といった人称が誰の事か想像してみると面白そうですよね。
多分原作も持つ、伝勇伝を真に愛する人には分かるんだろう。
と、投げ出すことでこれ以上の思考を拒絶しようと思う(何






そんなわけで、この辺で感想記事は終わらせたいと思います。
う~ん、曲を聴いた時に感じた想いを言葉に表すのはアニメの感想以上に難しい。
こういう時、語彙力が豊富な人が羨ましくなります。


まぁ、どちらも良い曲で買う価値はあったということで!


スポンサーサイト



2010/09/20 Mon. 16:51  edit

Category: 日記

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1143-c763f636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △