FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

『うみねこのなく頃にEP2 5巻』について 





『うみねこEP2』、コミックスの5巻目。
早速感想……と行きたいところですが、先にどうでもいい話を1つ垂れ流します(ぁ


急に聴きたい病が発症したので、RHYTHEMさんの『ホウキ雲』を落としてきました(ちゃんと音楽サイトでお金払って購入したよ!)
懐かしいっすねぇ……焼きたてジャぱんでしたっけ。
途中で観るの止めた上に5,6年前なのですっかり忘れてしまいましたが、
「三億のピエロ」という言葉はかすかに覚えてますw
あと、アフロ店長か……ローソンでコラボパンが色々出たっけなぁ。
焼きそばパンが市販で売られてる他のとほとんど変わらない味だった気がする。


良いですよね、この曲。
イントロもサビもどっちも好きって曲は、私の中では珍しいんですよ。
ほんのりしっとりと聴かせてくれて、気付いたら曲が終わってるような…
そんな、刹那的感覚を味わせてくれます(*^ー^*)
前奏に流れるギターの旋律も聴いてて心地良いしね。
やはり、良い曲はいつ聴いても良いね。


…うん、要するにアピールしたかっただけなんだ。
心底どうでもいいと思うから、もう感想に入るんだ。






さてさて……あー、何だろう。
1つだけ確かな事は、真っさらな状態でこのEPに触れていたら、私は間違いなく魔女に屈服していたことだろうねw
カノンブレードとかシャノンバリアとか、霊鏡によるパワーアップはともかくさ。
これほどまでに魔法・魔女による犯行を見させられたら、反論も出来ませんよ。
否定する事は誰にだってできる。
一言、「私(僕)は認めない」と言うだけでいい。
でも、それは推理なんじゃなくて、ただの往生際の悪い奴なんだよね…




紗音との対決でブチギレるベアトがそれはもう酷い(笑)状態でしたが、
グロテスクな表現が輪にかけて凄まじくなってましたよね~。
良い仕事してますよ、鈴木さん!
紗音の死に様が酷すぎる……そのシーンを見た時、思わず「うわっ…」って言っちゃったもん。
圧搾機で人間を潰して、その血のワインを飲ませるとかパネェっすベアトさん…
舌が無駄に質量感あって怖いんですけど!

おかげでベアトの家具に成り下がった裸バトラに何の抵抗も感じなかったぜっ!
1度良いから、ベアトにビシバシしごかれたいわ……ハァハァ(待
EP3のちょっとしおらしくなるベアトも良いけど、やっぱり彼女はSっ気全開じゃないとね!


あと、ラストの楼座さんがカッコ良かったなぁ。
「私の目の前で真里亞に触れてみろ…
元来た地獄が生温かったことを教えてやるよ」

い、一度で良いから言ってみたい!
冷静に考えて、片手でウィンチェスター撃ったら肩外れるだろとか思ったけど、
こまけぇ事はいいんだよ!(何
楼座無双のくだりも大分短くなってるだろうから感動も薄れるけど、
親子の愛情ってものが見れたから満足満足っ。






第4~6の晩の話。
確か夏妃の部屋って、その部屋の鍵とマスターキーでしか開けられませんでしたよね。
となると、普通に考えて怪しいのはマスターキーを全て掌握している楼座。
…が、楼座さんは戦人と共にずっと応接間に居たはず。
ということは、あくまで人間の犯行と決め付けるのならば、
楼座さんが所持していたマスターキー5本のうち、最低でも1本が偽物という事かね。
殺人までしたかは知らないけど、源氏さんも手を貸してるんだろうなぁ。


強い魔除けの力がある霊鏡がどうのこうのとか書かれてますが、
おそらく鏡越しに自分の姿を見たくないんでしょうね。
理由?分かりません(おい
怪我とかで目に見えて分かる傷を負ってて、それが身体的コンプレックスになってるんじゃないかな。
…いや、よく知らないけど。


ところで、戦人達が発見した時も郷田さんは仰向けでしたが、原作だと俯せじゃありませんでしたっけ?
竜騎士さん監修だから、これが正しい死体現場なのか。




いつの間にか安全であるはずの応接間から外に出てた楼座さんと魔里亞。
戦人を追い出した後に、何かあったんでしょうか…
爆発の事を楼座さんが知ってたのなら、中に居たって死ぬだけだから外に出ますよね。
その前にお金に目が眩んで金のインゴットを取りに行く、ってのも頷ける。
もしかしたら、安全な場所も知ってたかもしれないね。
単なる憶測だけれどもw




裏お茶会の話。
鈴木さんはきっとベルンやラムダを描くのが楽しかったでしょうねw
お二方の姿はとても生き生きとしてるような気がしますw
…まぁ、アレだよね、「退屈だから」手を貸してるだけなんだろうね。
下位世界の惨劇もメタ世界の戦人とベアトの対決も、単なる退屈しのぎのお遊び。
ホンに、恐ろしいわぁ。





これでEP2は終わりなわけだけど、EP3はどうしようか。
折を見て、集める事にしようかな。
鈴木次郎さん、EP2の連載お疲れ様でした!


スポンサーサイト



2010/12/24 Fri. 08:23  edit

Category: .書籍物の感想 漫画

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1204-feb5ad5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △