FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

アスタロッテのおもちゃ! 第4話「パーティーのアンパサンド」 





アイキャッチ、私もぺろぺろしたいぞ!(何






今回は保護者参加型の社交パーティーに出席するにあたって、アスタロッテがその案内状を母親に渡しに行く話。
皆口さんの声がメルチェリーダに合ってない気はするけど、気にしません!






学園で開かれる、保護者も参加できる社交パーティー。
いつもはオラクかユフィを連れて参加しているアスタロッテですが、今回は母親に参加してもらおうと案内状を携えてお城へ。
直哉やオラクなど、皆に見送られて多少の緊張感も孕ませながら馬車で向かったわけですけども…
本人も母が多忙を極めてる事は知っていただろうし、「願わくば…」って程度の気持ちだったと思うんですよね。
でも、それでも母には来て欲しくて。
お城に行く前の思い詰めた表情や応接室で母を待っていた時の緊張した雰囲気を見る限り
アスタロッテは出せる限りの勇気を振り絞ってやって来たんだろうなぁ。
そんな気持ちでやって来たのに
「こんな忙しい時期に突然訪問してくるなど…!」「全くだ…」
なんて言われたら……ねぇ。
外野はちょっと黙っててくれないかなぁ?(苦笑)
母親が会議の時間をズラしてまで娘を会おうとしてたんだから、水を差すような事は言っちゃいけませんよ…
というか、陰口は言われてる人に絶対に伝わらないところでするべきですよね(^-^;)


アスタロッテも、周りの人の言葉を気にしすぎてる気がします。
母から直接言われたんなら別だけど、外野には吠えるだけ吠えさせておけばいいんですよ!
僅かながらの期待に心を膨らませながら、せっかくやって来たのに…
…まぁ、繊細な子なんだろうなぁ。
泣きたい時はしっかり泣けばいいんですよ(>_<)




アスタロッテの話を聞いてるとあまり良い母親とは思えませんでしたけど
メルチェリーダって案外娘の事を気にかけてるみたいですよね。
娘と以前の関係に戻ろうと、あれこれ頑張ってるようです。
アスタロッテの母親である前に国王陛下なので、なかなか「上手くいかない」みたいですが(^-^;)
やっぱり、国のトップだと自由が利かないよね…
むしろアスタロッテの方から母を避けてる雰囲気がどことなくするので
少しずつでもいいから歩み寄っていけるといいのですが…






結局、母に直接手渡し出来なかったアスタロッテ。
ちょっと早かったけど無事帰ってきたから、当然どうなったか結果を聞くわけで…
「さっさと渡して、さっさと帰った」なんて嘘を吐いちゃうアスタロッテが不憫でなりません(ノд<。)゜。
ちょうど会議と重なってしまったからメルチェリーダはパーティーに来なかったのだけど、
1人でポツンと佇む彼女を観てたらちょっとウルッときましたよ。
バカなっ、私がアニメで泣くことなど…!
「もしかしたら来てくれるかも…」って私も思ってたから、余計に感情移入してしまいました(ぁ
実際は途中の会議をすっ飛ばしてメルチェリーダもやって来たんだけどなぁ…
誰も居ない会場がとても寂しげでした。


…この2人、ホントにタイミング悪いですよねぇ。
何だろう、2人の悲しいすれ違いを観てると無性に応援してやりたくなりますw
「明日は明日の風が吹く」の精神で頑張って!相手の事を想い続けていれば、その想いはきっと届く!…はず!(待




ところで、明日葉の母親はメルチェリーダなんでしょうか?
彼女のお気に入りの髪飾りが世界樹の葉で模したものだと分かった途端に
「これはもしや…」と思ってたんですけど、メルチェリーダが分かりやすい反応をしてくれましたからねw
直哉と邂逅した時の2人の反応を見る限り2人共面識ありそうだから
ますます明日葉の母親=メルチェリーダの線が濃厚になってきたぞ?
直哉は以前にもこの世界に来た事があるから、あまり驚かなかったのかな?
よしよし、次回が楽しみになってきました(´∀`)
次回はもちろん、直哉のお説教があるんですよね!?(何




次回「交差のクォーテーション」



クリックしていただけたら、管理人は大喜びすると思います(何


スポンサーサイト



2011/05/04 Wed. 12:26  edit

Category: .2011年の作品 アスタロッテのおもちゃ!【終】

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1302-cf3f1a54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △