FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

アスタロッテのおもちゃ! 第5話「交差のクォーテーション」 





メルチェリーダ、直哉にホの字ですか!?(何





今回は直哉の頼みでメルチェリーダがアスタロッテたちのいる学園にやってくる話。
どことなく子供っぽさのあるメルチェリーダも、直哉の前では完全に女の子ですねw






いきなり妖魔界にやって来た直哉と関係を持ち。
直哉が人間界に戻ってから数年後、今度は自分の方から人間界に行って明日葉を直哉の下に置いて消えてしまったメルチェリーダ。
彼女の方は直哉・明日葉と再会できた喜びを純粋に喜びたかったのだけど、直哉があまりにもあーだこーだと怒ってくるので
気分を悪くして「ダーリンのバカ!」なんて言いながら帰ってしまって。
それでも、自分の寝室に戻ってくるとまた会いたい、今度会えたらと直哉の事を想う姿は間違いなく1人の女性だったなぁ(*^ー^*)
プンプン怒ってる姿はとってもキュートでした!あのボイスであの怒り方は堪りません!(何
数多くの男性と体を重ねてるんでしょうが、それはあくまで「生きるために必要な行為」でしかないんでしょうね。
直哉とのにゃんにゃん(待)は愛していたからなんだろうなぁ……少なくとも、メルチェリーダにとっては。
直哉にとっては初めての相手らしいので、互いに愛し合っていたがためとは必ずしも言えませんがw
でも、きっとメルチェリーダが優しく直哉をリードしてあんな事やこんな事w……げふんげふん。
お城に戻ってきた後に決めた今宵の夜伽候補の条件はまさに直哉と言った具合で
直哉と思うように再会の喜びを噛みしめ合えなかった事による寂しさからなのでしょう。
運良く直哉が女装して潜入してくれてたから良かったものの、いなかったらどうなっていた事やら…(^-^;)
直哉の代替品として扱われそうになっていた人の事も考えてあげてくださいw
その人、確実に惨めな気分を味わう事になってたよね(ぁ


直哉の方はと言うと、ただメルチェリーダに不満をぶつけたかっただけじゃなくて。
それよりももっと大事な大事な、「絶対に言いたかった一言」を言いたくって…
そのために女装をしてハーレムのところに潜入するなんてスゴいなぁと思いました。
どうでもいいけど、直哉のメイド服姿が似合いすぎですw
正直、声を聞かないと直哉だって分からなかったからね?
ユーディットはどうしてあんな服を持ってたんだろう……SMプレイ用の道具も持ってたし、まだまだ謎な方ですね~。
それで、夜伽役としてメルチェリーダの寝室にやってきてまで言いたかった一言とは
明日葉を産み、預けに来てくれた事への感謝なのでした(´▽`)
なんとなく、感謝の類かな?とは思ってましたが、実際にその言葉を聞くと胸が温かくなりますね~。
それだけでも効果バツグンなのに、明日葉の「産んでくれてありがとう」って言葉まで聞いちゃったら、絶対に泣くよ・゚・(ノД`)・゚・
子供に並一通りかそれ以上の愛情を抱いている親なら、誰だって。
直哉の口ぶりから明日葉がやって来る前は酷く絶望的な日々を送っていた雰囲気がそこはかとなく漂ってきますが
とりあえず、直哉とメルチェリーダが仲睦まじい関係に戻れて良かった良かった♪
…ところで、メルチェリーダは直哉の事をやっぱり「ダーリン」って呼ぶんですねw
直哉の事、そんなに愛しいのかい!?はっきり言って、羨ましいぞ!(何




話の後半は、アスタロッテとメルチェリーダが和解するところを描いてましたね。
どうやら直哉の頼みみたいですが、メルチェリーダの言葉一つでアッサリと通常授業の日を授業参観日に変えられるとは思いませんでしたよ。
妖魔界のトップって、一体どれだけ強大な権力を誇ってるの!?
学校側もその方が生徒たちのためになると判断したから動いたのは分かりますけど…
でも、だからと言って一発認可は信じられませんよねぇw
学園長に至っては、京都弁+キツネイヤー&シッポとかいう、とりあえずテキトーに属性付けておきましたみたいなキャラだし…(それは関係ない
まぁ、それでアスタロッテに笑顔が戻ってきたんなら、それでいいのかなぁ。
…まぁいいか、メルチェリーダのスーツ姿が観られたし!
きょぬ~+スーツって、エロちっくだよね!(何
その上メガネ着用って、どんだけファンを増やそうとしてるんですかw
めっさ似合ってたから、許しちゃうけどね!地味どころか、最高ですっ!!
ちなみに、クラスの皆がアスタロッテに感謝するシーンは「はいはいパターン入ったパターン入った」と冷ややかな目で観てました(おい
あぁいうのはいらなかったかな…


そんなこんなで学園での授業も終わり、馬車に乗ってアスタロッテとメルチェリーダは帰宅。
2人だけってのがとっても良かったし、この日のために着ていく服を手当たり次第にトランクの中に詰め込んでいたメルチェリーダはとても微笑ましかったよ。
薄汚れたアスタロッテお気に入りのぬいぐるみが、まるで親子の絆を象徴しているかのようでした(´ω`)
アスタロッテと疎遠になった時から、メルチェリーダはそれをずっとずっと大切に、慈しみながら抱き締めてきたんでしょうね…
…良いなぁ、親子愛って。
今後は2人の間の失われた時間を取り戻すかのように、いやそれ以上に密接な関係を続けていって欲しいです!






5話終了でございますが、今更ながらこの作品って見かけと違ってなかなかハートフルな作品ですよね~。
ただのくぎゅさんホイホイだと思ってたのに、こいつは予想外だ!
やっぱりファーストインプレッションで全てを決め付けてはいけませんね、中身にちゃんと触れた上で判断しないと…
ぁ、でももう少しエロちっくなシーンがあっても良いですよ(何
私は微エロまでならオッケーですのでw
ちなみに、次回サブタイにある「カレット」というのは砕けたガラス屑の事らしいです。
波乱の展開でも起きる……のかな?




次回「戸惑いのカレット」



追記(5/12)

直哉とメルチェリーダの馴れ初めについて、修正。
何でメルチェリーダが人間界に行った事になってるんだ……やっぱり、記憶ってのは当てにならない。



クリックしていただけたら、管理人は大喜びすると思います(何

スポンサーサイト



2011/05/11 Wed. 14:49  edit

Category: .2011年の作品 アスタロッテのおもちゃ!【終】

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1308-64aa9989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △