FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

月刊コミックブレイド 7月号 




表紙は『STEINS;GATE』。
良いですね、3人娘が微笑ましい。
目に若干違和を感じるけど、きっと杞憂(何


以下、作品別の感想です。




フカシギフィリア case01

筒井大志さんの新作っすなー。
狂信的に「正義」を掲げる潰し屋・叶恵タスクと不思議な能力を持つ女性を中心に展開していくバトル物?
主人公らしからぬ雰囲気を漂わせるタスクのキャラクター性に、ちょっぴり興味が湧いてきました。
とりあえず、次回に期待。




ひらめきはつめちゃん! 第31話

「はこ」を使って電動マッサージチェアを再現できるなんて、スゴいぞはつめちゃん!
はつめと母の日プレゼントが被るどころか、はつめちゃんの劣化版と言わざるを得ないですよね、パパのプレゼントってw
パパさん涙目ww
猫にしか見えないクッキーを鬼だと即答できるお母さんは、母ゆえなんだろいなぁ。

Oh,ハンケチ!(待




あまんちゅ! 番外編

久々に連載かと思ったら、番外編かよww
と思った時期が私にもありました(何
今回は童話調というか絵本調というか、いつも以上にまったりした感じでした(´ω`)
いいなぁ、こういう空気。
神の視点によるナレーションが優しい言葉に溢れていて、ほんわかほんわか。
主要キャラはほとんど登場してこなかったけど、たまにはこういうのもいいよね!

ちゃ顧問、ドMだったんだなぁ…w




レイン 第30章

レインVSザルツ、レインVSジョウの2連戦。
ザルツが噛ませ犬すぎて泣きました(何
彼だって強いはずなんだ……ただ、レインが強すぎるんだよ…
パワーインフレッ、なんというパワーインフレ!

VSジョウ戦はアツかったです(´∀`)
フォルニーア&チビが2人の間に割って入らなかったら、どちらかが大変な事になっていたかも。
というか、戦闘真っ最中の間に割って入るって、なかなか出来る事じゃないよねw
2人共、肝っ玉が据わってるなぁ。




すみっこの空さん めいだい7

何でもいい。
例えば、本屋さんで見た事も聞いた事もない作品に出会い、胸をときめかせ、その勢いのまま買ったとします。
でも、実際にその作品の中身に触れてみると、
自分が期待していたものと掛け離れたものだと分かってしまい、思わずガッカリしてしまう……なんて経験はないでしょうか?
私が思うに、知らないからこそ楽しめるものってのは少なからず存在すると思うのです。
確かに、空さんや青ちゃんが「なつ」だと思い込んだ漢字「合羽」は間違いなく「なつ」ではありません。
「合羽」は単なる地名であり、それ以上でもそれ以下でもない。
でも、人間には「想像する」という素晴らしい能力を持っています。
これは、人間にしか出来ない(おそらく)極めて尊い能力。
そして、無限の可能性を秘めた存在。

「この漢字はこういう読みでこういう意味なんだ」と、教える事は非常に容易い。
しかし、知らないものに出会った時にすぐさま正しい意味を調べるのではなく、
たまにはどんな意味なのか一度考えてみるのもいいのかもしれません。
せめて、真実を知ろうと思うまでは。
考える事の楽しさを再認識させてくれる、いい話でございました(*^ー^*)




とらねこフォークロア Cr.Over:15

生徒会長さんのノリがウザッたいw
そして、あのキャピキャピしたメール……生徒会長、ただ者ではないな…?
「素晴らしき学院生活」という言葉に釣られて
あっちゅう間に生徒会に入ってしまったトートだけど、はたして大丈夫なのかな。
学内の治安維持ってのは聞こえがいいですが、やり方が残酷そうな気がしてくる。
心配だじぇい…




すみっこの空さん めいだい6

相変わらず、空さんの考え方が面白い。
「世界中にドアはたくさんあるのに、ひとつのカギで開くドアはひとつしかない事がすごい」
「この町の人たちはみんな家にカギをかけてなかったから、ここはきっと町全体で空さんが自由に出入りできる空さんの特別な場所」

私は何の疑いもなくカギを使ってドアを開け、当然のごとく家に入ってるからこんな事考えもしませんでしたよ。
“自分のカギを使って開けられる場所は自分にとって特別な場所”
皆が気にも留めない、何気ない事を疑問に感じ、考える事が哲学の始まりなのですね…
「純粋な子だなぁ」と言えばそれまでだけど、空さんって真の意味で賢い子ですよねぇ。




白い雪は夏にとけて、

特別ゲストによる読切作品第2段。
絵が全体的に写生画チックですよね。
「マンガ」って感じの絵ばかり見てきたから、こういうのは逆に新鮮かも(´ω`)

内容は私の好みど真ん中ストレートです(何
お隣りに住んでる美人の奥さんとか……くそっ、羨ましすぎる!
淡い片想いですね、儚くて甘酸っぱかったです。
松井さんが来るかもしれないと思って掃除に参加する主人公が可愛いぞ!
何も語らずに去ったのは、ショックを与えないようにするためだったのかな?
いつかまた、松井さんに会えたらいいよね…




ヒトガダナ 第24話

「お前今、幸せか?」
御形から八千代に投げ掛けられた、1つの質問。
帰る場所があって、心を許し笑い会える人がいて、自分がそのままの自分でいられる環境がある。
アルチザンとして日々戦闘訓練を受けてきた八千代にとって、そういう“普通の生活”はこの上なく幸せな事なんですね。
今、八千代が笑っていられるのも新たな居場所を受動的に受け入れただけじゃなくて、自分自身も変わろうと努力したから。
…幸せってのは、待ってるだけじゃ絶対にやって来ないんだよね。
だからと言って、身体の全エネルギーを使ってそれを得ようとする必要もない。
ちょっと、ほんの少し努力するだけで幸せってのは得られるんじゃないかな。
今回の話を読んでて、何となくそう感じました。

アルチザンの方々、まだ色々あるだろうけど、幸せになれるといいなぁ。




スケッチビック

古閑さんが焼豚を切り落としてる時に思い出すフレーズ
「戦いの火ぶたは切って落とされたのだ!」
…その後も何事もなく焼豚を切り落としてる姿がテラシュールw

今回は博多弁の子(名前忘れましたw)の父親が異様な存在感を発揮してたかなぁ。
キャベツを“丸ごと”コンソメで煮込もうなんて、考えもしませんよw
ロールキャベツは好きだけど、こいつは食べたいとも思いませんわ…
というか、料理と認めていいのか、これw
こんなものに自分の名前付けたら、一族の恥なんじゃ!?

スポンサーサイト



2011/06/18 Sat. 17:51  edit

Category: .書籍物の感想 漫画

tb: 0  |  cm: 2

top △

コメント

スケッチブックはおもしろいですよね~!
アニメ見て一気に好きになりました。
やっぱこういう日常系は癒されます!
新刊はいつ発売かな~?

Z-in #zniSEbEA | URL | 2011/06/19 17:55 | edit

>Z-inさん

こんにちは~、コメントありがとうございますm(_ _)mペコリ
2,3日ぶりにブログを開いたらコメント着てたんで、ちょっとビックリしましたw


私もスケブのアニメは好きでしたね~。
ゆったりまったりしてて、まさに”日常系”って感じでした(´▽`)
こずえさん目当てでコミックブレイドを買い始めた口だったので、スケブが載ってたのを知った時は「まさかスケブがあるとは…!」って気分(何
取り立ててインパクトのある作品ではないけど、安定感がありますよね。
さすが、長い間殿(しんがり)を務め続けているだけの事はありますw

新刊は……どうなんだろう?
確か、この前発売した単行本が1年何ヶ月ぶりって話だったので
次もそれぐらいにならないと発売しないかもw
原作の雰囲気と同じように、まったりまったり待ってあげて下さい(´ω`)
…単行本、いつか買いたいなぁ(ぇ


ではでは~。

Plutor #Oj.PUqxM | URL | 2011/06/21 13:54 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1329-c0aa974b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △