FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

Steins;Gate #13「形而上のネクローシス」 




ルカ子が顔を紅くするシーンぐらいしか、笑い所がありませんでした(何




今回はまゆしぃの死を回避するため、オカリンがタイム・リープする話。
「形而上」という言葉の意味を調べてみましたが、「形のないもの」って意味らしいです。
無形の存在、オカリンの記憶って事かね。




最初のうちは鈴羽さんカッコえぇっす!ほんまもんの戦士じゃないっすか!とか、タイム・リープ成功したじゃん!やったね!とかを記事の中に嬉々として書き入れようとしたんですよね。
オカリンがまゆしぃに「旅行に行くぞ」みたいな事を聞いて顔を紅くするルカ子は女の子してるなぁ、とか。
ルカ子は女の子なんだから、完全にボクッ娘になってるよね、とか。
そんな事を書いてお茶を濁すことを出来なくもないんですが、今回の話を最後まで観た後でそういう事を書く事は出来そうにありませんわ…
宿命とは辛く悲しく、残酷な存在なんだなぁと実感であります。

まゆしぃが萌郁さんによって射殺されてしまった事で、タイム・リープを実行したオカリン。
当然ながら、まゆしぃの死を回避するためですね。
彼女の死を回避するために死に物狂いで捜索し、また何か回避できる方法はないのかと必死に頭を捻り出すオカリンからは
まゆしぃが本当に大切な存在であるという事がひしひしと伝わってきて。
一時期はオカリンはまゆしぃの事が好きなんじゃないかって考えた事もあったけど、今回のオカリンを見るにそんな想いから彼女を助け出そうとしているとは到底思えないんですよね。
恋心とか恋愛感情なんてのを超越した、親愛のような感情からオカリンは動いている気がします。
まゆしぃもまゆしぃで、オカリンに絶対の信頼を寄せてるみたい。
何一つ説明せずに「ただついて来い」みたいな事を言ってくるオカリンに対し、何も聞かずについていくなんてなかなか出来ないと思うのです。
スゴいよね、まゆしぃって。

まゆりを何とかして救い出したい。まゆりを死なせなんかしない。
ただその一心で奔走するオカリンですけど、何度タイム・リープしても「20時に椎名まゆりは死ぬ」という宿命を覆す事が出来ない…
ある時は萌郁さんの乗る車によってはねられ、またある時は地下鉄の電車に轢かれる。
後者は特に壮絶で、綯ちゃんがトドメを刺してしまってるんだよね(^-^;)
いくら故意ではないとはとは言っても、なぁ……あんな事しちゃったら、もう立ち直れないよね。。。
地下鉄のホームで列車待ちって時点で嫌な予感はしてましたが、まさかこういう展開になるとは思ってませんでした。
もうね、まゆしぃが線路に投げ出されてからEDが流れるまで、ずっと口あんぐりだったよ。
あのままEDに入るんだもんなぁ、もはや絶望しかないです…


前にも述べたようにオカリンはまゆしぃの死を回避したいというたった一つの理由のために足掻き続けてますけど、まゆしぃはそれを望んでるのかな?と個人的には思ってたり。
いや、何となくだけど。
幼少期の頃のオカリンとまゆしぃの回想シーンをサラッと観ただけだから何とも言えないんですが、まゆしぃは本当は亡き祖母の元へ行きたいんじゃないでしょうか。
祖母が亡くなってから半年もの間1日も欠かさず墓参りしていたらしいから、まゆしぃの祖母に対する想い入れは並々ならぬものだったんじゃないかな。
「まゆりは俺の人質なんだ。人体実験の道具なんだ…」と言ってオカリンに引き止められたから(?)今まで過ごしてきたわけだけど、
何年経っても祖母に対する気持ちは色あせていないのでしょう。
それは、空に手をかざすという彼女独特の行為からも明らかであります。
…多分、まゆしぃにとっての「死」は悲しい出来事なんかじゃないんだと思う。
むしろ、愛する祖母の元へ行ける幸せな事なのかもしれないね。
まゆしぃがそういう事を誰かに打ち明ける事はきっとないでしょうけど、そう考えるとオカリンがやってる事は単なるエゴになってしまうのかな…
そうだとしたら、とっても悲しいよね…




…うん、文章が全然まとまってないですよね(ぁ
「要するに、何が言いたいの?」って自問自答したいぐらいです(爆)
まぁ……うん、大目に見てくれると助かります。
こんな話でも全然取り乱さずにいつも通り書ける人はスゴいと思う。
悪い意味でじゃなくて、素直にね。

次回はタイムマシンの情報をエサに萌郁さんをおびき出す話みたいです。
今回は自分1人で全て抱え込もうとしてたけど、誰かに打ち明ける事も選択肢に入れるべきなのかもしれないね。
ラボメンは助け合わないと、ってオカリン自身が言ってたわけだし。
…紅莉栖、期待してますぜ!(何



次回「形而下のネクローシス」



にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


クリックしていただけたら、管理人は大喜びすると思います(何

スポンサーサイト



2011/07/06 Wed. 14:27  edit

Category: .2011年の作品 Steins;Gate【終】

tb: 1  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1340-d0363b30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Steins;Gate 13話「形而上のネクローシス」

何があっても助けるんだ! STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray](2011/06/22)宮野真守、今井麻美 他商品詳細を見る

新しい世界へ・・・ | 2011/07/06 21:42

top △