FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

Steins;Gate #17「虚像歪曲のコンプレックス」 



ファイナルアタッカーズとか、何そのダサいネーミング(何




今回はIBN5100の存在する世界線に戻るため、フェイリスの送ったDメールを取り消そうとする話。
父親との幸せな日々を取るか、大切な友達を取るか…どっちを選んでも後悔するような、そんな選択を行えたフェイリスはスゴい子ですよね。




鈴羽が予定通り1975年に行った事で定刻通りに来ていたラウンダーの襲撃がなかった。
もしや、まゆしぃは死を回避する事が出来たのかも!
ちょっぴり安堵したのも束の間、結局まゆしぃはラウンダーの手によって射殺されてしまいました。ちゃんちゃん♪
ってな感じですよね、えぇ。…ぬか喜びさせおって!
えぇえぇ、もちろん分かってましたよ!?ちょっとやそっとじゃ死を回避させるなんて出来ないもんね!
実際、ダイバージェンスメーターは1%に程遠かったし。
襲撃が遅れたのは数値が上がったからなのかな…?ほぼ1話分つかって10分ぐらいしか襲撃を遅れさせられなかったのか(^-^;)
中途半端に遅れるぐらいなら、ちゃんといつも通りの時間帯に来て欲しかったですよね。
ラウンダー全員でカップ麺でも食べてたのかい?(待


またもやまゆしぃの死を回避できなかったオカリンはタイム・リープした後に紅莉栖に助けを求める。
「Dメールを遡って取り消していけば、IBN5100のあった世界線に戻れるんじゃない?」
というアドバイスの下、藁にもすがる想いでそれを実行するオカリンなのですが…
話から逸れるんだけど、すぐに誰かに助けを求められるようになったオカリンは成長したなぁ、ってしみじみ実感しましたよ。
1人じゃ解決できない事は仲間を頼る。オカリンが何度もタイム・リープした末に学んだ事ですよね。
タイム・リープしようって時にさりげなく紅莉栖に感謝を述べられるようになったところも、成長した証だと思います(´ω`)
ちゃんと名前を呼んでるところがいいね、恥ずかしがる紅莉栖が可愛かったですw
でも、「紅莉栖って呼ばれたこと、私忘れちゃうんだね」って一言はちょっぴり切なかったなぁ…

で、本題ですが、順番通りやっていくので当然最初の標的はフェイリスなんですよね。
今回もずっとシリアス!な展開を想像して身構えてたんですが、前半部分は割とギャグっぽい感じだった気がします。
とりあえず、雷ネットが全国大会が開かれるレベルのカードバトルゲームだって事にビックリでした(ぁ
そして、フェイリスがその雷ネット全国大会で優勝できるぐらいの実力を持っていた事に更に驚かされましたw
それだけ実力差がありゃあ、ダルに伏せ札を教えたところで勝てなかったのも頷けますよw
こっちの世界線では、フェイリスは雷ネットバトラーとしてかなりの知名度がありそうですよね~。
中二病全開の異名もついてそう(ぁ

「ファイナルバトラーズ」とかいう謎集団の魔の手からフェイリスを護るための逃避行、およびボコスカに殴られてボロボロになってもフェイリスを護ろうとするオカリンの勇姿。
ちょうどいいタイミングでフェイリスの父が駆けつけ、無事に事なきを得る2人。
…という一連のシーンはカッコいいを通り越してチープに感じられて、口ぽかーんだったんですよ(何
でも、最近は観てて辛い気分になるしかないシーンが続いていたので、こういうシーンを観てると何となく安心できるんですよね。
もはやチンピラにしか見えない下っ端Aがナイフを取り出しても、「どうせオカリン死なないんだろ?」と何故か達観した気持ちで観てましたw
あのシーンはハラハラドキドキさせながら見るべきだったなぁ……と、今更ながら後悔しております。
まぁ、ファイナルアタッカーズさんには「ざまぁww」って事で(待

というか、これってフェイリスルートだったのかな?
原作はルート分岐あるのか知らないけど、オカリンを私の王子様呼ばわりするところとか
ルート入りました感が露骨に出てた気が。
別に、それが良い悪いって話ではないんですけどね。


密度の濃い内容だったけど、今回の見所は何と言ってもラスト5分辺りからのフェイリスの告白および葛藤でしょうね~。
フェイリスに世界線が変わる前の記憶が戻った時はちょっとした驚きと共に歓喜したけど、最後まで観ると戻らない方が幸せだったんじゃないかなぁって気持ちになりましたよ。
知らない方が幸せだったって事、意外と多いんだよね。
世界線が変わる前の記憶が戻らなければ、今もフェイリスは父親と幸せな日々が過ごせただろうし
Dメールによる過去改変を取り消すメールを送る時にあんなにも辛い気持ちになる事もなかったんじゃないかな。
でも、何も知らずに記憶が塗りかえられてしまうというのは、それはそれで残酷な気がする。
あの世界線におけるフェイリスにとって、父親が生きているのは明々白々な事なんだよなぁ…
フェイリスの送ったDメールは案の定父親の死を回避させるものだっただけど、父親に酷い事を言ったまま謝れもせずに父親は飛行機事故で亡くなってしまったんですね(>_<)
まだ10にも満たない年齢だからこそ言える、残酷な一言。
それが後悔としてフェイリスの心の中に残り続け、最終的にはDメールによる過去改変を実行させるにまで至ってしまった。
メール1つで大切な人を生き返させられるんなら、誰だってやりますよ…
父親が死ぬはずだった日から今まで過ごせた幸せな日々を「夢」と称するフェイリスは、なんて切なげなんだろう。
あのフェイリスにとっては「現実」以外の何物でもないのにね。

そして、「凶魔との時間を忘れたくない」というフェイリスの願いも虚しく、「父親が事故死した世界線」に戻したらフェイリスの記憶は上書きされてしまって。
あぁ、あの世界線のフェイリスは死んでしまったんだな……と、漠然と考えている自分がいました。
記憶を保ち続ける事が出来るのって、何度も感じてるけど本当に辛い事だと思う。
全てのDメールを取り消してまゆしぃの死が回避された時、オカリンは喜んでいられるんでしょうかね…?
大いなる宝を得るには大いなる犠牲が伴うんやな。。。
人の命ってのは、それだけ尊い存在なんだろうなぁ。






順番通りに取り消していく算段なら、次は萌郁さんなのかな?
ルカ子のDメールはいつ送ったんでしたっけ、もうすっかり忘れてしまいました(^-^;)

ホントはまだ書きたい事があったんだけど、それを差し込むタイミングが見つからず
泣く泣く自分の胸の奥底にしまい込む事にしました(ノд<。)゜。
文脈を作るのって、難しいよね。



次回「自己相似のアンドロギュノス」



にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


クリックしていただけたら、管理人は大喜びすると思います(何

スポンサーサイト



2011/07/28 Thu. 12:34  edit

Category: .2011年の作品 Steins;Gate【終】

tb: 4  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1360-a55afc0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Steins;Gate 17話「虚像歪曲のコンプレックス」

久々に登場のフェイリスたん! でも、話の内容はシリアスなんですよね・・・ STEINS;GATE Vol.2【初回限定版】 [Blu-ray](2011/07/27)宮野真守、今井麻美 他商品詳細を見る

新しい世界へ・・・ | 2011/07/30 00:05

Steins;Gate 第17話

Steins;Gate 第17話 『虚像歪曲のコンプレックス』 ≪あらすじ≫ 鈴羽を秋葉原に止めた自分のDメールを否定するDメールによって世界線を移動した倫太郎。しかし、それでもまゆりが死ぬという事実は変わら...

刹那的虹色世界 | 2011/07/30 19:21

STEINS;GATE 第17話「虚像歪曲のコンプレックス」

鈴羽が変えてくれた世界線だったが、まゆりの運命は変わらず。 襲撃が1日ずれただけ…。 紅莉栖はDメールを取り消していき、IBN-5100を入手すればと。 倫太郎はまずフェイリスのDメールを消そうとするが…...

SERA@らくblog | 2011/07/30 22:26

STEINS;GATE 第17話「虚像歪曲のコンプレックス」

STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]今回はフェイリス回。 友人から聞きましたが、かなり端折られてるらしいですね。 まぁ、途中で設定が分からなくなるところがありましたけど・・・

明善的な見方 | 2011/07/31 21:28

top △