FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

『レイン 雨の日に生まれた戦士』について 




元はネット上で連載されていたもので、今や累計100万部を越える大人気小説!……らしいです。
アルファポリスにて発行、あとがき合わせて365ページ。




買いました。
ついに買ってしまいましたっ。
この作品はコミックブレイドでコミカライズされているのですが、大好きな作品の1つなのです!
天野こずえさん目当てで購読し始めた私ですけど、今やコミックブレイドの中で1番楽しみにしているかもしれません。
生き生きとしたキャラクター達に、そして手に汗握る展開の連続に毎回毎回胸を躍らせながら非常に楽しませてもらっています。
それほどまでに、私の中では思い入れの強い作品なのです。

そういうわけで、ついつい原作を買ってしまいましたよえぇ!
文庫版も出ているそうですが、せっかくなんだし本当の意味での「原作」を買うべきでしょ!
という気持ちを胸に抱き購入。
お値段は1100円+消費税で計1155円。た、たけぇなおい…
いやでもしかし、本の中にはちょっと高めのお値段に見合った……いやむしろ、それ以上の素晴らしい世界が広がっていましたっ!
1巻はミュールゲニアと呼ばれる大陸の北方にそびえ立つ大国・ザーマインの侵攻に対し、小国サンクワールが迎え撃つ話が収録されているんですが
レイン(主人公)が最強すぎて困ります(何
戦闘能力的にもだけど、物凄く聡明な方なのよね。基本テキトー人間なんだけど。
アッと驚かせる策を弄して兵力的に圧倒しているザーマインを撃退する様は、興奮する事間違いなしだと思いますよ!
小国が大国を負かすとか、それだけで素敵じゃないですか!(≧▽≦)
その恐るべき身体能力ゆえに正に敵無し状態なんだけど、「俺つえぇぇぇ!」的展開がむしろ爽快に感じられるんですよね~。
下手に小細工するぐらいならストレートに表現してくれた方がよっぽど面白いですw

また、短気で終いには味方の裏切りに遭って命を落としたダグラス王に代わって主君を勤めようとするシェルファも素敵な方なんだよね。
「えっ?ホントに16歳?」と言いたくなるぐらい度胸が据わっていて、それと同時に歳相応の弱さも兼ね備えていて。
士気高揚のため、ザーマインを迎え撃つ兵士たちの前に立った彼女の演説はとても良かったなぁ。
自分の弱さを素直に認めて、周りの人々に手助けを請う……というのは中々できる事ではないと思います。
多少なりとも自分のプライドが傷付けられたくないと思う人ならば、誰だって自分の弱い部分を隠そうとするはず。
それどころか、見て見ぬふりだってするかもしれない。
でも、それではどれだけかかっても成長できませんよね。
自分の弱い部分を悟り、認め、それをさらけ出す事によって次に繋がるんだと思います。
それが出来なかったダグラス王は無能に他ならず、それが出来るシェルファは主君に足る人物と言えるんだろうね。
…まぁ、レインに対する絶対的な信頼があるからこそシェルファはそこまでの事が出来たんでしょうが~。
斬られそうになってもピクリともしないなんて、いくら何でも信頼しすぎじゃないかい?
レインはあまり自覚してないけど、レインとの出会いが彼女の全てを変えたんだろうなぁ。
罪作りなやつめ!羨ましいぞ!


もちろん他にも魅力的なキャラクターはいますし、素晴らしいと思えるシーンもまだまだあります。
レインが誰よりも強くなる事をただただ追い求める理由を知った時、きっと誰もが言いようのない切なさに包まれることでしょう…
中古品でもいいですので、一読していただけたら幸いです(´∀`)
とっても面白いから!読んで損はしないよ!
人物像が頭に浮かびにくかったら、漫画から入るのもアリなんじゃないかな!



にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


クリックしていただけたら、管理人は大喜びすると思います(何

スポンサーサイト



2011/09/21 Wed. 23:14  edit

Category: .書籍物の感想 小説

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1418-a2c462b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △