惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

まとめて簡易感想(4月第2週) 




モーレツ宇宙海賊…更新済
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A…更新済(4/12)
あらしのよるに…更新済(4/14)
這いよれ!ニャル子さん…更新済(4/14)
アクセル・ワールド






モーレツ宇宙海賊 SAILING13

うわ何このオッサン、観るからに怪しそう……茉莉香、絶対騙されちゃあかんで!
って思ってたら、まさかのチアキちゃんの父親兼バルバルーサの船長ケンジョー・クリハラだったでござるの巻(何
いや、誰だってあの人相と姿形を観たら何やら悪巧みを企んでいる下種な輩だって感じるやろ…!
なんて思ってたのだけど、真面目になると案外落ち着いた物腰だったりするんですね(´ω`)
あの図体で圧倒的年下である茉莉香に丁寧語を使ってるケンジョーさんが、とてつもなく違和感を孕んでいたのは言うまでもないでしょう…(ぁ

グリューエル、そしてケンジョーさんから茉莉香へ送られたメッセージ。
それは「自分の海賊船に一緒に乗り込む乗組員に一体どんなものを望んでいるのか?」という事。
それは技術であり、人柄でもあり、腕力でもある。
まさしく、船長によって千差万別。
どんな乗組員が搭乗しているかによってその船の顔というものが形作られる……なんて事をケンジョーさんは茉莉香に言うわけですね。
船長になった頃から、既にたくさんの乗組員に囲まれていた茉莉香。
その彼女が何よりも大切だと判断したのが、他ならぬ乗組員と信頼関係を築けるかどうか…
うん、茉莉香らしいいい答えだったと思います(´∇`)
船に乗り込んだ時点で皆運命共同体なわけだから、考えてみたら相手の事を信頼できなければ一緒に海賊営業なんて出来ませんものね。
いつ何時危険に晒されるか分からない宇宙でのお仕事なんだから、尚更です。
技術とか人柄なんてのは探せばいくらでも見つかるだろうけど、信頼関係を築けるかどうかなんてパッと見じゃ誰にも判断できないからなぁ。
そういう答えを茉莉香が出してくれると期待して、ケンジョーさんは中継ステーションにたむろする人たちに睨みを利かせていたのかもしれませんね~。
あのナリしてかなりのいい人じゃないか、ケンジョーさん!(ぇ


はてさて、なんだかんだでヨット部のメンバーが弁天丸のクルーとして乗り込む事になりそうですな!
一介の女子高生たちがプロのお仕事を務める事ができるのかひっじょ~に心配なのだけど、もう成るように成れですね!w
信頼関係という点ならば、ヨット部メンバー以上に相応しい人材などいないはず…
茉莉香たち、がんばって!




咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第1局

私の中における新番組5発目は麻雀に情熱を注いだ女の子たちによるアツい麻雀作品!
咲-Saki-は原作を読んでないものの、1期は視聴済み。
直接の続編ではなく本編が全国大会編に移る前の箸休み的な位置に当たるというか、所謂「外伝」的役割を似合う作品なので
初回を観た限りでは1期観ていなくても楽しめそうな雰囲気だったかなぁという気がしますね~。
一応のどっち(原村和)が出てましたけど、あくまでも今作の舞台は阿知賀女子であり主人公は穏乃(高鴨穏乃)みたいですので(´ω`)
というか、1話にしてのどっちは東京に引っ越しちゃったからねw
小学生にして何というけしからん胸だ、全く!←

ただのキャラ萌えアニメと思いきや、思いの外内容的にアツいものがあるというか、中高生の青春的な要素が多いんですよね、この作品って。
それは1期の頃から何となく感じてはいましたけど、今作ではそれがより顕著に表れていた気がするなぁ。
「阿知賀のレジェンド」と称され阿知賀女子をたった一度だけ県大会決勝まで運んだ原動力でもあった人物・赤土晴絵が実業団に誘われた事で
穏乃たちが切磋琢磨する場所としても憩いの場としても利用していた麻雀こどもクラブがなくなってしまって。
仲良しだった憧(新子憧)は違う中学に転校してしまい、のどっちも親の都合で東京の学校へ転校。
自分が今まで過ごしていた居場所、空間がなくなってしまうというのはやはり物悲しいところがありますよね…
でも、麻雀全国大会で麻雀クラブ仲間だったのどっちが優勝する姿を目の当たりにして、再びのどっちと一緒に麻雀を打ちたいと強く願うようになった穏乃。
彼女のひたむきなところというか、どこまでも真っ直ぐなところが非常に好感もてますよ~(´∇`)

玄さん(松実玄)はどこかおっちょこちょいなところがあるけど、いざという時には頼れるお姉さんという感じかな。
約2年もの間、決まった曜日に麻雀クラブとして使っていた場所を掃除し続けていた彼女には素直にスゴいなぁって感動してしまいました!
憧に関しては特に言う事はありませんね……偏差値70とかいう超進学校で麻雀も強いところを蹴ってまで、穏乃たちとまた麻雀をするために阿知賀女子に入ろうとするってのは相当な事だと思いますw
麻雀が全てなんだろうね、彼女にとっては(ぁ
というか、全国大会を目指す理由が素敵すぎるっ!O(≧▽≦)o
「和とまた楽しく麻雀をするため」って、何というかもうスゴいよね。
そんな理由で目指していいのかって何となく感じるわけだけども、変に邪なものがなくてむしろ微笑ましく感じてしまいますよ。
がんばれ!がんばれ!って、素直に応援してあげたくなっちゃいます。
穏乃たちがどこまでいけるか分からないけど、願いが叶うといいよね!




あらしのよるに 第2話

ガブの優しいウソにほっこりほっこりな話でした(´∇`)
ギザギザ山って見るからに「こんなの登るなんて無理じゃね?」ってぐらい険しい山でしたし、ガブもその事は十分分かってたのに
それでもメイちゃんのために一肌脱ごうとするその心遣いというか、思いやりに胸打たれましたよ~。
友達のためなら、たとえ火の中水の中。
自らが危険な目に遭ったとしても、友達の気持ちに最大限応えようとするガブが本当にステキでしたO(≧▽≦)o
こういう友達が1人はいたらいいなぁ、なんて思ったりしますね~。
ガブ、本当にお疲れ様っ!

というか、ミイ役って堀江さんなのですね?w
この作品、無駄に名の通った声優さんが多いんだなぁとしみじみ感心してしまいます(´ω`)
くそ、堀江さん効果でミイちゃんが可愛く見えてきちゃうじゃないか…!←
いや、それがなくても十分カワイイんですけどねー(ぁ




這いよれ!ニャル子さん 第1話

私の中における新番組6発目はギャグ主体でありながらもバイオレンスで血がドバドバ出ちゃうようなギャグ&バトル作品!
ニャル子さん、かわいすぎやでぇ!?しゅ、終始ニヤニヤが止まらねぇ…!(ぇ
というのはさすがに言い過ぎなのだけども、ニャル子さんはホントに可愛かったですO(≧▽≦)o
アスミスさんによる相乗効果もあったのかな?
プリティーでキュートで天真爛漫なニャル子さん、ステキですね~!
テンションがあまりにも高すぎて観てるこっちが置いてけぼりにされてしまう事が何度かありましたが、ニャル子さんにとっちゃそんなのどーでもいい事ですよね(ぁ
元気いっぱいで、思わずクスッと笑ってしまうような作品だと思います(´∇`)
やけに特撮ネタが多かった気がするけど、ニャル子さんは仮面ライダーとかが好きなのかな…?
そういえば、最初の登場シーンもばっちり決めポーズ取ってましたしねw

あんな子に「一目惚れしました!」なんて事を言われたら、ひっつく他ないじゃないか…!(待
付き合ったら付き合ったで、ひじょーに毎日に疲れちゃいそうですけどねーw
簡易感想を書くかどうかは別として、視聴は続けていこうかなと思ってます(´ω`)
元気いっぱいのアスミスさんを観て、疲れを癒そうじゃないかっ!




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


クリックしていただけたら、管理人は大喜びすると思います(何
スポンサーサイト

2012/04/14 Sat. 04:04  edit

Category: その他のアニメ

tb: 0  |  cm: 1

top △

コメント

No title

ニャル子さんヤバかったですね。
原作未読でノーマークだったのですがアスミスが出てたので視聴。
パロネタも多いし、ニャル子は可愛いしかなり衝撃を受けた作品でした。
個人的にこの春1番好きな作品です!

Z-in #- | URL | 2012/04/14 20:41 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1545-4b9f2283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。