惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

ココロコネクト #2「なかなか面白い人間達」 




断じて何もしてません、たとえしてても言えません(何




今回は「ふうせんかずら」なる謎の人物から入れ替わりの仕組みについて明かされる話。
実はもう私の放送地域でも3話が放送されてしまっていたりするけど、今更ながら2話です。
暑くないうちに書いておかねば…!


というわけで、第2話。
2人の入れ替えですらややこしかったのに、今度は3人による入れ替えになっちゃったり!?
いつ入れ替わるのかもそのタイミングも全くないので、前回から依然としてバタバタしてる太一たちですね~。
堂々と男子トイレに入っていく唯というか、太一にちょっと笑っちゃいました(ぁ
気を付けろ~言われても、常日頃から無意識的にやってきた事を今更意識しようとしてもなかなか出来る事じゃないですよねw
トイレに入る時に、いちいち「よし、男子トイレ(or女子トイレ)だ」って確認する人がいると思いますか?
トイレのマークや色でもって、自分たちが入っていい方だと判断して入ってるのが普通のはずです。
つまりは、そういう事なのです(何

いつ入れ替わりが起こるかすら分からないんだから、事前にトイレに行っておくなんて無理なんじゃ……と感じずにはいられない唯の提案でしたけど、まぁ確かに女子からしたら男子の用の足し方泣きたくなるぐらいイヤな事なのかもしれませんよね~。
男子のし方って、アレをボロンッて出してするんだもんね。美しさのカケラもないよ?(待
まぁでも、男子に入れ替わっちゃった時は仕方ないと思うんですけどねw
女子トイレに入ろうものなら、それこそ今後の生活に大きく関わってくるような事になりかねませんし(´ω`)
にはや立ちションすら出来るらしい伊織はさすがに順応しすぎな気もしますがw
相変わらずサッバサバですよね、伊織は。
ホント、さすがやわぁ…!


「ごっさん」こと後藤先生はフレンドリーで親しみやすい先生を目指すために自分をあだ名で生徒に呼ばせてるらしいのですけど、あー学校に1人はいるよねこういう先生って感じでしたね(ぁ
少なくとも、生徒への人気は高そうだなぁ……なんて漠然と思っていたりします。
「先生」という事は当然ながら敬うべき存在ではあるんですが、話しかけやすさってけっこー重要よね。

で、そのごっさんの身体をちょっと間借りして現れた人物「ふうせんかずら」が文研部に姿を見せて、入れ替わりについて簡単に説明してくれたのです……が。
この「ふうせんかずら」とやらによると、入れ替わりはアトランダムなタイミングでアトランダムな組み合わせでもって行われるんだそうですね~。
それにしては入れ替わるタイミングが絶妙だなぁと今回は観てて思ったけど、まぁこの人が言うんならきっとそうなんでしょう(ぇ
何故入れ替わりを起こさせるのかと言えば、入れ替えを起こさせようと選んだ人たちを観察するため。
どうしてそれが太一たちだったのかと言えば、なかなか面白そうだったから、なかなか面白そうな事を起こしてくれそうだったから。
太一たちが選ばれた理由がひどかったですね~、うん。
ものっそいやる気のなさそうな姿を見せてくれた「ふうせんかずら」らしい、ひっじょ~にテキトーな理由でしたw
こんな理由で自分たちが選ばれていいように弄ばれてるんですから、やられてる側としては堪ったものじゃない!
なんて思うんですけど、この「ふうせんかずら」って人が実際のところ誰なのかは全くもって不明なんですよねぇ。
人格・意識的には確かに「ふうせんかずら」その人だけど、肉体としては紛れもなくごっさんなのですから。
ごっさんに怒りをぶつけたって、何も返ってこないし無駄な行為にしかならないんですよね。
こういう事を踏まえて、伊織はあの一言を太一に投げかけたような気がします。
入れ替わりによって肉体の所有者というものが曖昧になってしまった時、その人たちはこの世に存在できるのか。
うーむ、とっても哲学的ですね!(何
多分これは、実際にそういう状況になった人たちが判断する事なんだろうなぁ。
「ふうせんかずら」じゃないけど、伊織がどんな答えを出すのか楽しみに見守ってみるとしますよ!






そんなわけで、第2話でした。
正直名前を覚えてるのが太一と伊織ぐらいでしたけど、きっと無害だと思います(ぇ
2話目ですが、やはりこの作品は面白いですね~。
初回の感想記事にも書きましたが、続きが素直に気になります。
続きが気になるかどうかって、何かを継続させる上で大切な事よね!

次回は伊織に関する問題が浮き彫りになってくる話?
はてさて、どうなる事やら…



次回「ジョバーとローブロー」




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


クリックしていただけたら、管理人は大喜びすると思います(何
スポンサーサイト

2012/07/26 Thu. 06:11  edit

Category: .2012年の作品 ココロコネクト【終】

tb: 2  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1621-c3b91aa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ココロコネクト #3 「ショバーとローブロー」

ココロコネクト (3) (ファミ通クリアコミックス)(2012/07/14)CUTEG商品詳細を見る  八重樫太一を自己犠牲野郎と言う稲葉姫子。 鋭い指摘ですが、ここまで無見込むと人間関係が

北十字星 | 2012/07/28 08:24

◎ココロコネクト第二話「なかなか面白い人...

=道太一:永瀬?イオ:太一?→残り三人が来るユイ⇔青木:私は桐山ユイだ。青木⇔ヒメ:青木義文だ。ヒメ⇔ユイ:因幡ヒメコだ。Щ部室ユイ⇔青木:もう耐えられない。→戻るЩ職...

ぺろぺろキャンディー | 2012/12/04 18:18

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。