惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

ココロコネクト #6「気づいた時にはまた始まっていたという話」 




くそぅ、2人共大爆発してどっかに飛んで行ってしまえばいいのに…(何




今回は人格入れ替わり現象が終わったと思いきや、新たな問題が文研部の5人を襲う話。
あ、あれ?前回までは「ヒトランダム」だったけど、今回は「キズランダム」になってるよ?とAパート終わりのタイトルロゴを観て何となく感じてましたが、やっぱり新章に突入していたんですね~。
EDが新しいものにすり替わっていたのにはビックリビックリ!
稲葉を中心としたEDアニメーションになっていたから、この「キズランダム」の主役となるのは稲葉なんでしょうね。
歌の良し悪しについては……うん、あえて何も言わないでおきましょうか(待

ってなわけで新章突入なわけなんですけども、その前に太一と伊織に関して少しだけ言わせてください。
とりあえず、2人は潔く爆発しちゃえばいいと思うよ!
「あの時から!あの時からっ、太一の気持ちは変わってない…?」
「変わってない!あの時と同じ気持ちを、俺は変わらずにずっと持ってる」
「そっか……その、私もです…」
いや~、観てるこっちが思わずこっぱずかしくなっちゃうぐらい、電話口での2人のやり取りはくすぐったいものがありましたね~!
ひっさびさに、観てて「爆発してしまえ!」って思ってしまいましたw
お互いの気持ちを確かめ合った後、伊織が顔を真っ赤にさせて足早に電話を切る姿がとってもカワイかったなぁ!
お互いに相手の事が好きだって、確認する事が出来た2人。
でも、伊織の出した答えはキープというか、「このままの距離を保ちたい」というもの。
決してよくない方向に話が進んでいくというわけではなくって、今自分たちが抱えている問題をそのままにして付き合ってしまったら何が起こるか分からないからって伊織は言うんですよね。
つまり、今回の問題が収束を迎えるまでに今一度冷静になって考える時間が欲しいという事。
しかしながら、電話のやり取りを観ている限りでは、太一と伊織ってホントにお互いに信頼し合っているんですよね(´ω`)
特にその気持ちは、伊織の言動からひしひしと感じられますよ~。
まだ自分に自信が持てなくって、「本当の自分」が一体どんな存在なのか見定め切れていない伊織。
そんな状態だからこそ、人格入れ替わり現象を乗り越えた事で尚更太一に信頼を寄せるようになったんでしょうね。
…うん、多分この2人なら、大丈夫だと思います。
「今度こそ…」って独りごつ伊織の背中から何やら不穏な空気が漂ってましたが、きっとこの2人なら大丈夫。


太一にやんわりと八つ当たりをしながらからかっていた稲葉が突然制服を脱ぎ出して襲い掛かってきた騒動に始まり、太一と伊織の無意識のうちに身体が勝手に動き出してしまっていた現象。
唯に至っては太一と稲葉のいかがわしい状態を見て何があったのか机を叩き壊してしまうほど強く訴えかけてきたり、女子生徒が他校の男子生徒に絡まれているのを見てボッコボコにしてしまった事で警察の厄介になってしまったり。
警察に連れられる唯を見て、義文がわめき立てて大立ち回りをした事で彼も警察に厄介になってしまったりと、不自然な状況が相次いで起こるわけですね。
初めは唯と義文が警察に補導されたって聞いたので、「ヤ、ヤバイじゃん!」とヒヤヒヤものでしたよ…
けっこー将来に響きますからね、補導って。
一説によれば、1回補導されるだけで公務員になれなくなるって話らしいですし…
フタを開けてみたら厳重注意で住んだみたいで、ホントによかったよかった(´∇`)
でも、だからといって問題の根本的な解決は全くなされていないわけで…

太一たちの身に一体何が起こってるの!?と頭に疑問を浮かべながら観てましたが、やはり今回も「ふうせんかずら」の仕業だったみたいですね…
いつも通り後藤先生の身体を乗り移って現れた「ふうせんかずら」によると、今回は簡潔に言ってしまえば「欲望解放」と呼べるもので。
本来ならば理性で踏みとどまる事が出来るはずの欲求・欲望が止められなくって、その思いのまま突っ走ってしまう状態に太一たちはあるんだとか…
観たところ何でもかんでも欲求に身を任せちゃうってわけじゃなくて、特に強い欲求を感じた時に「欲望解放」とやらが発動してしまうみたいなんですよねぇ。
確かに稲葉の言う通り、今回は唯の行動で見られたように第三者に危害を加えてしまう可能性があるから、人格入れ替わり現象よりももっと危険なものがありますよね(>_<)
「ふうせんかずら」が相変わらず太一たちにちょっかいをかける理由が「面白すぎるから」なんていうものだから、つくづくハタ迷惑なやつですよねぇ…
適度にしたい事をしてストレスを解消するにも、逆に冷静になって欲望を爆発させないようにするにも、結局は自分の心次第だからなぁ。
今回の問題、人格入れ替わり現象以上に厄介なものになりそうです。。。
伊織は期待しているようだけど、良くも悪くも「本当の自分」をさらけ出してしまう事になりかねないからなぁ。
稲葉は太一に恋心を抱いているっぽいですし……実は、個人的には太一が1番心配なんですよね。
自己犠牲の精神を貫き続けてる彼が、一体心の奥底では何を考えているのか。
ちょっぴり気になりもしますが、やっぱり何か取り返しのつかない事になってしまわないかと大変心配なんですよ。
大丈夫かなぁ、太一。
恋の三角関係に発展しそうな雰囲気も臭わせてるし、この章でも重苦しい話が続いていくんだろうなぁ…





そんなわけで、第6話でした。
この新章、冒頭でもサラッと書いたけど、稲葉を中心としつつ脇を太一と伊織が固めるような感じで話が展開していくんだろうね。
義文は……まぁ、あやつは何だかんだで唯一筋だから…(ぁ
今回みたいに、唯関連で暴力的な姿を見せてしまわないかってところだけが心配ですw

ところで、藤島さんの伊織LOVEはマジもんのアレなんでしょうかw
本気かと思ってたら冗談で言ってるし、冗談だと思ってたらやけに真剣な面持ちだったりもするので、イマイチ掴めないキャラクターなんですよね~。
利害関係が一致した瞬間の稲葉と藤島さんの笑い声が、とてつもなく不気味でした…w



次回「バラバラと崩れる」




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


クリックしていただけたら、管理人は大喜びすると思います(何
スポンサーサイト

2012/08/17 Fri. 20:29  edit

Category: .2012年の作品 ココロコネクト【終】

tb: 3  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1646-963b06d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ココロコネクト ヒトランダム#6 「気づいたときには また始まっていたという話」

ココロコネクト ヒトランダム 上 (初回限定版) [Blu-ray](2012/09/26)水島大宙、豊崎愛生 他商品詳細を見る 八重樫太一と二人きりになった部室でいきなり服を脱ぎ始めた 稲葉姫子。こ

北十字星 | 2012/08/18 13:44

ココロコネクト 第6話「気づいた時にはまた始まっていたという話」感想!

ココロコネクト 第6話「気づいた時にはまた始まっていたという話」 いつもの部室。 突然服を脱ぎ、太一に迫ってくるいなばん! 何があった…(汗 「おまえも早く脱げよ」と

くろくろDictionary | 2012/08/18 22:25

◎ココロコネクト第六話「気づいた時にはま...

|三週間が過ぎた。毎日が忙しい。|永瀬に告白し、受け入れてくれた。Щ部室太一:早いな因幡。 ヒメコ:二人はまだか?待たされるの腹たたないか? :太一が困ることをいうのが...

ぺろぺろキャンディー | 2012/12/17 17:55

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。