惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

『碧のスケープ』聴いてみました 

碧のスケープ

eufoniusさんの8つ目のアルバム、メジャーアルバムとしては3つ目らしい『碧のスケープ』。
「碧」で「あお」と読むんだそうです。 



CDジャケットは本文の画像に載せた通り、アルバム名に相応しく青く透き通った雰囲気を感じさせるジャケット。
CDの表面も真っ白な下地に絶妙な間隔で様々な植物が散りばめられていて、何ともまぁ独特ですね。
はっきり言いますと私は『リフレクティア』目当てでこのアルバムを買ったクチなので、他の曲はそこまでビビット来ていなかったりします。
でも、聴いてて何となく思ったんですが、このアルバムってそれぞれの曲を楽しむというよりもアルバムに収録されてる曲全体から何かを感じるべきものなんじゃないかなぁって気がするんですよねぇ。
少なくとも、1度最初から最後まで聴いてもこのアルバムの本質的な部分は理解できないんだと思います。
何度もループさせて、ようやく「何か」を掴めるような作品。
多分そういうものだと思うんですよね、このアルバムって。
かく言う私もどこかしっくりこないというか、「あ、あれ?」って気分になってたりするんですよね。
人によって好みがハッキリと別れるアルバム、なのかもしれません。

このアルバムで何が面白いかって言うと、『リフレクティア』を境に前半と後半で曲の雰囲気がガラリと変わるところなんでしょうかね?
『空を見上げる少女の瞳に映る世界』のOPテーマソング『アネモイ』・そのイメージソングである『Gabiet』・『碧色の空』など、前半部分は物静かでどちらかと言えば暗い曲調の数々。
それがピアノソロである『そのままの僕で』を踏まえ、『true tears』のOPテーマソングの『リフレクティア』に入った途端に今度は明るくのびやかな曲調の曲が続いていくんですよね。
そして、このアルバムの最終曲である『空中庭園』でその明るめなムードを今一度クールダウンさせるかのように、再び落ち着いた曲調に戻って終幕を迎えるという…
特に、『そのままの僕で』から『リフレクティア』の流れは、あまりの雰囲気の違いに聴いてて「うおっ」と驚かされてしまいましたね~。
演出的に成功しているかどうかは分かりませんが、面白い試みではあると思います(´ω`)
曲を1つ1つ楽しみたい私としては、何とも言えない感覚に襲われておりますが…w


とりあえず、大好きな『リフレクティア』はお気に入りの曲全集の中に投入しておこうと思います(ぁ
スポンサーサイト

2012/09/05 Wed. 13:27  edit

Category: 日記

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1663-b35aedef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。