惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

BTOOOM! 第6話「生贄の夜」 




変態っ!は褒め言葉ですねありがとうございます!(何




今回は竜太たちがコモドオオトカゲの群れに襲われる話。
平さんは右足が未だ完治せず万全に動けない状態、ヒミコは前回から依然として気を失ったまま。
こ、これはやべぇ……やばすぎる…!
ってな風にまさしく絶体絶命の状況だったんですが、それでも必死に生き抜こうとがんばる竜太と自分のBIMのタイプを明かしてまで竜太たちを助けてくれた平さんがとっても印象的でしたね~。
平さんの方なんて、既に負傷してる右足をコモドオオトカゲにガブッ!とかまれちゃって……観てるだけで、こっちまで足が痛くなりそうでしたよ(>_<)
かまれた右足を消毒してるシーンでは本当に痛そうにしてたけど、平さん大丈夫かなぁ。。。
事実上の戦線離脱なんじゃないかって気がするんですが、平さんの今後がひじょーに心配です。
平さんのBIMはターゲットをロックしてスイッチを押す事で追尾するホーミング型らしいから、厳密に言えば多少は戦えるでしょうけど…
見捨てたりしない……よね?

逃げてる途中でコモドオオトカゲに再度襲われた時に平さんとはぐれて、竜太がソナーを発動させても反応がなかった時は「もしや、平さんが裏切った…?」って私も竜太同様思っちゃいましたし
気絶してるヒミコを置いて1人ハシゴの上に昇っていた竜太を見た時はヒミコと平さんを見捨てたんじゃないかとも思っちゃったり…
このゲームってかなり死と直結した部分があるから、ちょっとした事ですぐに疑心暗鬼になっちゃうんですよね。
もしかしたら自分は見捨てられるんじゃないか、もしそうなら自分がヤられる前に相手をヤッてしまわないと…
ってな風に、短絡的な思考にならざるを得ないんだと思います。自分の手元に人を殺せる道具があるから、尚更ね。
そんな極限状態において行われているデス・ゲームだからこそ、竜太たちみたいに互いに信頼関係を築いて一種のグループを作れてるってのはかなり珍しい事なのかもしれませんね(´ω`)
まぁ、ヒミコは成り行きで一緒になってるってだけで竜太たちを「仲間」だとは全く思ってないみたいですし、それどころか竜太に関しては気絶してる間に自分の身体に何かしてきた変態男って思ってるみたいですが…w
うん、未遂だけどあれは変態って言われても仕方ないよね!(ぁ
完ッ全に鼻の下伸ばしてヒミコの下着見てたもんね、竜太っ!

竜太と平さんの間にはかなり深い信頼関係が結ばれつつありますけど、それだけにちょっと心配なのも事実なんですよね。
何となくだけど、今回の話を観るに平さんって自分が見捨てられたり置いてけぼりにされる事を極度に恐れてる感じがするので…
その不安感が積もり積もって、最後には何かしでかしてしまうんじゃないかと思わずにはいられませんよ~。
事あるごとに「見捨てられても仕方がない」って竜太に言ってるのも、裏ではかなり不安がっている事の表れなんだと思います。
あの右足のケガ、下手したらこのゲームが終わるまで完治しなさそうだしなぁ…


BIMについて新たに明かされた情報ですが、所有者が死なない限りその所有権が他に移らず使う事が出来ないってのはなかなかにエグいシステムですよねw
そういったシステムの面からも、人殺しを促してるって事なんだよねぇ……初期状態のBIMの数には限りがあるし、自分が生き残るためには他の参加者からBIMを奪い取るしかない。
でも、ただBIMを奪い取るだけでは使う事が出来ない……恐ろしいシステムだと思います、えぇ。
気絶してるヒミコの手を使ってBIMを起動させて劣化ガス型を使用、岩肌に囲まれ海風を背にしてる地形を利用してコモドオオトカゲたちを追い払った竜太はさすがだなぁと思いましたけど
いつでもどこでも人の手を使ってBIMを起動させるなんて事は出来ないわけで…
全貌が見えてくればくるほど、実にひどいゲームだなって気持ちになっちゃいますよね。
しかも、どうやらティラノスジャパンが島での参加者の様子を逐一監視していて、このゲームも実地データの収集が目的みたいですし。
消えてしまえと身内から名指しされた者たちを使った人体実験ってところか……一体何を考えてこんなデス・ゲームをやってるのか、皆目見当もつきませんよ。
ここで得られたデータが「BTOOOM!」の方に反映されているんだとしたら、思わずゾッとしちゃいそうです。



今回のラストでゲーム序盤においてヒミコ(と例のおデブちゃんw)を襲い、教師をアーミーナイフでサクッと殺した殺し屋さんが再登場して竜太に襲い掛かってきたりと、次回も前途多難な雰囲気いっぱい。
でもきっと、竜太ならこの危機を乗り越えられるはず…!
ヒミコのトラウマは相当な事がないと克服できないんだろうなぁ、なんて思いつつの第6話でした!






そんなわけで、第6話でした。
うん、次回は前回に登場した弁護士さんやら殺し屋さんやら、今まで出てきた参加者さんがほぼフル出場みたいですね~。
ベッドで両手を縛られて身動きが取れなくなってるヒミコのシーンがあったけど、何だか色々と不安で仕方がないぞ?
次回はどうなるんでしょうね!



次回「仮想花嫁」




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


クリックしていただけたら、管理人は大喜びすると思います(何
スポンサーサイト

2012/11/12 Mon. 20:55  edit

Category: .2012年の作品 BTOOOM!【終】

tb: 1  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1720-c54cf9e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎BTOOOM!第6話生贄の夜

→トカゲに襲われる>平:コモドドラゴンや!坂本:俺はビムを→投げるが爆発しない;このビムはガキから奪った?殺さなかったから?移ってないのか?→平さんが噛ま...

ぺろぺろキャンディー | 2013/03/04 03:39

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。