惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?18」に参加してみました 




こんばんは、Plutorです!
今回は「ゲームやアニメについてほそぼそと語る人」のピッコロ様が催されている企画「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?18」に初参加してみました。
参加自体は初ではありますが、オファーを受けたのはこれで3度目だったりします。
どうしてオファーは3度目なのに初参加なのかって?…私の職務怠慢な性格を知ってる人はご察しの通りだと思います(待
初オファー、2度目と「やりますやります!」みたいな事を言っておいて結局やらずに期限切れに至ってしまうという愚かな行為を続けてきましたので、今回こそはちゃんと参加しようと早めに記事作成している次第です(´ω`)
なにぶんこの手の企画はほとんど参加した事ないものですから、いち参加者としてきちんと務める事が出来るのかよく分からないのですが……とりあえず、がんばります。
作品の評価とかかなり苦手とする分野ですが、がんばります(ぇ

ちなみに、私が9月終了作品の中で最後まで観る事が出来たのは以下の作品。
ゆるゆり2期は視聴している話数が少なすぎるためカット。

・TARITARI
・人類は衰退しました
・もやしもんリターンズ
・この中に1人、妹がいる!
・ココロコネクト
・アクセルワールド



・TARITARI

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…5
演出…4
音楽…5
総合的な評価…4

P.A.WORKSさんによるオリジナルアニメーション作品ですね。
近頃ではライトノベルや漫画といった原作の存在する作品のアニメ化が非常に多くなってきているがゆえに、「オリジナルアニメ」と聞いただけである程度の高評価が得られる時代になってる気がしますが
本作は放送開始当初の期待を凌駕する出来栄えだったような気がしました。
華の高校時代を生きる登場人物たちの様子は観ていて面白みに溢れていましたし、時には彼ら彼女らと同じように悩ませてくれたりと「青春」というものを思う存分堪能させてくれた作品でしたね~。
「歌」をメインにして話が作られているだけあって、音楽面は特に素晴らしかったと思います。
強いて言えば、にっくき理事長がこれと言った痛い目に遭わずして終わったところが残念だったかな?
それ以外は不満のつける部分が見つからないぐらい、私にとっては花丸を付けてあげちゃいたい作品でした。
DVDやらBDを買うに値する作品だと思います。



・人類は衰退しました

ストーリー…3
キャラクター性…5
画…3
演出…4
音楽…3
総合的な評価…2

確か、特に何も気にせず何気なく観始めたのがこの作品との出会いだったような気がします。
キャラクター、特に妖精さんがカワイイ。すっごくカワイイ。それに尽きると言っても過言ではないのかもw
正直なところ、途中から話云々よりも妖精さん見たさに毎回観ていた節があるくらいです。
ストーリー的にはこれと言って「これは!」と言える部分はなかったような気がしますが、同盟誌?を作る回(5話か6話辺り)は観てて面白いなーって思ってました。
あの回の演出もけっこー凝ってた印象を受けましたし、マンガのコマの中に入りこんじゃう!って設定が面白いですよね。
特に観る必要もなさそうだなーと思い返してみると感じたので、2点にしておきました。



・もやしもんリターンズ

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

1期は観ていなかったのですが、面白いという話だったので2期から観始めてみた作品。
観ている時はそれなりに楽しめたような気がするのですが、終わって数ヶ月経った今改めて考えてみるとそこまで面白い作品でもなかったのかな……なんて思えてきたりします。
毎回毎回、お酒や菌などに関するウンチクは観てて「へー!」と思える事が多くって、アニメを観ながら雑学の知識が蓄えられたかのような感覚に浸っておりました。
ちょっと発酵のさせ方を変えただけで全然違う味になるお酒って、そしてそれを作り出した人間ってスゲェ!
そんな気持ちにさせてくれる作品だったかもしれませんw


・この中に1人、妹がいる!

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

どの子!?どの子が実は妹さんなの!?ってずっとヤキモキされつつも、楽しませてくれた作品だったかな。
メインキャラクターの女の子はどの子も可愛げがありましたし、所謂「ハーレム作品」にしては最後まで楽しんで観られた数少ない作品だったと思います。
どの子もそれほどクセのない子ばかりだったのが良かったかも?
何だかんだで5人中3人は実は昔の知り合いでしたー!って展開を繰り返されると、正直くどいなと思う時もありましたがw
まぁそれも込みで楽しんでたと思います、きっと。
OPも個人的にはけっこー好みだったんですよね~、結局買ってませんけども。
ハーレム作品らしい結末だった気がしますが、最後はどの子を選ぶ事になるのかなぁ。
原作を買わないと分からないってところが憎いです!



・ココロコネクト

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…2
総合的な評価…3

何の気なしに観始めた作品その2です。
うーん、最初のエピソード「ヒトランダム」編はそれなりに楽しんで観られたと思うんですが、話数を重ねるにつれて徐々に観る気が失せていった作品だったかなぁ。
何だろう、多分私の予想する以上に話の内容が重すぎたんだと思います。
ギャグパートでその重さを払拭しようとお茶を濁してた感じはしてましたし、ギャグパートはギャグパートで面白かったとは思うんですけどね。
いかんせん、シリアス部分が重すぎて重すぎて…
まぁでも、いくら仲良しグループだからって一度真正面から本気でぶつからないと分からない事がある。当たり前ながら、そんな事を気付かせてくれた作品でもあったかな。



・アクセルワールド

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

PVを観てて「うわー、なんか中二病くさいけどおもしろそー!」って気分にさせてくれたのでとりあえず観てみた作品。
うん、バトル物はあまり好きな方ではないんですが、2クールもの間集中力を切らさず最後まで楽しめたような気がします。
なよなよで泣き虫だった主人公が、1人の立派な大人になっていくまでのその成長っぷりが見ていて気持ちよかったですね~。
肝心のバトルも見応えタップリで、いつもワクワクしながら観ておりましたよ!
特に赤い子の超合金なアレなんて、もうどこぞのロボットアニメですかってぐらいで…w
激しいバトルシーンもこれと言った違和感なく迫力満点に描いてくださってた気がしたので、「画」部門でちょっと高得点をつけさせていただきました。
2期があったらモチロン観る予定でございます。



ベストキャラクター賞
「ウィーン」(『TARITARI』)

ベストOP賞
「Dreamer」(『TARITARI』)

ベストED賞
「Heavenly Lover」(『この中に1人、妹がいる!』)

ベスト声優賞・男性
「宝亀克寿」(『TARITARI』校長役)


ベスト声優賞・女性
「小林早苗」(『アクセルワールド』能美征二役)




というわけで、以上が私の評価となります。
全体的な感想としては、やっぱり1番熱中して観ていただけに『TARITARI』を高く評価しすぎてるかなぁという印象ですね~。
観ていた当時はどの作品も楽しんで観てたと思いますが、終了してから2ヶ月も3ヶ月も経つと本当にいいなって思えた作品ばかり目が映ってしまうものですけど
もう少し他の作品もやんわりと評価してあげたらよかったかも。
まぁ、今更そんな事を言ったって仕方のない事ではあるんですがw

最後になりましたが、今回このような企画への参加をオファーしてくださったピッコロ様へ溢れんばかりの感謝をさせていただきます。
書いてる張本人である私自身も拙いなぁと思える内容となっておりますが、ほんの少しでもお力になれているのなら幸いです。
本当に、ありがとうございました!



スポンサーサイト

2012/12/02 Sun. 20:38  edit

Category: 日記

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1735-d76275b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。