惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

まおゆう魔王勇者 第八章「剣を取って、我が主」 




契約だとか儀式だとかにクーリングオフ制度なんてないから!(何



今回は魔王不在の中、大きな問題が勇者たちの下に降りかかる話。
勇者と青年商人は「開門都市」の外、数多のオーロラが煌びやかに光り輝く夜空の下でおっぱいがいっぱいの宴を楽しんでいく!(何
戦いが終わったらそんな約束を2人でしてたのですか!とガミガミ言いながらも笑いたくなっちゃうような気分でございますw
男ってのはもう、いつの時代だって胸だの胸だの胸の事ばっかですなぁ…w

まぁ宴がどーのこーのってのは約束を果たしてもらうためのついでみたいなもので、青年商人に今の開門都市を魅せたかったというのが勇者の本望だったのでしょうね~。
聖鍵遠征軍の撤退によって魔族が再統治したというのは仮の話で、実際は人間と魔族が共存し交易を行う場にもなっているという事。
人口にして3万2千人で湖の国を上回るほどだとかで、1つの都市が1国を上回るぐらいの人口を有しているってなかなかにスゴイ事なんじゃないでしょうか?
それだけ生活的にも商業的にも豊かな空間になりつつある、って事なんでしょうね、きっと。
あの人間と魔族が平和に酒場で飲み食いしやり取りをしている雰囲気を見て、青年商人は何を思うのでしょうね…
開門都市で商売をするのを許可するのと引き換えに、損得勘定では割り切れない「なにか」を見せて欲しいと青年商人に伝える勇者。
何でもかんでも損得勘定で考えるのが商人だけれど、誰よりも賢くそれ以上のなにかで以って色んな人とやり取りしている魔王という存在を見知っているからこそ。
そして以前に会った時と比べて雰囲気が変わったように見える青年商人にも魔王のような事が出来ると信じたからこそ、勇者は開門都市での交易を許可したんでしょうねぇ。
いくら魔族側の代表とは言え、勇者の一存でそれを決めてしまっていいのかってツッコミを入れたくもなりますがw
まぁいいんでしょう、きっと。
どうせ開門都市を実効支配している議会の皆さんとやらも、勇者の言葉に異論はないんだろうなぁと(ぁ
あんなステキな夜景の下で、一度でいいから杯を交わし談笑したいものですね!


勇者が女騎士の剣を取り彼女が勇者の剣となる「契約」のシーンからは、なんというか女騎士の並々ならぬ思いを感じました(´ω`)
勇者の事は好きだけど、勇者は魔王のものだって分かってる。
諦めてるとかそういったものを抜きにして、純粋に自分では魔王に敵わないって感じてるんでしょうね。
でもそれでも、勇者の傍にいたい……それならばいっそ、自分が勇者のものになろうという女騎士の考え。
騎士道精神だとか主従契約というのが一体どういう意味を表しているのか私にはいまいちピンとこなかったりするんですが、おそらく己の頭のてっぺんから足の先まで全てを自分の主に捧げるって事なんでしょう。
主人が死ねと言えば死ぬという事なんでしょうし、やっぱり生半可な気持ちでは出来る事じゃない気がする。
それだけ女騎士は勇者の事を愛してる、って事なんだろうなぁ。
…女騎士らしい愛の表現に、今更ながらスゴイなぁって思えてきましたw
なんかカッコいいですよね、そういうのって。

自分の身体を全て捧げる契約を交わしてまで勇者の傍にいたいって想いがあったからこそ、馬鈴薯を広めその農法を広めた魔王こと紅の学士は精霊の教えに背く異端者であるとして身柄を引き渡すよう中央が冬寂王に通達してきたのに対し
魔王に化けてもらったメイド姉を冬の国から出たところで救出し、再び国中のお尋ね者となり孤独になろうとする勇者の作戦に異を唱えたんでしょうね。
勇者を1人にしたくない、傍にいたいのに教会の長としてそれが許されない事へのもどかしさ……自ら誰の迷惑にもならないよう孤独の道を選択する勇者の、なんと優しき事でしょうか。
これが勇者なりに考えに考えた、最善の策なんでしょうね…
もしここに魔王がいてくれたらなぁと、ホントに思う。
魔王は魔王で何やら歴代の魔王と対面し言葉を交わさないといけないみたいだから、とても戻って来られる状況じゃないって事は分かってるけど…
どうなるんだろう、勇者。連れが2人もいるとは言ってたけど、また1人になっちゃうんでしょうかね?
…ええい、この状況を何か打開できるものはないのかね!
可能性としては、メイド姉が覚醒して何らかの妙案を編み出してくれるって展開が……あるのかなぁ。
いやもう、多分それを期待するしかなす術がないよね!
がんばれメイド姉、今こそ真価を発揮する時!






そんなわけで、第8話でした。
白夜王云々の悪巧みはどうなったの?と思わず言いたくなりますが、その辺の事は今回の騒動が解決してからなのかなw
それとも、学士が異端者云々って話も暗躍する白夜王たちの仕業だったりするんでしょうかね?
「もしここから出てきた時に私が私でなかったら」なんて事を言ってる魔王の事も気になるし……あぁ色々と気になって忙しい忙しい!
とりあえず、次回も目が離せなくなりそうです!



次章「わたしは"人間"だからっ」




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


クリックしていただけたら、管理人は大喜びすると思います(何
スポンサーサイト

2013/02/26 Tue. 12:17  edit

Category: .2013年の作品 まおゆう魔王勇者【終】

tb: 7  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1789-7cc54327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まおゆう魔王勇者 第8話 「剣を取って、我が主」 感想

一進一退―

wendyの旅路 | 2013/02/26 19:30

まおゆう魔王勇者 第8話「剣を取って、我が主」

魔王の留守中に青年商人が訪ねてきた。 メイド姉が魔王に扮して接客するが正体を見破られてしまう。 勇者は青年商人の前に姿を現し、解放された開門都市を見せるが…。 ようやく

空 と 夏 の 間 ... | 2013/02/26 19:45

何ひとつ奪わせはしない【アニメ まおゆう魔王勇者 #8】

まおゆう魔王勇者 (1) [Blu-ray](2013/03/20)小清水亜美、福山潤 他商品詳細を見る アニメ まおゆう魔王勇者 第8章  剣を取って、我が主 絆は少しずつ形を変えて強くなる 大切になった

腐った蜜柑は二次元に沈む | 2013/02/26 21:19

まおゆう魔王勇者 第8話

「剣と取って、我が主」 私は私の物、だからせめて私を勇者にあげたい! 騎士に生まれて今まで剣を捧げてこなかった私は騎士にしたって半端者だった、始めに勇者に剣を捧げて

日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w) | 2013/02/27 22:51

まおゆう魔王勇者 第8話「剣を取って、我が主」

「もしかしたら世界で一番最初に  損得では割り切れないものを見つけるかもしれない  俺にもそれを見せてくれ、それが対価だ」 商人を信じ開門都市へと連れて行った勇者 一方、

WONDER TIME | 2013/02/27 23:35

まおゆう魔王勇者 第8章「剣を取って、我が主」

メイド姉の変装を見破った青年商人に勇者が真実を明かして彼を魔王=勇者の側に抱き込む件や、最後の方で聖光教会が紅の学士(=魔王)にイチャモンつけて異端審問にかけようとして...

ボヘミアンな京都住まい | 2013/03/03 00:06

まおゆう魔王勇者 第8話 『剣を取って、我が主』 火竜公女のおっぱいも凄い。

勇者がアプローチを断り切れない理由が分かった。そりゃあのおっぱいとサヨナラするなんて惜しいよね。何、魔王のおっぱいだけじゃ不足なのか?おっぱいがいっぱいあるに越したこと...

こいさんの放送中アニメの感想 | 2013/03/03 10:57

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。