惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

まとめて簡易感想(5月第2週) 




断裁分離のクライムエッジ…更新済
惡の華…更新済(5/9)
とある科学の超電磁砲S…更新済(5/11)





断裁分離のクライムエッジ Cut05

生徒会長・雑賀露見男(ざいが ろみお)が手にしていたキリンググッズの力で操られ祝ちゃんに襲い掛かる高等部の生徒たち…!
大勢で祝ちゃんに群がる様子はどう見てもレ○プシーンでございました、どうもありがとうございます(何
生徒会長さんと副会長・四方堂瑠架(しほうどう るか)とがいかがわしいやり取りをしていたシーンでもそうですけど、やっぱりこの作品って変態的要素が多分に含まれてますよね…w
キリンググッズであるムチを2人してペロペロ舐めあう構図とか、興奮云々以前に「うわぁ…」って思わずひいちゃうレベルでしたw
だってムチに唾液ベットリ、口からもタラーッと垂れてるんですもの……やべぇ、あれはやべぇ!
何でこの作品の悪役的立ち位置の方はクレイジーな人ばかりなんですか!(ぁ

今回、中等部・高等部合同で催されているオリエンテーリングは夜に星座観察の時間が設けられているみたいで、中には気になる人を誘って男女2人だけで眺める人もいるのだとかなんとか。
毎日のように祝ちゃんの髪を切るという立場になった事で「祝ちゃんにとって大切な存在」として見てくれてると思い始めてた切くんでしたが、当の本人は全然そんな気持ちがなかったようですなw
色んな人と仲良くなり始めてからまだ数ヶ月だから、恋愛とかそういった気持ちなんてまだ全然……そりゃあ確かにその通りなんでしょうけど、いざ意中の人が自分の目の前でそんな事を言ってきたら正直グサッときますよねw
まぁでも実際、その通りなんだと思います。
今までずっと1人ぼっちで屋敷の中にいた祝ちゃんが切くんと出会い、幾多の出来事を経て一緒に笑い合える友達と呼べる存在が出来るようにまでなった。
自分の環境を大きく変える出来事がいくつも起きてめまぐるしく動いていたでしょうから、自分の気持ちを整理する時間がまだ取れてないんじゃないかな。
だから自分にとって切くんがどんな存在なのか、まだ自分の中でハッキリと定義づけられてないんでしょう。
小太郎と和(にぎ)みたいに、幼なじみであるがゆえに距離が近すぎるから恋愛対象として見れないって感じだといいのですが…!
あぁうん、かしこちゃん、切くんはどう足掻いても祝ちゃん一筋だから星座観察に誘っても断られると思うんだ。報われない恋、悲しきかな。
次回は操られてしまった切くんを助け出すために孤軍奮闘する祝ちゃんが見られそうなので、楽しみでありますね!
病子が助けに駆け付けてくれるって展開だと燃えてきそうですが、さすがにそんなバリバリの少年誌っぽい流れにはなりませんかそうですか(何




惡の華 第五回

「俺……私と純粋に、ブラトニックなお付き合いを、してください!」「…はい、私でよければ」
春日君がまさかの告白をして佐伯さんがまさかの承諾をした時の私の顔はこちら→( ゚д゚)ポカーン
えっ、ウソマジで!?そんなアホなそんなバカな、超スムーズに2人が出来上がっちゃってるんですけど!?
まぁ2人のお付き合いが決定した瞬間はこんな感じの事思ってましたよねー(何
古本屋で完全にマイワールドがごとく佐伯さんそっちのけで本の話ばっかしてる春日君を見た時は「いや、さすがにそれはちょっと…」と思ってましたが、そういう姿がかえって佐伯さんにとっては嬉しく感じられたって事なんでしょうね~。
告白されたのも初めての事らしいですし、みんな佐伯さんを高嶺の華だと思って自分の事を話してくれなかったとか?
そんな中、春日君は驚くほど自分の事ばっかり話してくれてキラキラと目が光り輝いていて、世の中にはこんな人もいるんだと心が春日君に傾いたから…?
いやはや、とにもかくにもおめでとうございますっ!
…って言いたいんですけどね、これが普通の学園青春ものだったら文句なしの拍手を送れるんですけども。
仲村さんが……うん、主に仲村さんが…(ぁ

春日君と佐伯さんが2人でよろしくやっちゃってる光景を目にした時の仲村さんのあの顔!
おそろっしく真顔でいかにも怒ってます!って感じで、身の危険を感じずにはいられませんでしたよねーw
幸せ絶頂の春日君にバケツに汲んだ水を豪快にぶっかけるあの様、思わず笑っちゃいましたw
「佐伯さんとキスをする」という命令とは全く違う事をした春日君に怒り心頭だったみたいですが、「僕はそんな事をする変態じゃない!」とかなんとか言って来たのに対しまたもや心変わりしたみたいで…
佐伯さんの体操服を盗んだ事も黙って彼女とお付き合いする様子を特別に見守ってやると言ってましたけど、仲村さんは一体何を考えてるのか未だに掴めません…w
前から思ってたけど、やっぱり仲村さんって体操服の件をバラす気は一切ありませんよね。
春日君がどれだけ変態でどれだけ汚れきった人間なのか、その化けの皮が剥がれていく様を見るのを何よりも楽しみにしてるって感じがする。
ただバラしただけじゃその様子が拝めないからずっと言わずに黙ってるんでしょうね、きっとw
いやぁ、ホント……ホント、恐ろしい方でございますよ。
次回、どうなるんかなぁ。




とある科学の超電磁砲S #5

なんでぇなんでぇ、お似合いの姉妹じゃねぇかべらんめぇ!
なんて言いたくなる美琴と御坂妹とのやり取りでございました(´∇`)
アニメ禁書の方でほんの少し彼女を観ただけだったのであまり知らなかったんですが、案外意思が強いというか人に食って掛かる性格なのですねw
クローン人間だから実にシステマチックで機械的な感じかと思いきや、車内に1人残された赤ん坊や木の上で降りられなくなっちゃってる子猫ちゃんを心配したりと
けっこー優しい一面のある子なんですなぁ。
彼女が他の御坂妹と比べて何かしら特別なものがあったのかどうかは分かりませんけど、まるでホントの姉妹みたいな感じで観ててとっても楽しかったですw
客観的に判断するために美琴が付けたゲコ太のカンバッヂを勝手に「プレゼント」と判断したのはアレでしたけども……まぁ、愛おしいと感じている様子がちょっぴりかわいかったからまぁいいか!(ぇ

そして、ついに一方さんの登場でしたね!O(≧▽≦)o
いやー、とてつもなく外道&残忍なお方なのは相変わらずですわ!
確か時期的にかみじょーさんにアレされる前の姿ですから、その残忍性はより強固になってるのでしょう。
実験においておそらく自分は彼に殺されるだろうと分かっておきながら戦い、ボロボロになりながらも必死に生きようとする御坂妹の姿を観てると何だか可哀想で可哀想で…
「他にもたくさんクローンはいるんだから別にイイじゃん」と言われればそれまでなのですが、あんな実験を今までずっとやってきたのかと思うとやるせない思いでいっぱいになりそうです(>_<)
美琴も我慢ならなかったんでしょうね、たとえ人工的に作られたクローンだったとしても妹(?)には変わりない存在でしたし。
戦闘能力的には、おそらく一方さんの方が圧倒的に上なので心配ではありますが……ううむ、どうなるんだろう。
次回も目が離せませんね!





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


クリックしていただけたら、管理人は大喜びすると思います(何

スポンサーサイト

2013/05/11 Sat. 13:26  edit

Category: その他のアニメ

tb: 1  |  cm: 4

top △

コメント

こんばんわ。

相互リンクありがとうございした。

今回出来てきたキリンググッズはヤバイですねw
鞭とか直球でヘンタイさんですよ(^^;
祝ちゃんが頑張る次回を期待ですねw

Yuki #u8OnUPnI | URL | 2013/05/06 00:13 | edit

>Yukiさん

おはようございますー、コメントありがとーございました(´ω`)

いえいえー、多分この機会を逃したら一生お願いしないだろうなぁと思ってたのでw
こちらこそありがとうございました!

今回のキリンググッズは、なんというかこう物凄くヘンタイちっくな印象を受けますよねw
胸の谷間を嘗め回すようにイジイジされてる時の四方堂副会長のあの恍惚とした表情のほどといったら…w
初回からしてそういう路線でいくんだろうなと心の奥底で感じてましたが、放送開始から1ヶ月経ちましたし本領発揮という事なんでしょうか(ぁ
いつもきゃわわな祝ちゃんだけど、がんばってる姿も観てより一層きゃわわな気分に浸りたいですね!


ではではー。

Plutor #Oj.PUqxM | URL | 2013/05/07 10:35 | edit

超電磁砲Sははじめにぎやかあと…(てんてん)でしたね。
前半と後半との温度差が激しすぎて余計に凹んじゃいました…
クローンと言ってもさっきまで一緒に過ごしただけに美琴もつらいだろうな。
妹達編は見ごたえのあるお話だけど美琴目線だと全然違うお話に感じる…
当面はつらいお話が続きそうです…

Z-in #- | URL | 2013/05/11 20:24 | edit

>Z-inさん

おはようございますー、コメントありがとうございましたん。


お!いいじゃんいい姉妹っぷりじゃん!クローンが目の前に現れたら美琴はこんな反応をするのかムフフ!
とか思ってたら中盤以降の流れに同じく…(てんてん)でありました(ぁ
レベル6化計画の概要云々は知ってたので妹達がどういう運命を辿るのか心得てはいたのですが、実際に観てみるとなかなか辛いものがありましたね・゚・(ノД`;)・゚・
多分かみじょーちゃん視点だとけっこー後の方に現れて一方さんをアレして終了だと思われるんですけど
美琴視点ではそうなっていくまでの間の部分が描かれるわけですから悲しみ・苦しみ抜きには観られない話になっていきそう。
御坂妹と接する美琴を描く事で、彼女がより人間らしく見えてきますよねぇ。
次回は美琴と一方さんのガチンコバトルっぽいので、ドキドキです(´ω`)


ではではー。

Plutor #Oj.PUqxM | URL | 2013/05/12 09:27 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1827-6e232989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

断裁分離のクライムエッジ 第5話「―ビフォア・ダ・ゲイム―」

学園のオリエンテーリングは地獄のようにハードだった。 その間も、切は祝の髪を切る約束を守るのだが… 祝の何気ない言葉が切をガッカリさせてしまう。 そんな時に迫る「ペットウ...

空 と 夏 の 間 ... | 2013/05/06 00:10

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。