惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

『猫の恩返し』を観ておりました 




何だって!?今日は『猫の恩返し』がやるんだって!?
この季節になるとジブリ作品が立て続けにTVで放送されるのがもはや毎年の恒例行事となりつつありますが、『ン猫の恩返し』がやる事を私が知ったのはほんの数日前の事。
それを知ってからというものの、早く観たいなー早く観たいなーとうずうず待ち遠しく思いながら今日という日がやってくるのを待ち続けておりました(´ω`)


トラックに轢かれそうになっていた猫を助けた事からハルは猫たちだけが暮らす不思議な世界に連れて行かれる事になってしまい、十字街の裏路地を奥の奥まで進んだところでひっそりと根を生やしている男爵のバロンやふくよかに太った大猫のムタ、カラスのトトやハルが幼い頃に魚のクッキーをたくさん食べさせた事のあるユキちゃんなど
みんなに助けてもらって猫の国から自分の住む世界へと帰還を果たす作品。
まず目につくのは、何といってもバロンのカッコよさですよね。
彼の立ち振る舞いは英国紳士そのもので、ハルが大変な目に遭ってる時はいつでも駆けつけてくれる、まさに白馬の王子様みたいな存在。
とっても強いし、ハルをお姫様抱っこして螺旋階段を駆け上がっていく様は観てる私もちょっぴり心がウキウキしてきてしまうほどでした。
ジブリ作品の中では「トトロ」に次いで2番目に好きな作品ですけど、これといった難しい話になっていくわけでもなく青臭い青春というか甘酸っぱい恋愛的な話になっていくわけでもなく、実に分かりやすいストーリー展開で安心して観ていられるところが気に入ってるんですよね。
それに、真の意味で「悪役」と呼べる存在が誰一人いないところもいいなーって思ってます。
一応敵キャラとして猫王がいるわけですけど、彼だって息子には相応しいキレイなお妃さんと婚姻を結んで欲しいと願っての行動でしたからねー。
その息子から給仕を担当しているユキちゃんと結婚すると聞かされても、祝福こそしませんが恨み言の1つも言わないところがなんかいいなぁって思ってたり。
この作品、私にとっては「観ていて気持ちのいい作品」なのですよねー。

自分とは全く違う世界に憧れ「この世界も悪くないかも」と一旦は感じるものの
ドタバタとした数々の不思議な出来事・周りのみんなから手助けしてもらう事で、「やっぱり今の世界の方がいい」と今自分が生きている日々の大切さを再認識したハル。
たった1日の不思議な世界での出来事・冒険はきっといつまでもハルの心の中に思い出として残り続けるんだろうなぁって思います。
今という日常があるからこそ、非日常が楽しめるというもの。
ハルがまたバロンたちと出会えたらいいなぁ、なんて感じさせてくれる終わり方はやっぱり、何度観ても変わらずステキだなと思わせてくれましたねー。
『猫の恩返し』、楽しかったです!
スポンサーサイト

2013/07/19 Fri. 23:20  edit

Category: 日記

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1862-e4b96175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。