惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

まとめて簡易感想(12月第5週~2014年1月第1週) 




リトルバスターズ!~Refrain~…更新済




リトルバスターズ!~Refrain~ 第13話(最終話)

あらかじめ言い訳しておきます。つい今しがた起きたばかりの寝起きで観たので凄まじくローテンションです。
そうあらかじめ予防線を張った上で書き始めるのですが、最終話を観た上で真っ先に感じた事と言えば「イイハナシダナー」でした(ぇ
いや、みんなが仲睦まじい日々を取り戻してくれたのはいい事だと思いますよ?
みんなが笑顔満点で楽しそうにしてる姿を観てるとこっちも嬉しい気分になってきますし、そういや西園さんってリトルバスターズに正式加入してからカメ子になってたなーと懐かしい気持ちを味わえましたし。
みんなの写真を撮ってばかりで自分はあまり映ってない西園さんのために真人(おそらく)がカメラ役を代わって彼女の写真を撮ってあげるシーンなんて、優しいなーとむふふな気分に浸ってましたし。
それはそれでいい事だし、彼ら彼女らにとってそういうありふれた日常というのは数々の苦難を乗り越えた先にあるものだから並大抵の努力で成し遂げられたものではないという事も分かってはいるのですけど…
来々谷姉御やら真人やら謙吾やら小毬ちゃんやら恭介やら、リトルバスターズのメンバーが2人にあれだけ「いかにも」な台詞を残して消えていったにもかかわらず、フタを開けてみたら崖からけっこー深さがあるであろう地点までバスが転げ落ちたのに誰1人として死人がいなかったという最高すぎる結末がやっぱりどこか腑に落ちないところなのよね。
まぁ、ひねくれた性格である事は自分も自覚してるので、うがった物の見方をしてるからこういう気持ちになっちゃうんでしょうけど。
「ぁ、もしかしたら恭介だけは命を落とす展開なのかな?」って素で感じてましたからね私、ホントに全員助かっちゃったから「ギャグかよ」とも素で思ってました。
あかんですね、こういうのは素直に喜ばないとあかんですわ…

生きる事は、失う事。
未だ世界を知らないけど、この先失う事は知っている。
出会ったらいつか失われてしまうわけで、それはとっても辛くて悲しい事。
それでも誰かと出会いたい、関わっていきたいと人間が恋焦がれるのは、まさしくいつか失う事を本能的に理解しているからなのかもしれませんね。
命が有限であるからこそ、人はその限られた時間の中で自分が幸せな人生だったと思える日々の1ページ1ページを心に刻んでいきたいと感じるのかもしれません。
もう2学期、されど2学期。理樹たちリトルバスターズはこれから一体どんな思い出をノートに綴っていく事になるんでしょうね?
どうか、お幸せに。あれこれ言ってた私がこう言うのもなんだけど、幸せな日々が送れる事を心より願ってます。


そんなわけで、去年?の10月~今年の3月の1期に今年10月からの2期と約3クール分を使って描かれてきた『Little Busters!』も終了ですねー。
「EX」(エクスタシー)もアニメ化されるとの事ですが、とりあえず本編は終了という位置付けでいいのかな。
…うん、そうだなぁ。今までの話をぼんやりと頭に思い浮かべてるのだけど、これといって言葉が思い浮かばないのよね…(待
でも、毎回毎回リトルバスターズのみんなは本当に楽しそうに日々を過ごしていて、あれはみんなの想いが力となって形作られた偽りの世界ではあったけれど、観ていて青春時代特有の眩しさやら美しさを感じる事が出来たような気がします。
メンバー1人1人に秘められた辛い過去や悲しい現実、苦難を理樹が中心となって(?)1人1人解決していくというのも観ていて気持ちのよいものでした。
最後まで安定してて2期に入ってからはあれこれ考えさせられる事も多くなったりで、私としては観てて面白いと思える作品だったと思います。
funnyじゃなくてinterestingですね、何かと考えさせてくれる作品が好みだったりします。
…うん、こんなところかなー。これぐらいしか思いつかないんです、ホント←

それでは、最後になりましたがスタッフならびに出演者の皆様、お疲れ様でした!
コメントにて色々と説明を加えて下さった方も、毎回興味深く読ませていただきました。
ありがとうございました(´ω`)




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


クリックしていただけたら、管理人は大喜びすると思います(何
スポンサーサイト

2013/12/30 Mon. 00:00  edit

Category: その他のアニメ

tb: 4  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1966-5f39181d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リトルバスターズ!~Refrain~ 第13話「リトルバスターズ」

失う悲しみより、出会う喜びのほうが強いんだ! もう一度みなに会いたいと願い、理樹は現実に抗う…。 その果てにようやくたどり着いたエンディングへ。 3クールに渡って描かれたこの作品もついに完結です。 理樹と鈴は良く頑張りましたね!  

空 と 夏 の 間 ... | 2013/12/30 23:14

リトバス Rf 第13話「リトルバスターズ」

 仲間たちの思いを手に、彼らはここへやってきた。  過酷な現実を乗り越えるために。  そして、その力をくれた仲間たちを救い、またともに笑い、一緒に前へ進むために。  できるだろうか。乗り越えられるだろうか。  ふとそんな思いが彼らの頭をよぎる。でも、そこで諦めることは無いだろう。彼らが越えてきた道のりは、その先を保証するぐらい過酷なものだったのだから。...

Old Dancer's BLOG | 2013/12/31 23:24

リトルバスターズ!~Refrain~第13話

感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2014/01/08/205235 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。 こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。 ...

二次元世界を追い駆ける日々 | 2014/01/08 21:31

リトルバスターズ!~Refrain~ 第9話「親友(とも)の涙」―第13話「リトルバスターズ」

時間が取れなかったりなんだりで今月に入ってからずっと感想書けないでいたら、いつの間にか年末で最終回を迎えることになってしまいました(苦笑)。1期からの長い間、スタッフの皆さんは本当にお疲れさまでした。ザックリとですが、これまでの分をまとめて総括ということで・・・     9話「親友(とも)の涙」 あらすじ 真人の次は謙吾を仲間にする番だった。 だが謙吾は何かを知っている様...

ボヘミアンな京都住まい | 2014/01/09 22:00

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。