惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

書店で偶然見つけました 




今日は午後に週マガとコミックブレイドを今更買いに近くの本屋さんへ足を運んだんですが、そこで何気なくライトノベルコーナーをうろちょろしてたらこんな作品に出くわしました。
俺の教室にハルヒはいない

この作品が目に留まり足を止めた人は十中八九、「ハルヒ」の文字に心惹かれた事と思います。
でも、私はそんな部分には目もくれず「新井輝」という部分にひたすら心が揺り動かされていました。
この「新井輝」という作者さん、私にとっては非常に懐かしいお方です。
もしや、彼なのか…?と思ってつい今しがた調べてみたんですが、やっぱり同一人物。
この方は今は無き富士見ミステリー文庫というレーベルで『ROOM NO.1301』シリーズを長い間続けていらっしゃった作者さんなんですよね。
この作品、もう今は全然ライトノベルには手を出しておりませんけども、私が初めてライトノベルというものを購入するに至った作品なんです。
きっかけは他と比べてイラストがずっとシャープで「こいつは他の作品とは違う」という気持ちにさせてくれたという、極々単純なものだったんですが、妙にどこか切なくほろ苦い青春譚が展開されていてじっくり読ませてもらったと記憶しています。
そんな、私にとっては思い入れの深い作品の作者さんが新シリーズを刊行し始めたというのです。
基本的に作家ではなく作品を好きになるタイプなので作家さんを追いかける事はしないんですが、今回は別です。
このシリーズ、買います。いや、買わせていただきます。
どんな作品かも知りませんが、とりあえず1巻を買わせていただきます。
新井輝さんの作風が私の知る以前のそれと変わっていなければ、今作でも楽しめるはず…!
スポンサーサイト

2014/01/16 Thu. 16:09  edit

Category: 日記

tb: 0  |  cm: 2

top △

コメント

Plutorさん おつかれさまです

「俺の教室に~」は既刊2巻読んでいますが
独特の雰囲気がよくて
楽しみにしているシリーズのひとつです

自分はROOM NO.1301 シリーズの方を
途中までしか読んでいないですが
雰囲気は似たものがありましたね
苦くて少しだけ甘い青春物語
Plutorさんも楽しめるのではないかな~と思います
よろしければまた感想など聞かせてください

RENPOUNASU #- | URL | 2014/01/17 00:06 | edit

>RENPOUNASUさん

こんばんはー。

ほむほむー、「ROOM NO.1301」シリーズと似た雰囲気があるんですね(´ω`)
それを聞いて一安心、尚更読みたくなってきましたw
それ以前に、このシリーズを他にも知ってる方がいる事にキャッキャウフフです(何
『いとみち』の方がまだ3分の1を少しいった辺りまでしか読めてないんですよねー、一体この作品を買うのはいつになるのかなぁ。
まぁ、まだ当分の間は書店から消え去る事はないだろうと踏んでますので、今読んでる作品をゆっくり読んで片付けてから手をつける事にいたします(´∇`)
せっかく買った小説、じっくり楽しみたいですからね(ぁ


ではではー。

Plutor #Oj.PUqxM | URL | 2014/01/25 18:21 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/1979-88460f7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。