惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

まとめて簡易感想(8月第3週) 




東京喰種-トーキョーグール-…更新済(8/15)
アルドノア・ゼロ…更新済(8/18)




東京喰種-トーキョーグール- 第7話

次回はいよいよ真戸&亜門とカネキ&トーカが激突する話…?
真戸に殺されたリョーコさんの敵討ち、ヒナミちゃんのために復讐をしようとリョーコさんの死亡に関わった捜査官たちに襲い掛かったトーカが駆けつけた真戸に返り討ちに遭っていましたが、んーやっぱり駆け足気味に感じられますね。
カネキの「ぼくはトーカちゃんが死んじゃったら悲しいよ」という一言も、原作だとそれなりにインパクトを受けた気がするのですが……ううむ、アニメだと何だかただのワンシーンかのようにサーッと流れていった印象を受けましたね。
まぁ、OPにもあるようにカネキが白髪になる部分までやらないといけないでしょうから巻きでやってるんでしょうけども。
父親に続いて母親まで失ったヒナミちゃんの事を思うと、辛い気分になってくるなぁ…

リョーコさんの死に関して一切関与をしない、捜査官に顔を見られてしまったヒナミちゃんを近いうちに別の区へ異動させるという判断を下した店長は何も間違ってるわけじゃないんですよね。
周りの人の事や白鳩に手を出した後どうなる事が予想されるのか、カネキの言う通り色んな事が見えていてその上で判断を下してる。
13区で暮らす喰種たちの安全を思えば、いくら仲間を殺されたとは言え手を出すわけにはいかないんですよね…
トーカもその事は分かっていて、自分がこれからやろうとしていることは決して正しい行いではないという事も分かっていて、だから1人で全てを背負い込もうとしていたんだろうな……結局はカネキの乱入で彼にも一枚噛んでもらう事になってしまいましたがw

また、リョーコさんやヒナミちゃんのように罪のない喰種たちが捜査官に殺されてしまうのを黙って見ていられないという喰種側の正義(今回に関してはトーカに限った事のように思えてきますが)がある一方で、罪のない人々や仲間である同じ捜査官を殺めている喰種は許されていい存在ではないとする亜門側の正義も存在しているという構図が出来上がってるところが面白いですよねー。
片方にとってもう片方は悪となっていて、そのもう片方にとって片方は悪になっているわけで……この両者の決して交わる事の出来なさそうな関係を、人間でもあり喰種でもあるカネキが変えていく事になるんでしょうか?
喰種に執拗なまでな執着を見せる真戸にも何かしら悲しい過去がありそうですが、それよりも次回の両者の激突に期待……かな?




アルドノア・ゼロ EP07

多数のロケットパンチを繰り出し戦う火星のカタフラクト・ヘラスのパイロットであるフェミーアンとの決戦の後半戦です。
前回は間一髪のところをスカイキャリアに乗ってやって来たスレインに助けられましたが、いやもうそっからの展開もアツい…!
全くの見ず知らずの相手なのに敵の敵は味方だとして、背中はお前に預けるぜとでも言わんばかりに自身は眼前のロケットパンチを撃ち落とすのに集中する感じもいい。
スレインのスカイキャリアに飛び乗って敵同士が共闘する感じも素晴らしいものがありますし、武装を全て破壊したと思ったらヘラス自身がロケットパンチとなって襲い掛かってくる展開も非常にアツかったです!
いやー面白い、ホント面白い。中二心をこれでもかってぐらいくすぐってきますね…!

ヘラスとの戦闘中に偶然見つけた隠しドッグの中で眠っていた15年前の件の化け物、火星のカタフラクトをマグバレッジ艦長たちが発見した時は「あれ?確か現皇帝の血族ならカタフラクトを動かせるはずだからアセイラム姫が動かす事になるんじゃね?」なんて思ってましたが
まさかカタフラクトどころか戦艦まで登場してくるとは…w
フェミーアンはその戦艦にキレイにひかれた後、ライエに狙撃されてトドメをさされて退場していきましたが、もしやあの火星のカタフラクトと戦艦があれば火星騎士たちと互角に戦う事が可能になるのでは…?
そして最後の「あなたは僕の敵ですか!?」というスレインの問いに対する、伊奈帆の「君は僕の敵だ」という答えは何ともまぁ…
伊奈帆はかなりのキレ者ですから、彼の頭の中ではどのように今回のヴァース帝国との戦争を終結させればいいのか、その具体的な部分に至るまである程度構想が練られているんでしょうね。
アセイラム姫が生きている事をヴァース帝国の連中に示して脅して和平を結ぶにしろこのまま戦いを続けていくにしろ彼女の存在が必要不可欠になってくるでしょうし、スレインの存在が自分の考える作戦を遂行していくにあたって妨げになると伊奈帆は判断したんでしょう。
そう判断した途端にさっきまで一緒に戦った相手だとしても容赦なく切り捨てる……実に冷静、実に冷酷ですね。
次回はどう物語が展開されていくんでしょうか、楽しみですねー。




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


クリックしていただけたら、管理人は大喜びすると思います(何
スポンサーサイト

2014/08/18 Mon. 20:14  edit

Category: その他のアニメ

tb: 1  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/2077-0471dc97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アルドノア・ゼロ 第7話「邂逅の二人 -The Boys of Earth-」 キャプ付感想

君は僕の敵だ…。  スレインと伊奈帆、共闘!  しかし戦い終わって…あっさり敵という伊奈帆。  どうしてそーなるの?(^^;     フェミーアンを相手に、伊奈帆はスレインのスカイキャリアと連携して反撃。 戦いの中、種子島の秘密ドックへの入口が見つかる。 そこには15年前のヘブンズ・フォールで鹵獲されたものがあった…  

空 と 夏 の 間 ... | 2014/08/19 22:19

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。