惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

「ぼくのご主人様!?5」について 

シリーズ物の第5巻。
吉香たちの世界の石段は壊されてしまったのに吉朗が吉香と入れ替わってしまうという内容、あとがき合わせて233ページです。
あとがきによると、今巻で一旦終わらせるのだとか…本当かどうかは不明ですが、ちゃんと書かれてるので事実なのでしょうね。
では、行きましょ~
終わらせるのにふさわしい出来でした、暗号を解いていくところなんて面白くて堪りませんでしたよ(何
暗号解読に算額の話を入れていたり、貴史と由紀夫が絡んできたりと終わらせる気満々だなぁと感じました。
暗号を解いていっていた千尋は楽しんでたような気がするのですが、実際はどうなのでしょうかね?
読んでた私が楽しんでたので千尋はもっと楽しかったような気がするんですけどねw
暗号を解き終えて、目当ての物がある場所が最初の暗号を見つけた場所の近くにあったというのは予想外、ありがちっちゃありがちでしたけど。
吉朗はちゃんと入れ替わりが出来たのに、麻琴は入れ替わりが出来ずにずっと眠り続けていて寂しかっただろうなぁと思いました。
だからこそ、吉朗と麻琴が再会できた時は「良かったなぁ」と感動できたんですよね、見せ方がお上手でした^^


自分が気に入っている順に並べると4巻→2巻→5巻→1巻→3巻でした、すみません3巻はほとんど記憶にないです(おい
4巻はほんと面白かったですねぇ、文化祭の話は1番のお気に入りですよ。
吉朗と麻琴の絆の深さを再確認できた話ですし、吉朗の制服へのマニアっぷりが垣間見れた話でもありますからw
当然の事ながら、巻を重ねる事にイラストも上手になっていて…やはりその面から見ても4巻はお気に入りです。
読み終えると何だか物寂しい感じになったのは私だけなんでしょうかね、またいつか話を進めて欲しいなと思ったり。
でもまぁ、これで終わりだとしても一旦終わりだとしても丁度良いタイミングだなと思います、長々と続けるとマンネリ化に繋がりますし。
作者の鷹野さんとイラストを描いていた和泉さん、2年間お疲れ様でした。
特に鷹野さん…あとがきでは毎回笑ってしまいました、あとがきを読むのが好きな私にとってはあとがきだけでお腹一杯でしたw
イラストは物語を壊す事なく程よく引き立てていて良かったです、ナイスなコンビでした^^



スポンサーサイト

2007/12/30 Sun. 20:43  edit

Category: .書籍物の感想 ライトノベル

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/208-867d10a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。