FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

「ROOM NO.1301 #4 お姉さまはヒステリック!」 

シリーズ物の第4巻、プロローグとエピローグ+1編であとがき合わせて267ページです。
私はあとがきを先に読む方なんですが、なかなか面白かったです(何
本編とは対照的と言えるほど明るさに満ちていて、とにかく面白かったです。
では、行きましょ~。
今巻での大きな出来事は「健一と蛍子が離れ離れになった」ことと「日奈、もといシーナのマンション入居」の2つでしょうか。

まず1つ目の方ですが、最悪な状態になったなぁと。
離れ離れになった理由は読んでみて下さいと言っておきます、個人的には誰も悪くない気がするんですよね^^;
そりゃあ、一般的に言えば健一と蛍子は姉弟なのでアウトな訳ですが、簡単にダメと言えるような話ではないんですよね。
だから健一の父は健一と絶縁するのではなく、健一と蛍子を離す道を選んだのかなと。
時間が解決してくれるというのは決して良くはない考えなのかもしれませんが、きっと解決してくれると思う事は悪くないんじゃないかなと。
何でしょうね…上手く言葉に出来ませんが、きっと健一も蛍子も幸せになるような結末が待ってると思うんです、多分ですけど。
それがいつになるかは分かりませんし、そんな結末はずっと来ないのかもしれませんけど、来ると良いですよね^^

次に2つ目、最初の辺りを読んでる限りは「日奈は二重人格なのかな」ぐらいに思ってましたが、まさか体は女性で心は男性という性同一性障害だとは思いませんでした。
日奈の性別が本当は男で佳奈が好きだということ、それは健一×蛍子とさほど変わりがないということを意味するんですよね。
同じ状況に立たされている健一だからこそ、シーナ(日奈)の想いを否定しないのでしょうね…切ない、切な過ぎます^^;
日奈にとってシーナは…そうですね、自分がなりたい姿というか、憧れのような存在なのかもしれません。
健一と同じで日奈も幸せになるような結末にはならないのかもしれませんが、幸せになってくれたら良いなぁと。
ある事がらに関してどう思うかは人の自由ですよね、うんうん。


まぁ、この手の話は自分で読んでみないと分かりづらいなとは思ってましたが、文章にするのはほんとに難しい。
私の文章力がないせいかもしれませんが、ちょっとキツいですね^^;
とにもかくにも次も楽しみです、本編も鈴璃が出てるかどうか気になるあとがきもね(何



スポンサーサイト



2008/03/21 Fri. 14:36  edit

Category: 日記

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/219-7cc2d33e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △