FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

アリソンとリリア 第7話「託された者たち」 

戦闘機を自由自在に操れるアリソンの操縦センスは恐ろしい(何
今回はフィーがベネディクトに自分の正体を明かす話。
ニヒトー議員、何だか悪そうな顔してます(ぁ
では、行きましょ~。



首都に行くためには飛行機を借りなければならず、4人はスー・ベー・イルの駐屯地へ。
ベネディクトがフィーを乗せて遊覧飛行をする、という偽りの目的を伝えて2人は戦闘機を借り。
そして、飛行機が故障したかのように不時着したのは作戦で、皆が不時着した飛行機に駆け寄っている隙にアリソンとヴィルは最新型の戦闘機を拝借w
アリソンにとっては借りる=もらうなんでしょうね、壊さないか心配です(ぁ

しかしそう簡単に上手くは行かず、滑走路は車によって封鎖され。
仕方なく2人は離陸場所を崖へと変更、街を一直線に突っ切る突っ切る!
あの、飛行機が曲がれるほど道路って広くないと思うんですけど。
というか、あれだけ走ってたら離陸可能速度に到達してそうな気が。

戦闘機の中でフィーはベネディクトに巻き込んでしまってすまないと言い。
それに対してベネディクトは「こっちこそこの国の王女様を独り占めしてしまった」と。
フィーはベネディクトに笑顔を見せ、自分は王女ではないと告白。
ベネディクトの言葉にケッとか思いつつ、嘘を吐く気満々で皆に知ってもらおうとするフィーには驚きましたw
本当の王女が亡くなっているのなら彼女は一体誰なのでしょう…少なくとも、王家に関係する人物ですよね?

ヴィルは思い出したかのようにアリソンに何か伝えたい事があったのではと言い、動揺したアリソンは不安定な操縦に。
どうしてとかヴィルは言ってますけど、伝えたい事が何かは知らないので仕方ないのかもですね。
まぁ、察して下さいと言っておきますw

フィーはベネディクトに自分の正体を告白すると。
その告白を受けたベネディクトは少し悩み、フィーに自分が本当の英雄ではない事を告白し。
秘密を告白し合うってのはそれだけ互いが互いを信頼しているからなんでしょうね。
しかしながら、操縦もせずにフィーを口説くベネディクトはどうなんでしょうw
別に口説くのが悪いとは言ってないですけど、前を見ずに横を向いてばかりってのは危ないと思うんですw

フィーとベネディクトはニヒトー議員の演説会場に強引に不時着、観衆に顔を見せるなり英雄発言w
あんなに観衆が居たのに、あえてど真ん中に着陸するとか迷惑な気がw
確かにインパクトは大事なんでしょうが、市民を巻き込む可能性とかは考えなかったのでしょうか。

ニヒトー議員の演説の場を借り、ベネディクトはフィーを王女だと紹介。
発言しようとするフィーをニヒトー議員が止め…というところで終わり。
うん、とりあえずニヒトー議員が止めるのは思いがけない展開ではないですな。
というか、止めに入る時の言葉が異議ありとか、某ゲームを連想させます…他の台詞がもっとあったでしょうにw
あぁそうそう、アリソン達っていつになったら不時着するんでしょうね(ぁ


やはり村の人達はフィーの正体を知ってたみたいですね、本当の王女ではない事も知ってそうな気がします。
フィーの正体が視聴者に分からないようして次回に繋げるのはよくやる手段ですねぇ、気になるので次回に期待です。
ニヒトー議員がフィーを連れ去ってるシーンが予告にありましたが、一体どうなるのでしょう?

ベネディクトとフィーは引っ付くのだろうと何となく思ってましたが、こうも速いとは…ベネディクトの言葉はキザにも程がありますよ^^;
でも実際、あんな言葉をかけられたら悪い想いはしないだろうなぁと想います。
まぁ、山ちゃん声なので私は吹いてしまいますがw


次回「王女様と英雄」



 次回はニヒトー議員の悪者っぷりにも期待。

スポンサーサイト



2008/05/16 Fri. 19:06  edit

Category: .2008年の作品 アリソンとリリア

tb: 2  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/273-f219cbd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アリソンとリリア 第7話

今回は、フィオナを連れ首都に到着するお話でした。 王女様かと思ったら実は偽者でしたという話は、まさかまた驚かされることになるとは。 それにしても偽者同士いい雰囲気過ぎるのが困ります(笑)。 まさかまたしても飛行機を“借りていく”ことになるとはねぇ(笑...

パズライズ日記 | 2008/05/17 01:55

アリソンとリリア 第7話 「託された者たち」

古きよき時代を思わす世界が舞台でも。 話までオールドスタイルなのはちょっとと思ったり(^^; 児童書の話とかと思って、するっと見るの...

SeRa@らくblog | 2008/05/17 13:51

top △