FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ 第11話「アーハンブラの虜」 





いざ脱いでみると気持ち良いかもとか、ルイズが変貌していっておりますぞ!(何






今回はタバサを救出する話。
タバサを助けるため、城兵を眠らせる作戦を考えるサイトたち。
救出二の次でレッツダンシング?w
では、行きましょー。


酒場に居た兵士にキュルケは色仕掛けを使い、タバサがアーハンブラ城に居る事を聞き出します。

ダバサを救出するため、眠り薬を混ぜたお酒を城兵に飲ませる作戦に出るサイトたち。
その作戦の内容はルイズたちが踊り子として城兵の前で踊り、その勢いで飲ませるという…いわば、色仕掛け。
色仕掛けが好きな作品ですねw
とりあえずテファはダメでしょう、普通に考えて胸当てが落ちるはずw

一方、コルベール先生たちはアニエスの手によって釈放されます。
憎しみは憎しみしか生まない、憎しみの連鎖を断ち切る機会を与えてくれたのだ…アニエスはそう言います。
アニエスとコルベール先生の仲が良くなるなんてのは夢のまた夢なのかもしれないけど、憎しみを捨てただけでも大きな成長ですよ


城内に入り、早速踊りを始めるルイズたちですが。
自然に踊れないテファとルイズは上半身を動かしてばかり。
テファが胸があるから動かすだけでも十分だけど、ルイズは…ねぇ?
ぺったんこの人が上半身を動かしても笑い者になるだけですよねw

自分が自分でいられるのは今夜までだからと踊りの見物を許可するエルフ君ですが、タバサはその申し出を拒否して読書に没頭。
本の中の主人公に自分を重ね合わせ、涙を流すタバサ…
諦めたらそこでもう終わりというのはどこの世界でも言える訳で。
自らの手で仲間を裏切ったとは言え、どうして仲間を信じられないんでしょうか?
踊りの見物に行けば自分が1人じゃないって事が分かったのにね。


サイトが舞台に上がって時間稼ぎをしている間、舞台裏で休憩するルイズたち。
ルイズは城主が自分の事を気に入ったから会いたがっているという話を耳にします。

ルイズは皆の役に立つため、城主の部屋へと向かいますが…この男爵、何と貧乳好きだった!w
案外居るんですよねー、小さい方が好きな人。
まぁ良かったじゃないですか、需要があって(何

男爵の口ぺったんこの胸やら貧乳やら侮辱の言葉が何度も発せられますが、必死に耐えるルイズ。
早くお酒を飲ませて眠らせようとしますが、胸当ての中に隠してあった眠り薬がいつの間にか無くなっていた!
出し入れしやすいのは分かりますが、胸がぺったんこなのにそんな所に隠すからいけないんですよw

酔いが最高潮に達した男爵はルイズに襲い掛かってくる。
さすがのルイズも杖なしでは成す術無しでしたが、サイトやテファの忘却魔法のおかげで危機を脱します。
いくら好きだからって襲うのはご法度でしょうw
それがたとえ、露出だらけの人だったとしても。


城兵たちを見事眠りに就かせたキュルケたちの前にタバサを連れ去ったエルフ君が立ち塞がります。
エルフ君の精霊魔法にサイトの斬撃までもが止められ、苦戦しますが。
ルイズの虚無の力をデルフにかける事により、エルフ君を撃退!
エルフは元々争いを好まない種族だと言うテファの願いから、エルフ君に止めをささずに逃がしてやります。


エルフ君にタバサへ繋がる扉を開けてもらい、ようやく皆と再会。
一緒に喜びを分かち合う一方、最終決戦に向けて何やら企んでいるガリア王なのでした…


うん、ツッコミ所がたくさんあって面白かったです。
タバサをあっさり助けてしまうのはさすがですねー、感動も全くありませんw
悩んでる時の方がよっぽど心が動かされましたよ(何

さてさて、次回はいよいよ最終回。
もうタバサの救出が出来たので、ガリア王と戦う必要があるのかと思いますけどね(ぁ


次回「自由の翼」
スポンサーサイト



2008/09/21 Sun. 19:34  edit

Category: .2008年の作品 ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~【終】

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/388-d88eaacf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △