FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第24話「ダモクレス の 空」 

玉木ほんと使えねー(何


今回はついにルルたちがダモクレス内部に突入する話。
兄を止めるため、何発ものフレイヤを発射させるナナリー。
彼女は一体何人の命を背負うのでしょうか…
では、行きましょー。


ダモクレスにフレイヤを撃たせ続けるルルですが、味方が減っていくばかり。
ダモクレスを止めようと攻撃しても、強力なシールドが張られていて手も足も出ません。

星刻ら黒の騎士団はダモクレスが次のフレイヤを発射するのな必要な時間、10分間で人質を救出しようと突撃します。
その行く手を阻むのは鬼神のごとき働きを見せるスザク…しかし藤堂さんや玉木の助けもあり、アバロン内部に侵入する事に成功する。
結局、藤堂さんは死なずに生き残りましたねー。
…いや、死ぬべきだったなんてこれっぽっちも考えてませんよ?(何
玉木の呆気なさはもうお約束ですよねーw

黒の騎士団との戦闘で受けたダメージは甚大で、アバロンは墜落をします。
ルルはこれまでよく仕えてくれたとセシルさん達に言い残し、自ら戦場へと赴く…

蜃気楼に乗り込もうと向かっている途中、ニーナと話し合いをするルル。
ニーナはユフィの望んだ世界を実現するため、そして自分自身の答えを出すために協力しただけと…

ニーナと別れた後、蜃気楼が納入されているスペースに到着するルル。
ちょうどC.C.も帰還して、無事だったのかと心配するルルですが…突如、紅蓮が乱入する!

ルルはあわや死亡かと思われましたが、C.C.の妨害のおかげで蜃気楼に乗り込む事に成功し、辛くも脱出する。
その後C.C.は紅蓮と戦いますが、紅蓮の猛攻に敗れてしまいます。
まぁ、パイロットの技術もマシンスペックもカレンに遠く及ばないC.C.が負ける事は目に見えてたんですけどね。
勝ち負けにこだわったって事はそれだけ生きようという意志があった訳で…ルルのおかげでC.C.は変われたのかもしれませんね。
それにしても、あの専用ナイトメアは本当にルルの盾役なだけだったんですねw
てっきり、何か特殊な機能が備わってると思ってたのに(ぁ


フレイヤ対策用の槍を携え、ダモクレスに向かうルル。
フレイヤの発射準備が整い、フレイヤはルルを狙って発射されます。

フレイヤの爆発を止めるには刻々と変わっていくデータに対応したプログラムを組まないといけないらしく。
たとえプログラムが完成したとしても、実行する時間はとても短くて…その総時間、何と19秒と0.4秒!

その越えられないはずの壁をルルとスザクのコンビネーションで突破し、フレイヤの爆発を食い止める!
いくら奇跡を起こす男とは言え、これはさすがにないですわw
「今だスザク!」とか言ってる間に0.4秒は経ってると思いますが?w


フレイヤ発射用に開けられたシールドのない場所から、ルルたちはダモクレス内部に突入します。
シールドの内側に入れずに死亡する味方Aに泣けるw

順調に上へと昇っていくルルたちですが、背後からジノが襲ってくる!
ジノの足止めはスザクに任し、シュナイゼルの元へ急ぐルル。
ジノはずっと待ち伏せしてたんでしょうかw

シュナイゼルは脱出した後にダモクレスを爆破しようと考えているらしく。
脱出艇に乗り込むシュナイゼルたちですが、それはルルの罠だった…!

ルルは脱出艇の周りに居る人たちにもギアスをかけていて、モニターを通してシュナイゼルと話します。

シュナイゼルは不変の平和のため、今日という日を求め。
不幸に抗い、未来を求める人たちをたくさん見て来たルルは幸せがある明日を求めると…
2人の求める道の違いは人々の事を考えているかいないかですね。
学生として、またゼロとして生活した事のあるルルには気付けるのでしょうけど、ずっと皇族の位置に居たシュナイゼルには気付けない内容かもですね。

シュナイゼルは話を切り、早く殺してくれと言いますが。
モニター越しに居るはずのルルが何故かすぐ側に…モニターのルルは録画映像だったと。
ルルはシュナイゼルを殺そうと思っておらず、最初から従わせるつもりだった!
ルルに銃口を向けるディート、ですがシュナイゼルの凶弾の元に倒れる。
最後にギアスで命令をというディートでしたが、ギアスを使う価値などないと見捨てられて散ると…
因果応報というか自業自得というか、ディートは最後まで悪でしたね。
最後の願いがギアスをかけて欲しいなんて…死んだら意味がないですよねぇ。


はフレイヤの発射スイッチを手に入れるため、ナナリーの居る所へ。
発射スイッチを渡してもらおうと説得を始めるルルですが、ナナリーの意志は堅く。
しかも、ナナリーがついに開眼する!

自らの意志でギアスの力を退けたナナリーに対し、驚きを隠せないルルなのでした…
あー、話がさらにややこしくなったような気が
ただでさえ詰め過ぎでついて行くのが困難な状況なのに、何でそんな事をするんだか。
最後まで驚かせたいようですね、制作スタッフさんたちはw



いやぁ、更新が大幅に遅れてしまって申し訳ないです。
観てなかった訳ではないんですけどね、純粋に書く気が起きませんでした(ぁ

えー、早速今回の話ですが。
ギルフォードはもういいや、

どう説明するか楽しみですが、次回は回想シーンが多そうだからそんな暇はなさそう
というか次回は最終回ですよね?
前期みたいに持ち越しって事はない…よね?
もうそれだけが心配です、すっごく。
あと1話分余裕があれば、何て結末にならなければ良いのですが



次回「Re;」
スポンサーサイト



2008/09/25 Thu. 05:55  edit

Category: .2008年の作品 コードギアス 反逆のルルーシュR2【終】

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/390-5d8802ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △