FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

「リリスにおまかせ!②」について 

「リリスにおまかせ!」シリーズの第2巻。
あとがき合わせて251ページ。


時は流れて文化祭。
クラスの出し物であるメイド喫茶の準備をせっせと進めるサタンちゃんたちの前に、以前部下だったベリアルが現れる…という話なんですが。
この作品に慣れたからかもですが、悪くはなかったなぁと思います。
サタンちゃんがクラスの皆と協力して文化祭の準備をする様は読みごたえありましたし、サタンちゃんとリリスの絆の深さを強く感じました。
それに愛沢の不器用なんだけど、皆のためを思っての行動にも感動を覚えましたし…
1巻と比べると、熱心に読んでいたような気がします。

でも、決して太鼓判を押すほど良いとは言い切れないのですよ
話が悪い訳じゃないんですが、いまいちインパクトに欠けてるっていうのかな。
ベリアルとサタンちゃんの対決とかどうでもいいです(おい
あれは私もよく分かりませんでしたからねー、生肉が豪華な料理に勝つとかw
美術対決に至ってはキャンパスが一面真っ黒なだけの絵が勝っちゃうんですよ?
「闇だ」とか言われたって納得できませんよ!?(ぁ


ツッコミ所満載でギャグとしては面白いんですが、読み返す気にはなれないタイプなんですよね、この作品。
でも、リリスの成長を見ていきたいというのが本音な訳でして。
ダメだったらこの巻で止めようと思ってたんですが、次が出たら買おうか止めようかすっごく悩んでるんです
一旦保留にして、次も買おうかなぁ…とか言ってると、結局ずっと買い続ける事になるような気がしないでもありません(ぁ
スポンサーサイト



2008/09/25 Thu. 05:57  edit

Category: .書籍物の感想 ライトノベル

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/391-7916cdeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △