FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

あかね色に染まる坂 第12話(最終話)「あかね色に染まる坂」 



ちょ、最終話になってなごなごが2人だった事が明かされても困る(何




今回は準一が優姫・湊にしっかりと向き合う話。
優姫と湊が家を出ていってしまい、孤独になった準一。
自分にとって、湊はどんな存在なのかを考え出す準一ですが?
では、行きましょー。


戦闘機に乗って突如現れた長瀬父&母。
2人は準一に車に乗せてもらっていた人達が敵の組織『見えざる手』である事を明かし、ミサイルで撃退!
被験者と呼ばれる者達を誘拐している危険なカルト…とかなんとか言い残し、さっさと去っていってしまいます。
早速置いてけぼり展開きたーw
というか何ですか見えざる手って、ロボットが瞬殺されてるんだけどw


深夜の4時頃に帰ってきた準一は湊にお出迎えされます。
よく見ると胸元が開いてて、準一はドキドキ…
とかしてると、今度は優姫もリビングに降りてきます。

優姫は準一と話し始めたと思ったら、いきなり別れると言い出します。
訳の分からない準一は何が原因なのかも知らないで謝ろうとするけど、その安易な行動が優姫の怒りを促進させてビンタ1発!
たった今から自分の家に帰ろうとする優姫を止めにかかる準一ですが、今度はパンチでノックアウト!
理由も分からずに謝るってのはねぇ…なかなかに最低ですな。

優姫が家から出ていってしまい、長瀬家に何だか暗いムードが漂う。
湊は自分達が優姫を傷付けてしまったんだと、未だに何も分からない準一に打ち明けます。
優姫は周りが思っているよりも賢く、傷付きやすい人間なのだから…

翌日、優姫をあれだけ傷付けておいて自分だけがノコノコ暮らし続けるわけにはいかないからと、何と湊までもが家から出ていく事に!
どうすればいいんだと叫ぶ準一に、優姫は自分が決めてくれと。
準一が決めないと、誰も幸せにはならないから…
うん、今の準一には孤独にするぐらいがちょうど良いねw
自分自身を見つめ直してみないと、自分のどこがいけなかったのか分からないでしょうからねぇ。

準一が心配になったつかさと冬彦は一緒に話し合いを始めます。
何が何だかちんぷんかんぷんな準一は不満タップリで、「女心は分からん」と。
つかさは察しろと言うけど、回りくどいと準一は刺々しい一言??
まぁ、自分は悪くないって思ってるうちは永久に分からないでしょう。


他に誰も居ない家に1人寂しく帰ってきた準一。
ふと、湊が家にやって来た時の事を思い出す準一。
そして、自分達が兄妹じゃなかったらどうなって居たんだろうと…
昔の準一に思わず吹いたねー、見事なグレっぷりw
兄を1人しないためにお世話をしだすなんて、湊はなんて良い子なのかしらね

杉下先生は準一を浜辺に強引に連れ出し、個人面談を始めます。
準一の虚勢にはロマンがあったとか言いつつ、男として何を失ったかをよく考えろと…
そして、「長瀬のバーカ!」と笑いながら言って去っていく杉下先生w
準一が惨めだなぁ、同情以前に可哀相w

一方、湊はなごなごの部屋でご厄介中。
1人で住んでて寂しくないのと湊は言うけど、なごなごは通信が入ってくるから寂しくないとか。
周りが機械だらけだから全く和まねーw

湊はと言うと、実家ではなく綾小路邸で居候中。
綾小路は自分の部屋に初めてクラスメイトが来たからとウッキウキw
子供だ…綾小路は巷の小学生並に子供だw

所変わって、長瀬家で1人ぼっちな準一。
準一は中学時代の長瀬準一・ジェノキラーと会話を始める…

今の自分もジェノキラーであった頃も同じ「長瀬準一」であり、湊が帰って来た時から準一は変わり始めたのだった…
故に、1人でも力強く生きるジェノキラーと対立する準一。
彼との激しい言い合いの末、準一は湊を愛している事を悟る…
「非常識上等!駆け抜けてみせろー!」に大爆笑な私(何
良いシーンのはずなんだけどな…演じてるのが同じ羽多野さんだから、アフレコしてる所を想像するとねぇw


翌日、準一はハンドグローブを付けて学園に来る。
不思議に思った優姫が尋ねてみると、もう1人の自分を封印してるんだと…w
痛すぎるよ…何という中二病まる出しの回答w

準一は湊の帰り道に現れます。
単刀直入に、湊に帰って来て欲しいと言う準一。
どれだけ考えてもやっぱり分からなかった準一だけど、はっきりしている事が1つだけ…

それは湊が好きだという事。
「お前が居ないとダメだ。
湊を失いたくない」と準一伝える。
お互いの想いが一致した準一と湊は抱きしめ合うのだった…

っという2人の告白を影で見てた優姫達。
準一の出した答えには優姫も納得だけど、綾小路だけはついて行けなくて混乱中w


その後の3人はと言うと。
優姫は結局準一の家で再び暮らし始める事になって、準一と湊も相変わらずの関係で。
3人仲良くプリクラを撮る準一達なのでした…



ようやく終わりましたよ、えぇ。
全体的には…そうですねぇ、面白くもつまらなくもなかったかなぁ。
小ネタは面白かったんですが、本筋となる話は観てて退屈でした。
そして、何よりも両親が要らない子??
別に毎回出さなくても良かったんじゃないかな…
やっぱり、原作が18禁のアニメ化はコケる可能性が高い

何はともわれ、出演者並びにスタッフの皆様、3ヶ月お疲れ様でした。
多分、続きが制作されても観ないでしょう(おい
まぁ、しないです…よね?
スポンサーサイト



2008/12/27 Sat. 19:01  edit

Category: .2008年の作品 あかねいろに染まる坂【終】

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/457-9c795555
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △