FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

続 夏目友人帳 第7話「呼んではならぬ」 

多軌はニャンコ先生がそんなに愛おしい存在なのですか!?(何

今回は多軌の妖怪捜索・後編。
妖怪に舐められた事により、夏目は妖怪が見えなくなってしまう。
夏目の力なしで、妖怪を見つける事が出来るのか…
では、行きましょー。


夏目は気が付くと薄暗い洞窟の中に居て、首には縄が巻かれていました。
起き上がろうとするけど、目の前に居る例の妖怪が縄を踏んでるので身動きが取れない。

夏目は妖怪に多軌を呪う理由を問い掛ける。
すると、妖怪は人間が嫌いだからと。
多軌が怯える姿を見るのが楽しくて食べるのを先に延ばしてるんだ…と不適な笑いをさながら言ってのけます。
人間が嫌いだから見られただけで呪いをかける、ってのは自分勝手ですよね。
嫌いだからって、そこまでするのは人として…いや、妖怪として間違ってるのでは

そして、妖怪に顔を舐められる夏目。
夏目は妖怪に果敢に立ち向かい、傍に落ちていた木の板で縄を切って妖怪から逃げ出します。

夏目があてもなく走り続けていると…夏目を捜しに来たニャンコ先生とゴッツン!
おかげでニャンコ先生は怒り心頭なわけで…
夏目との再会が案外早くて驚きましたよw
多軌たちにもう少し、捜索させてやりたかったのに(何

夏目は多軌たちに妖怪に会った事を話すけど。
妖怪に舐められてから、何だか視界がぼやけてて…近くにちょび髭さんが居る事にも気付かない。
つまり、夏目は妖怪が見えなくなってしまっていた!

ちょび髭さんによると、妖怪が見えなくなったのは舐められた時の毒素が影響してるんだとか。
多軌には「俺の事で悩まなくてもいい」相打ち覚悟で妖怪と戦うべきだったのではと…


家に戻っても視界のぼやけは取れなくて、夏目は「ニャンコ先生の面白い顔がさらに面白く見える」なんて皮肉ってみたりw
軽くひどいですな、ニャンコ先生が怒るのも当然ですw

夏目が何でニャンコ先生が見えるかと言うと、それは猫の姿が仮の姿だから。
ニャンコ先生は試しに斑の姿に戻ってみる…すると、やはり夏目には見えない。
ニャンコ先生が見えない事に不安げを示す夏目…
日頃から出来ていた事・当然だと思っていた事が、出来なくなるほど恐ろしいものはありませんね
『日常』というのは、変わって欲しいとも変わって欲しくないとも思うものですなぁ。


翌朝になっても、夏目の症状は治らない。
でも鏡などを通すと見えるようで、ちょび髭さんが目の前に居る事にビックリ!w

ニャンコ先生と歩いてる途中、夏目は自分に描かれた数字が『弐』になっていた事を話します。
ニャンコ先生は無意識のうちに誰かの名前を口にしたんだろう…なんて言うけど、ガラスに写ったニャンコ先生には『壱』の文字。

どうやら、夏目を捜してる途中で自分の事を多軌に話して、その際に名前を呼ばれてしまったようで。
こうなってしまっては仕方ないと、ニャンコ先生も協力する事に。
斑の姿になったニャンコ先生なら一捻りの気もしますが、それじゃあ味気ないですかね。

夏目たちはいつものように、陣を描いてる多軌に会う。
多軌はニャンコ先生を睨み付けてる…かと思ったら、抱きしめたい気持ちと迷惑をかけた気持ちが葛藤してたのでしたw

ニャンコ先生も睨み返し、睨み合う2人。
そんな2人の姿を見て、夏目は2人が仲良くなったと思ってたのだったw


さて、気を取り直して妖怪の対策。
あの妖怪は捨てられた割れ鏡の恨みから妖怪になったやつで、人でも妖怪でも苦しんだ所を見て喜びを感じるんだとか。
そんな妖怪に対抗するべく…ニャンコ先生は『魔封じの鏡』なるものを取り出す。

その鏡を使って妖怪の目を映し、封印の呪文を唱えれば退治できる…とか何とか。
何て便利な道具!ニャンコ先生が頼もしく…見えない(待

夏目に触れて友人帳の事も知っただろうから、夏目なら妖怪をおびき出す餌に出来るかもしれない。
そんな事を話してると、夏目の事を詳しく知らない多軌は友人帳を気にかけます。
詳しく言いたがらない夏目は「祖母のたった1つの形見」とだけ言うと、多軌は「大切な宝物なのね?」と…

夏目が多軌の言葉に喜びを感じていると、ニャンコ先生が突如として飛ばされる!
そして、どこからともなくあの妖怪の声が聞こえてくる…

友人帳に興味が湧いた妖怪は多軌が用無しになり、魔の手が伸びる!
夏目は多軌を庇って傷付き、鏡越しに見れば首にはまた縄が。
多軌は原っぱの動きから妖怪の存在を確認し、陣まで誘い込もうと走り出す。

陣まで妖怪を誘い出し、持っていた木の棒で妖怪の動きも止めて。
捕まえたら許してくれるという約束を多軌は信じていた…しかし、妖怪はそんな約束を最初から守るつもりはなかった。

妖怪に掴まれ、今まさに命尽きようとする多軌。
あと少し、あと少しなのに…夏目は鏡に手が届かない。
すると、大きな風が夏目を包み込む…
そう、ニャンコ先生が助けに来たのだ!
タイミング抜群ですねー、ニャンコ先生。
ドラマやわぁ…分かってる、ハラハラドキドキをニャンコ先生はよく分かってる!(何

ニャンコ先生の力を借り、鏡を持って妖怪の近くまで行った夏目。
封印の呪文を唱え、ついに妖怪を退治する事に成功したのだった…


その後、毒素のせいで何日か寝込んだ夏目。
目が覚めればもう毒素は抜けていて、ニャンコ先生の姿が見えるようになっていました。
何だかんだ言いながら、夏目を心配してるニャンコ先生に愛を感じました


翌朝、多軌に会った夏目。
多軌はまた力になりたいと言うけど、夏目は「祖母の思い出を宝物と言ってくれただけで十分」だと言い、やんわりと断ります。

呼び名も夏目で良い、とか言ってると、またもやちょび髭さん!
ちょび髭さんと相性の悪いニャンコ先生はケンカしてたり。
ちょび髭さんは結局、何しに来たんだろうw


夏目の耳元で、人間以外のやかましい雑音が鳴り響く。
でもやかましいだけ、何か温かいものも感じる夏目なのでした…



苦しむ多軌を見て声を聞いて、何か感ずるものがあった私はどこかおかしいんだと思う。
多軌の苦しむ声、悪くはありませんでした(待

さて、2話から成った多軌編も終了です。
回を重ねる毎に、夏目は行動的になりますよね。
それに、相手のために自分も進んで犠牲にするようになった…
この変化は図らずも自分の忌み嫌われた能力からではありますが、多分良いことなんでしょう
人間にしろ妖怪にしろ、困った者を助ける。
それは気持ちの良い事だし、自らを成長させる糧にもなるのだなと思った次第であります。

それにしても、最後の語りはいつもグッと来るなぁ。
心に小さな火が灯るというか、何か温かいものが引っ掛かるというか…
言いようのない感動に包まれます

さてさて、次回は旅館の主人と人魚の話。
戦いも特になさそうなので、純粋に感動できそうです。



次回「不死の想い」
スポンサーサイト



2009/02/19 Thu. 00:00  edit

Category: .2009年の作品 続 夏目友人帳【終】

tb: 1  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/487-f172029f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 続 夏目友人帳 第7話 「呼んではならぬ」

夏目友人帳 3 [DVD]クチコミを見る 自らの描いた陣に入った妖の姿を見ることができる少女「多軌透」。夏目の同級生である彼女は、ある日偶然目にした妖怪に祟りをかけられ、人と話すことすら許されない生活を送っていたという。夏目はその祟りをとくため、多軌・ニャン...

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2009/02/21 00:35

top △