FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

大正野球娘。 第六話「球は広野を飛び回る」 


あのアッパースイングで当てれたら平伏してあげますよ(何

不在中のアンナ先生の指示の元、実践練習に臨む桜花會。
ひょんな事から小学生とやることになりましたが、問題は山積みで…
では、生きましょー。


案の定、小学生にすらボロ負けですね(ぁ
まぁ、野球をやり始めたばかりなんだから仕方ないさ、うん。
アンナ先生の言う通り、とりあえず経験を積まないとねー!
99連敗しても、100回目に勝てばいいんですよ。
まぁ、そんなに負けたらさすがにトラウマになりますがw



負け試合で桜花會の問題点を踏まえた上での、川島の作戦ですが。
足の速い胡蝶は左打席に立つようにさせるとかボールの捕球は声を掛け合うようにするとか、基本的には至極当たり前の考えなのですよね。
当たり前のことが出来ない人なんて数え切れないほど居ますので、悪いとは思いませんけど。
足を生かすための増員なのに、どうして胡蝶は右打席なんだろうと思いましたからねーw
右打席でギリギリアウトだったんだから、左にしたらセーフなのは考えるまでもなく頭に浮かびますよーっと(ぁ


ピッチングの方も、急速が遅いなりに考えましたよね。
ストライクゾーンギリギリを突くというのは正しい。
バッターは手を出しにくいですからね。

これも、小梅と晶子の夫婦仲がなせる技か…w
晶子が小梅の家にお泊りすると知ったら巴は凄く落ち込んでたよ、そんなに好きなんですねーw




次回は巴の辻斬り話。
何もホームランばかり狙わなくてもね…
ヒットが確実に打てるのなら、その方が断然いいのに。




次回「麻布八景娘戯」
スポンサーサイト



2009/08/28 Fri. 09:14  edit

Category: .2009年の作品 大正野球娘。【終】

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/671-d0ca2f95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △