FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

涼宮ハルヒの憂鬱(第2期) 第24話「涼宮ハルヒの溜息Ⅴ」 


撮影はまさに命懸けですね(何

不思議現象は止まることを知らず、ついに猫が喋るようになってしまう。
3つの勢力の、それぞれの見解を耳にしつつ、キョンは数々の不思議現象があくまでフィクションであることをハルヒに認めさせようと画策する…
では、行きましょー。



撮影終了、及び3勢力の思惑が間接的に交錯する話。
つくづく、勢力同士が分かり合うのは難しいんだなと感じました。


長門の言う通り、相手の主張を認めれば、自分の主張をねじ曲げねばならなくなりますからね。
それは許されないんでしょう、所属勢力の統一見解的にも、個人的にも。
他の勢力とは見解が違うからこそ、その人物はその勢力に居るのですから。
相手の主張を受け入れることは、自分の存在意義を見失うことにも成り兼ねないわけか…
自分以外の人物の考えを肯定するのは、難しいものですね。


まぁ、相手の主張を少しでも認めないかぎり、その勢力はいつまでもそのままなんでしょうが。
現状維持が良いか悪いかなんて、誰にも答えることなどできませんね^^;



さて、「涼宮ハルヒは世界を変えてしまう力がある」と言う古泉の見解と、「世界には元々、超常現象の起こる要素が備わっていた」とする朝比奈さんの見解。
長門から言わせてもらえば、どちらも正しいという保証はどこにもないと。

なるほど…確かにその通り。
古泉も朝比奈さんも事実を言ってるわけではなく、自分自身あるいは所属勢力の意思を代弁しているにすぎませんからね。
言われてみれば、納得です。

しかしながら、あの発言は自分の見解も正しい保証がないことを示しているのですよね。
そして、あの悲哀に満ちた表情…2期の長門は悲しそうな表情ばかりが記憶に残ります。
まるで、自分のことなど理解してくれないと言っているかのようで^^;
これも『消失』への伏線なのでしょうか…
『消失』編が時間の都合上やれないことが、非常に悔やまれる。



ちなみに、ハルヒに映画の撮影で起こったことは全てフィクションであると納得させるために、キョンは映画冒頭のナレーションを読ませたみたいです。
同じことは2回も言わなくていいよね、正直w
ナレーションの途中でキョンに話しかけるハルヒもどうかと思うけど、いかにも高校生が作ったって感じのミスですね(ぁ



さてさて、2期はこれで終了です。
まだ4話ほど残ってるので、いまいち終わったーって気分にはなれないのですけど…
まぁ、2期全体の感想は最終話に書きます。




次回は実際に映画を観ることになる話…だと思う。
どんな映画になったのか?楽しみですね^^
スポンサーサイト



2009/09/16 Wed. 07:41  edit

Category: .2009年の作品 涼宮ハルヒの憂鬱(2期)【終】

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/696-43f4e242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △