FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

大正野球娘。 第九話「誤解の多い料理店」 


勘違いが勘違いを生み、大いなる勘違いにへと発展する(何

小学生との試合では勝てるようになったものの、朝香中の壁はまだ高い。
色々と工夫して練習してましたが、小梅のとあることが親にバレてしまって…
では、生きましょー。



うん、野球の事が小梅の親にバレるんだと思ってました。
しかし、実際は違った…許婚の三郎がいながら、違う男を好きになったって話になっていた!w
しかも、その誤解を持たれたまま、終盤まで進んでいくという。
いやね、これは笑うしかないと思うのですよw

まぁ確かに、あの写真じゃ誤解してもおかしくはないです。
親が決めた相手と結婚するのが当然ってのは間違ってると思うけど、時代が時代だしね。
それよりも、小梅はちゃんと言葉を選んで下さいw
試合云々の話を真っ先に切り出せば、ここまで話が大きくなることはなかったんです。
ある意味、悪いのは小梅。

三郎は誤解なのに、やけに紳士的な台詞を言うし…
覚悟があるなら容認するなんて、まさに漢ですな!w



肝心の野球の方はと言うと。
朝香中に公式試合を申し込んだのですが、朝香の校長が試合をもみつぶしました。
理由はいたって簡単、女性だから^^;
このくだりでも、さすが昔だなぁと思わざるを得ない…
「女性は家庭に入るべきだ」、か…ありがちな言い分です。
嫌ですねぇ、女性だからと言って自由が利かない世の中って。
醜い、つくづく醜いと思うのです。


そこで重い腰を上げたのは、七話の泥棒騒ぎでちょこっと出てた?白髭のお爺さん!
後援会長とからしくて、校長も頭が上がらないらしい。
というわけで、手紙で桜花會との公式試合をぴしゃりと断ったのに、後日承諾することに…w
こっちからすれば女の子が野球することよりも、校長が拒否したあとで承諾してることの方が滑稽ですよ(ぁ


ちなみに、晶子の許婚さんも後押ししてました。
野球に対して一生懸命ならば、自分も全力で相手をするべきだ…うむ、誠実ですね。
彼も女性は家庭は入るべきとか言ってましたが、女性に対する考えが変わってくれると良いですねー。




次回は朝香中との試合に備えて、合宿する話。
鏡子が巴との関係を縮めようとするみたいですが、肝心の巴は小梅LOVEですからねw





次回「私は何をする人ぞ」
スポンサーサイト



2009/09/19 Sat. 14:20  edit

Category: .2009年の作品 大正野球娘。【終】

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/702-d56f7489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △