FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

『EP1』をやって、ぼんやりと 



TAITOさんの携帯サイトにて、『うみねこのなく頃に EP1』をやらせて頂きました。
スローペースでちまちまやりましたが、終了までが長かったです。

※一応注意書きですが、ネタバレが含まれてるかも。
でもEP1が発表されてから2年は経ってるし、大丈夫だよね(何



やはり原作なだけあって、周りの人間関係が丁寧に描かれてました。
紗音・嘉音などと郷田との間に見えないいざこざがあったり、一族の方々によろしくない扱いを受けてる使用人を熊沢さんが憐れんでいたり。
全員を殺害する動機がなくても、それぞれが誰かを殺害する動機はありそうです。
だからこそ、というわけではありませんが、犯人は思いの外大人数なのかも。

というかこの作品、何となくだけど“犯人はあってないようなもの”のような気がするんですよね。
犯人を探り当てるのが無駄とまでは言わないけど、捜そうとすればするほど原作者の術中に嵌まってるような…
頭に浮かぶだけの、何の形もない、単なる想像でしかないのですけど。


それに、どの登場人物の何気ない行動も、深く考えてみればおかしく見えてくる。
南条医師の検死による死亡時刻は誤りがあるかもしれないし、虚偽の情報を発してるかもしれない。
絵羽の、書斎へのレシート差し込みに関しても、何故に寸分狂わず同じ場所に差し込まれていたと断言できるのか。
正直、扉に目印でも付けないかぎり、断定するのは不可能。



他にも、注意深く読めばぼろぼろ出てくるでしょう…
だから結局の所、お茶会でも示されたように、ベアトリーチェの正体(=このゲームのルール)を暴かなければならないんでしょうな。
至極当然な結論ですが、再認識しました。

ベアト=ルールが擬人化した者なら、今アニメでやってる幼少期のベアトは何者なのかと思ったりしますが…まぁ、後々分かってくるでしょう(ぁ


説明書も読まないでゲームをするように、体でゲームを覚えていく。
それしか解決の手段がないのなら、それをするしかない…
正直、出題編だけじゃ真相に辿り着けるわけがないと思ってるけどねっ!
それは、シルエットだけでそれが誰かを当てろと言ってるようなもの。
シルエットがどれだけ自分の見知った者と似てたとしても、あくまで『自分のよく知ってる誰か』でしかないのです…
スポンサーサイト



2009/09/23 Wed. 20:10  edit

Category: 日記

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/708-3ba93429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △