FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

非・感想作品の簡易感想(9月5週~10月1週) 



9/27~10/3に放送された、視聴のみの作品の簡易感想です。


ハガレン2期…日曜更新
咲-Saki-…火曜更新
かなめも…木曜更新

※予定なので遅れる場合あり


・『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第25話』

なるほど…エンヴィの人間の姿でさえ、変装に過ぎなかったのか。
さすがに、スケールが違いすぎるw

イシュヴァールの内乱は彼がきっかけだそうですが、あぁも人間を蔑んでる姿を見てると、悲しくなってきますな…
エンヴィの本当の姿は今回見せたように、人間ですらない。
彼が人間をあそこまで敵視するのは人間に対する強い憧れ、怪物そのものである自分の姿に対する憤りなどからきてる気がします。
『嫉妬』か…ふむ、もっともらしいエンヴィのバックグラウンドですね。


前回同様、ブラッドレイ大総統も人間らしい感情を表に出してますね。
ヒューズさん死亡の件について語った時の、持っていたカップのカタカタ音…聞き逃しませんぞ!
発っせられた言葉は怒り口調でしたが、内心は悲しんでるんだと私は信じてる。
『アメストリスの大総統、キング・ブラッドレイ』という肩書きを思いの外、彼は楽しんでるのでしょう…
私の中ではブラッドレイは美化されちゃってますが、ホムンクルスであることには変わりないのですけどねw

ですが、異動でリザさんを自分の近くに置かせる、ってのはいかにも敵さんがやりそうな行動だなぁという気がします。
単に人質か、それとも何か思うところがあるのか…
ちょっとドキドキですね!


他にもメイ&スカーの小さな“きずな”があったり、アルが一大決心をしてお父様の元へ…!
とかあるんですが、いかんせん簡易のためこれ以上は書けれないですね(何
物語の核心に進むにつれて、文量が多くなってきてるなぁ…
今更ながら、簡易感想に留めてしまったことを後悔。

あぁ、あと蛇足ですがこの作品ってこのまま4クールみたいですね?
3クール…ってのは、中途半端でむず痒さが残るでしょうから。
2クール→半年ぐらい明ける→2クール(3期)
って構成だと思ってたので、少し困惑気味。
まだ原作は終わってないんだし、焦る必要はないのでは?


・『咲-Saki- 第25局』(最終回)

清澄・竜門渕・風越・鶴賀の4高合同合宿。
全国大会が観れないのは分かってたが、合宿の対局するところも観れないとは!
その代わりに人間描写をふんだんに入れたみたいだけど、寂しいなぁ…

そして、EDですよ。
あれって、2期を作る気マンマンなんすかねw
“私たち(私)はやってやるぜ!”エンドになるのは重々承知してましたよ、えぇ。
原作さえまだ全国に行けてないのに、重要っぽいシーンをいくつも入れちゃっていいのかな^^;
作者が進言した上でなら何も問題ないんだけど…GONZOさんの妄想オチにならないか心配ですw


さて、全体評価。
簡易なので、テーマソングについては何も良いません。
橋本さんはやっぱり良い曲を仕上げてきますね、それだけ(何
話についてだけですが、麻雀のことをまるで知らなかった私が最後まで観れたわけです。
おそらく、劇中の少女たちが織り成す人間ドラマのおかげでしょう。
麻雀は基本、個人競技。
でもだからこそ、チームで絆を深めていく…ふむふむ。

実際に心を動かされたことが何度かあったので、そういった部分には何も言いません。
何故か百合狙いなニオイがぷんぷんしましたが…まぁ、ほどほどにですね。

しかしながら、原作を越えてしまったのはね…
この事を愚行と見なすのか、「原作抜きでよくやった!」とその後の個人戦風景を賞賛するかは自由ってところかね。
自分は原作あってのアニメ…とは思ってないですが、せっかく原作を使ってるんだから枠に収めて欲しかったなぁって思いました。
アニメの話数と放送開始前の既刊巻数から考えて、2クールにした時点ではみ出しちゃうのはなんとなく想像できたし。
大会への準備・実際の団体戦を丁寧に描いて、清澄が団体戦を優勝したとこら辺で放送終了…には出来なかったのかな。
麻雀にはスピード感も必要ですし、原作越えは仕方なかった気がしないでもないですが^^;


さて、それではそれでは。
スタッフならびに出演者の皆様、半年間お疲れ様でした!
色々とあったけど、なんだかんだで楽しめたから良いや^^


・『かなめも 第13話』(最終回)

最終回か…うん。
最終回っぽくなかった気がしないでもないです(ぁ
想像の中で自転車勝負をしてたかなと美華を実際に見たら、心底「痛い」と思うんだろうなーw

他のメンバーがかなのためにご褒美としてお金を貯めていったことで、おそらく“きずな”というものを視聴者に感じて欲しかったのかな…とは思います。
別に、それが全く感じられないわけじゃない。
作品全体においても言えますが、個人的には何かが足りないんですよね^^;

インパクトが弱いのか、感動に対するハードルが高いのか…実際はどうだか分からない。
しかし、感情移入ができなかったのは事実であります。
視聴者に伝えたいメッセージは話次第で感動できるものになるのになぁ、勿体ない…
結局、最後までこの作品をどう扱えば良いのか分かりませんでした。
ギャグだけだったらなかなか良いのに、シリアスパートがねぇ^^;
これはもう、うぐぅさんのEDテーマでお茶を濁すしかないなw

それでは、スタッフ並びに出演者の方々、お疲れ様でした!

スポンサーサイト



2009/10/04 Sun. 00:00  edit

Category: その他のアニメ

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/713-582603c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △