FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

『うみねこ』の考察-about“家具”and“九羽鳥庵”- 



またも閃いたので、文章にしたためる。
勿論妄想です、こうであったらいいなーぐらい。
多分既出ばかりなんだろうけど、気にせず進めてみる。

どうでもいいですが、原作OP『うみねこのなく頃に』って良いですね(ぁ
多分、歌詞にも伏線があったりするんだろうけど、曲単体で聴こうかな。


【九羽鳥庵】

とりあえず、そんな名前の鳥が居るのかとおもって検索してみる。
日本の鳥ですら膨大な量だったので、最早実在するという考えは断念…

次に、『九羽鳥庵』を口でぶつぶつ唱えてみる。
九羽鳥…くはどり…くわとり…
“くは取る”!? と、考えたけど、何のことだかさっぱりw
いまいち捨て切れないけど、これも違うんだろうと断念。

お次は『クワドリ』と入力して、検索にかけてみる。
すると、『Quad』という英単語(4って意味みたいです)に行き着く。
おぉ、なんかそれらしい!と、思ったわけですよ(ぁ
そういえば、ゲストハウスにも名称が付いてたなぁ…と思ったので探ってみると、『渡来庵』だと判明。
なるほど、トライ→Triで『3』ときましたか。
罠が仕掛けられた餌にまんまと引っ掛かった気がしなくもないですが、とりあえず信じてみます。
こういった安易な決定こそ、愚かだが…
屋敷にも別名があれば、より強固な説になるんですけどね。


さて、ここから先はどうしたものか。
『4』ってどういう意味なんでしょう?
碑文関連なら、4行目って意味?
それとも、第四の晩って意味?
はたまた、賢者に与えられるらしい宝の4つ目ってこと?

3番目の意味なら、九羽鳥庵には魔女が眠ってるってことですよねぇ…碑文を準えるなら、ベアトか。
ベアトの遺体でも眠ってるってことか…?
いや、確かに人間ベアトが亡くなったあと、その遺体がどうなったかは不明だったけど…

というか、それだと『3』の意味を持つ渡来庵には失った愛を蘇らせる“何か”がないといけなくなる。
う~ん…昔の思い出となり得るものが隠されてる、とか?


あぁ、頭が混乱してきた^^;
そもそも、あの宝ってのは黄金郷にたどり着いたら手に入るものだからぁ…
“黄金郷ってなんだ?”ってところから考えないといくませんね(>_<)
碑文と絡めるのは行き過ぎなのかな…
また後日、考えてみます。



九羽鳥庵がひぐらしで言う入江機関的な場所だったら、もう笑うしかないけどね(ぁ


【家具】

EP3で紗音・嘉音に加え、源治さんまで“家具”と呼ばれてることが発覚。
確か、EP2でベアトは「金蔵は家具を作ることには長けている」みたいなことを言ってましたね。
何となく、『作る』って言葉は『育成する』って言葉に置き換えられないか?と、考えてみた。
紗音・嘉音はともかく、源治さんまで“家具”と呼ばれることに疑問だったのですよね。


例えば、紗音・嘉音が育った『福音の家』とやらが軍隊の訓練をするような場所だったとか。
確か、金蔵はそこに多額の資金援助をしてましたよね?
憶測ですが、その資金援助は訓練のための施設を建てるため…だとしたら、どうだろう。
源治さんはその施設の教官だったーとか。

そう考えると、EP2で有り得ない動きを見せた使用人たちにも説明が付くし。
郷田がネックになってくるけど…EP3では逃げようとした(結局死亡ですがw)ぐらいだし、恐らく“訓練を受けたことがあるかないか?”という点ではノー。
夏妃が求人応募して雇った人らしいから、金蔵とは無関係の可能性が高いのかな。
そういう奴が逆に怪しい…って可能性も否めないけど。


と、ここまで自分が納得する妄想を膨らませたのは良いが、一つの壁にぶち当たる。
金蔵が軍隊なみに訓練された使用人を従えた理由は? という、疑問。
これが不明なのです、自衛のため?
いや、扉がオートロックの時点でその点は大丈夫なはず。
だとしたら…と考えると、人間ベアトを護るため? という考えに行き着いてしまう。

どうやら、私の中では金蔵が抱いたベアトへの愛は本物とみなしてるみたいです。
それが事実かどうかさえ、未だに不明なのに^^;


とまぁ、ここでとりあえず思考停止しようと思ってたんですが、数日経って重大なミスに気づきました。
人間ベアトって、19年前に死んでるじゃん…(ぁ
人間ベアト護衛説が瞬く間に崩れ去っていく…
ベアトにはうり二つの双子が!、なんてのはお粗末な考えだしなー。

やっぱり、九羽鳥庵に何か隠されてるんやろか。
まだ明かされてない情報があるかもしれないし、保留かね…
というか、保留ばっかやんw
スポンサーサイト



2009/09/29 Tue. 13:11  edit

Category: 日記

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/714-92d14316
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △