FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

そらのおとしもの 第6話「水着軍団(ナミギワ)GO!GO!GO!」 



ふ、ふえてる~!(何




今回は福引券で海水浴場の券が当たり、皆で海水浴に行く話。
ニンフ登場なのですけど…
うみねこの感想記事を書いてる片手間で観てたからか、あんまり覚えてません(おい
でも、取り立てて面白くもない話だったような。
まぁ、これは私が原作を読んでるからでしょうけど。

今回は全体的にシリアス調でしたね。



海水浴に新キャラ・ニンフちゃんが登場してますけど。
智樹も含め、人間を蟲呼ばわりなんて酷い方ですねw
イカロスと同種の方なのにこの雲泥の差は一体( ̄▽ ̄;)
まぁ、それには深そうで深くないわけがあるのですが…


原作読みの私からすると、ああいった“人間=クズ”の法則が成り立ってる頃のニンフちゃんは懐かしくて仕方がないです。
あぁ、こんな頃もあったんだなと…より一層、今のニンフちゃんがどれだけ変わったか実感できますよ(^-^)

そして、羽があるのも注目すべきところ。
そはらを助ける際に飛んでますけど、あれには形容し難い感動を覚えました(ノд<。)゜。
原作だとアレだもんなぁ、酷いよなぁ…なんて、勝手に憂鬱になってます(待


しかしですね、今回は色々と不満があるんですよ(^-^;)
まず、智樹たちとニンフちゃんとの絡みが早すぎる。
彼女は本来、イカロスと一戦交えた後に登場してるのです。
そこで微妙に自己紹介してますし、それゆえ必然的に大なり小なり感情移入が出来るわけです。
しかし、アニメではいつの間にか床の間に居て、さも当然であるかのように海水浴に付き添っている。
気にならない人は居るでしょうが、この話の原作版が地味に好きな私としては不快感を隠しきれません。
ニンフちゃんの方に焦点が当てられてて、そはらの切ない感じが希薄になってるし…
というか、無理して海水浴の話を終わらせようとしたのか駆け足感もある。
原作を意識しすぎなのかな…(´~`;)

次いで、ニンフちゃんの声。
まぁこれはぶっちゃけど~でもいいんですが(待
彼女の声、申し訳ないですがやけに不愉快にさせる声ですw
今は敵役だから別に良いんだけど…って、これはネタバレですか?(何
まぁいいや、デレモードに入ってもあの声のままだったら、ちょっと辛いかもしれません(^-^;)
私がどう言おうと、「好みの問題」の一言で一蹴されるでしょうが。



ラストのイカロス怒りver.は多分、ニンフちゃんの作戦だったんだろうね。
いくら非力と言えど、彼女なら人間を吹き飛ばすくらいはどうってことないし。
悪い子だなぁ、ニンフちゃん…
でも、可愛いから許す(おい

そして、EDはどこかで聴いたことある!
って思って調べてみたけど、曲名は聞いたことのないものだった!(ぁ
でも、知ってる曲が流れると途端に嬉しくなりますねぇ(´∀`)




次回はあの話か…
原作通りならネタ回ですので、ご安心をw
あぁ、でもラストはシリアス風味かも?




次回「頭脳少女(トキメキ)の転校生」

スポンサーサイト



2009/11/12 Thu. 13:05  edit

Category: .2009年の作品 そらのおとしもの【終】

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/791-06878c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △