FC2ブログ

惑星観測所の記録

アニメの感想、雑記など徒然と記すブログ マイペースにまったり更新中

生徒会の一存 第9話「私の生徒会」 



戸松さんかぁ、ゲストキャラは頑張るなぁ(何




今回は知弦さんが中学時代の友人と出会う話。
今更だけど、くりむって真冬以下の身長だったんですねw
一体どのくらいの身長なんだろう…



「先人の知恵を受け継いでこそ、明るい未来を拓けるのよ!」
とか何とかって理由から、生徒会の時間にわざわざ読書タイムを設けるくりむ。
生徒会の時間なんだからちゃんと仕事しろとかそんなの設けなくても普通に読めるとかツッコミ所満載でしたけど、
ギャグパートは楽しませてもらいましたw


くりむは絵本。
くりむ曰く、大人になるとぐるっと一周して絵本に戻ってくるそうですw
まぁ、くりむの場合は絵本の中だけで一周していたのですが…
絵本を読むことも大事だよね! 悪くはないと思うな!(待


お次は深夏ですが、やはり熱血(^-^;)
大好きですねー、ホント。
知弦さんから何故かデス○ートを貰ってて、生徒会室の中にリュークが居て吹きましたw


3番手は真冬。
分かりきってたのでスルーしようとした杉崎ですが、自分のターンが短くなってしまうので真冬は認めませんw
いや、まぁ結局はBLなんですけどね(ぁ

「恋愛に性別は関係ないと思います!」
そう言う真冬は立派です、まさにその通り。
ですが、だからと言ってBLを推奨する気にはなりませんよw
杉崎も杉崎でエロゲ脳ですから、どっちもどっちなんですがね。
2人の言い合いは、醜いなぁなんて思いながら観てましたw


ラストの知弦さんは、杉崎をイジメ抜く10の方法!
…ではなく、恋占いでした(*^-^*)
いつもの知弦と較べると少し意外だなぁと思ったわけですが、内容はいつも通りでしたねw
ピラニア占いなんて、普通はないよ…w

握手占いではずっと握手してる杉崎と知弦さんを見て、杉崎にぶつぶつ文句を言ったりする他の面々ですけど。
実際、あんなもんじゃないかなぁと思います(´∀`)
「普通は離す」って深夏は言ってましたけど、杉崎は離せなかったんですよ、きっと。
恥ずかしくて、自分からは離し難かったんじゃないでしょうか。
杉崎、あぁ見えて実際はナイーブなところがありますしねw

まぁ、理由はそれだけじゃないんだろうけど…
握手の本当の意味も含めて、それは後述にて。



生徒会宛ての手紙が見つかったことで、今回のシリアスパートに突入です。
まぁ、本当は知弦さん宛ての手紙で、知弦さんが皆に読んで欲しくてわざと置いたんですけどねw
話を終えてから再び考えてみると、自分の過去を皆に教えたかったのかも…
魔儀瑠先生、毎回ながら「伏せろ!」は止めて下さいw



その手紙は、知弦さんの中学時代の親友だった『宮代奏』なる者からの手紙で。
クラスの和に溶け込んでいく知弦さんを傷付たこと。
そして、自分はなんて事をしてしまったんだという後悔の念を込めた文字が詰まっていました。


うん、所謂“イジメ”と呼ばれるやつですね。
きっと、奏は知弦さんのあることないことをクラスに言いふらして、知弦を孤独に追い込んだんだと思います。
もう修復不可能な、本当の意味での孤独。

勿論、奏のやったことは許されるべきことではないのですが…彼女の気持ちを考えると、否定してるだけではいけないと思うんですよね(^-^;)
身勝手な欲だと感じてましたが、彼女の言う通り奏は怖かったんですよ。
いつか知弦さんに捨てられるんじゃないかって、一人ぼっちになってしまうんじゃないかって。

だから色々と言いふらしたのでしょう、いつまでも親友で居られるように。
ある種、知弦さんに依存してたんだろうなって、なんとなく思います。


知弦さんについては、立派としか言いようがありません。
やろうと思えば、デタラメだってことを皆に知らせることが出来たのに、あえてそうしなかった。
自分が傷付いても、相手に優しさをかけてあげられるってのは素晴らしいことだと思います(^-^)
奏だけじゃなくて、知弦さんも相手のことを親友だと思っていたんでしょうね…

知弦さん自身、謝ってほしくて奏と会ったわけじゃないと思います。
「自分はもう大丈夫だから、心配しないで…」
そう伝えたかったんだと、物事を良い風にしか解釈できない私が言ってみる(何


心に大きな傷を負ってた知弦さんを救ってくれたのが生徒会、ってのも何だか微笑ましい感じがしました(´∀`)
知弦さんって、杉崎と似てるところがあるんですねー。
自分は知弦さんにとって、握手が“誰かと繋がってる証”のようなものだと思ってるんですが、
似た者同士の杉崎だから気付けたのかもしれませんね!



と、ここまでダラダラと書き並べてますが。
今回のシリアスパート、微妙でした(何
この作品全体に言えることでもあるんですけど、シリアスのパンチが弱いのです(>_<)
アバンの、杉崎と知弦さんとの会話で、少し期待しすぎてしまったのかも…

というか、杉崎の過去が未だに謎だから、感情移入がうまく出来ません。
原作でもまだ明かされてない気がしないでもないので、仕方ないかもしれませんが…
知弦さんだけで完結するんじゃなくて、杉崎も絡めて欲しかったなぁと。


ちなみに、この手の話になると文量が多くなるのは仕様ですw
イジメ関連になると、どうしても真面目に語っちゃうなぁ…




次回は大掃除の話でしょうか。
タイムリーネタを使ってくるなんて、ネタ切れなのかなw




次回「片付ける生徒会」

スポンサーサイト



2009/11/29 Sun. 09:29  edit

Category: .2009年の作品 生徒会の一存【終】

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://plutor.blog83.fc2.com/tb.php/822-3d30a1b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △